家庭稲園バケツ稲プロジェクトその14「稲はモーレツに水が必要!!」

突然『「8月2日におにぎりを3つ食べるには」という家庭稲園バケツ稲プロジェクトを立ち上げます』と宣言しながら鳴かず飛ばずで、「どうなってんだ?」と聞かれてたりしたわけですが、継続中です。年度末と多面的昨日支払の報告書類作成で心の余裕がなく、なかなか書けないでいました。

「8月2日におにぎりを3つ食べるには」という家庭稲園バケツ稲プロジェクト。4/14に苗を移植した苗の6月中旬の様子をまとめました。(前回の様子はこちらを見てくださいね)大きくなってきて、写真に収めるのがだんだん難しくなってきました。

富山産あきたこまち6/21〜

 

6/21富山産あきたこまち

6/21富山産あきたこまち

 

6/22富山産あきたこまち

6/22富山産あきたこまち

 

6/23富山産あきたこまち

6/23富山産あきたこまち

 

6/24富山産あきたこまち

6/24富山産あきたこまち

 

6/25富山産あきたこまち

6/25富山産あきたこまち

 

6/26富山産あきたこまち

6/26富山産あきたこまち

 

6/27富山産あきたこまち。この日は暑い上に風が強かったです。

6/27富山産あきたこまち。この日は暑い上に風が強かったです。

 

6/28富山産あきたこまち

6/28富山産あきたこまち

 

6/29富山産あきたこまち。連日の日照りでバケツの水がすぐになくなってしまいます。この日は水が足りなくて稲が水を欲しています。葉っぱが丸まってイグサみたいにツンツン突っ立っています。

6/29富山産あきたこまち。連日の日照りでバケツの水がすぐになくなってしまいます。この日は水が足りなくて稲が水を欲しています。葉っぱが丸まってイグサみたいにツンツン突っ立っています。

 

6/30富山産あきたこまち

6/30富山産あきたこまち

 

今まではそんなことはなかったのですが、稲の背が伸びてくるとバケツの水がすぐなくなってしまいます。葉の表面積もこれだけ茂ってくるとかなりのものでしょうし、梅雨も明けて暑い日が続いていると言うこともあると思います。

 

イイカゲンな机上計算をしてみまます

 

大体一つのバケツで、朝コップに6杯1.2ℓくらいの水を使ってしまいます。

 

ここのところ毎日水をやっています。そうしないと、バケツの土が乾いて縮まり、バケツと土の間に大きな隙間ができてしまうのです。さらに放っておくと、葉に水気がなくなり、丸まってしまうのです。

ここのところ毎日水をやっています。そうしないと、バケツの土が乾いて縮まり、バケツと土の間に大きな隙間ができてしまうのです。さらに放っておくと、葉に水気がなくなり、丸まってしまうのです。

一つのバケツにはだいたい18本くらいの稲が植わっています。

一つのバケツにはだいたい18本くらいの稲が植わっています。

 

一反の田んぼにするとどれくらい水が要るだろうか?

 

調べてみると一反は991.736㎡です。

調べてみると一反は991.736㎡です。

 

色々あるのだと思いますが、今回は28センチ四方に2本の苗が植わっていると仮定します。

色々あるのだと思いますが、今回は28センチ四方に2本の苗を植え、それがこのように大きくなってきたと仮定します。ということは、0.0784㎡あたり2本の勘定です。

 

 

991.736㎡(1反)/0.0784㎡(2本の苗の専有面積)×2 ≒ 25,300本(1反あたりにある稲の本数)

 

ということができます。バケツ稲の場合、バケツ1個に植えた稲18本で一日1.2ℓの水を使うのですから・・・

 

1.2ℓ(バケツで一日になくなる水の量)/18本(バケツに植えた稲の本数)≒ 0.07ℓ(稲1本が一日に必要な水)

 

これに25,300本(1反あたりにある稲の本数)を掛けると・・・

 

22,300本(1反あたりにある稲の本数)× 0.07ℓ(稲1本が一日に必要な水)=1,771ℓ

 

えええーーー?1反の田んぼで一日に1,771ℓ(1.771トン)も水がなくなっちゃうの???

 

どこかで計算を一ケタくらい間違っているかもしれませんけど、水漏れのないバケツでこうなのですから、普通の田んぼでは膨大な水が必要だということはわかります。

 

バケツ一日コップ6杯で夕方にはまた乾いてしまうこともありましたから、風があって天気がいい時などはその倍、3トン以上も水が減ることも考えられるわけです。

 

田んぼの水漏れのことが農家の関心事なのがやっとわかりました。こんなに水を使い、貯めることができる田んぼはすごいです。

 

木々や雑草などもこうやって水を使っているわけで、よく言われますけど山一つで膨大に水を貯めることができるのでしょうねえ・・・逆に田んぼは平地の山なわけですね!!

 

気を取り直して水戸産あきたこまち6/21〜

 

6/21水戸産あきたこまち

6/21水戸産あきたこまち

 

6/22水戸産あきたこまち

6/22水戸産あきたこまち

 

 

6/23水戸産あきたこまち

6/23水戸産あきたこまち

 

6/24水戸産あきたこまち

6/24水戸産あきたこまち

 

6/25水戸産あきたこまち

6/25水戸産あきたこまち

 

6/26水戸産あきたこまち

6/26水戸産あきたこまち

 

6/27水戸産あきたこまち

6/27水戸産あきたこまち

 

6/28水戸産あきたこまち

6/28水戸産あきたこまち

 

6/29水戸産あきたこまち

6/29水戸産あきたこまち

 

6/30水戸産あきたこまち

6/30水戸産あきたこまち

 

あきたこまち全体6/21〜

 

6/21あきたこまち全体

6/21あきたこまち全体

 

6/22あきたこまち全体

6/22あきたこまち全体

 

6/23あきたこまち全体

6/23あきたこまち全体

 

6/24あきたこまち全体

6/24あきたこまち全体

 

6/25あきたこまち全体

6/25あきたこまち全体

 

6/26あきたこまち全体

6/26あきたこまち全体

 

6/27あきたこまち全体

6/27あきたこまち全体

 

6/28あきたこまち全体

6/28あきたこまち全体

 

6/29あきたこまち全体

6/29あきたこまち全体

 

6/30あきたこまち全体

6/30あきたこまち全体

 

 

上の記事とゆるく関連しているほかの記事:

コメント

コメントをお寄せください。

コメントの投稿

* コメントフィード

トラックバックURL: https://oba-shima.mito-city.com/2018/07/15/bucket-14/trackback/