家庭稲園バケツ稲プロジェクトその3「ハトムネ後、種まき」

突然『「8月2日におにぎりを3つ食べるには」という家庭稲園バケツ稲プロジェクトを立ち上げます』と宣言しながら鳴かず飛ばずで、「どうなってんだ?」と聞かれてたりしたわけですが、継続中です。年度末と多面的昨日支払の報告書類作成で心の余裕がなく、なかなか書けないでいました。
「8月2日におにぎりを3つ食べるには」という家庭稲園バケツ稲プロジェクト。屋内ということで天候というファクターはないものの、仕事の予定が植物の予定にひっぱられるという初めての兼業農家疑似体験。これ、怒られちゃうかもしれませんが、正直言ってかなり悩ましいです。嬉々として仕事を持ちながら農家をやっている人がほとんどだと思いますが、中には僕のように感じる人もいる・・・かもしれません。(兼業農家のみなさんごめんなさい)

 

前回は8月頭に収穫するためには2/16あたりには種を冷し始めなくてはならないとしながらも、実際に冷し始めたのは2/17だった・・・というところまででした。今回はいよいよ種まきです。

 

その前に冷した種の様子2月18日(2日目)

 

水戸産あきたこまち0218
水戸産あきたこまち0218

 

富山産あきたこまち0218
富山産あきたこまち0218

 

まあ、昨日浸けたばかりですから大した変化はありません。若干水が染み込んできたかな?といった程度です。

 

冷した種の様子2月19日(3日目)

 

水戸産あきたこまち0219
水戸産あきたこまち0219

 

富山産あきたこまち0219
富山産あきたこまち0219

 

初めのうちは物珍しさもあって写真をマメに撮ったりするもんですが、すぐに飽きてしまうのでご安心ください。

 

冷した種の様子3月1日(冷し始めて13日目)

 

水戸産あきたこまち0301 根っこが出てきました。
水戸産あきたこまち0301 根っこが出てきました。7日程度と言われているけど倍以上でふやけちゃったかなあ・・・

 

富山産あきたこまち0301 こちらも根っこが出てきました。
富山産あきたこまち0301 こちらも根っこが出てきました。

 

3月2日、冷し始めて2週間、14日目

 

水戸産あきたこまち0302
水戸産あきたこまち0302

 

富山産あきたこまち0302
富山産あきたこまち0302

 

2月中旬から3月頭にかけて寒い日が続き、植物の生長には厳しい条件だったかもしれません。説明書きには7日程度と書いてあったのに倍の時間をかけてしまいました。

 

時間を掛けたというのはカッコいい言い方で、「実際は忙しくて手を付けられなかった」というのが正しく、冷しすぎちゃいましたね・・・いよいよ種まきです。

 

種をまく。3月2日

 

プロトリーフ さし芽・種まきの土 14L

プロだって専用の土を使っているし、何か理由があるのだろう・・・とアマゾンで土を買っちゃいました。(本当はすぐそこのMさんの田んぼまで土を取りにいくのが面倒だった)もちろん、稲の種まき用の土など通販で売っているはずもなく、何となく雰囲気で似たようなものを購入。

 

いよいよ種を播きます。
いよいよ種を播きます。

 

バケツに名前を振って・・・
バケツに名前を振って・・・

 

バラバラと手でつまんで播くんですが、濡れて種同士がくっついているのでダンゴになってしまう・・・
バラバラと手でつまんで播くんですが、濡れて種同士がくっついているのでダンゴになって、ムラができてしまう・・・

 

だからみんなは種籾の根っこが出る直前のハトムネにふくらんだ状態で少し乾かしていたのか! 少し乾かせばプロの作ったチャーハンみたいにパラッと仕上がるんだ!!

 

最後はうすまきにするのをあきらめ、ばさっと敷き詰めて上から土をかけてしまいました。
最後はうすまきにするのをあきらめ、ばさっと敷き詰めて上から土をかけてしまいました。

 

種が膨大に余ったので、庭にどっかから飛んできた苗箱についでに播いてみました。
種が膨大に余ったので、庭にどっかから飛んできた苗箱についでに播いてみました。

 

こっちは廊下にビニールをかけて置いてみます。バケツは暖かい部屋の中に置きます。
こっちは廊下にビニールをかけて置いてみます。バケツは暖かい部屋の中に置きます。

 

今日はここまでです。さてどうなるでしょうか・・・

 

上の記事とゆるく関連しているほかの記事:

“家庭稲園バケツ稲プロジェクトその3「ハトムネ後、種まき」” への4件の返信

  1. 個人的感想ですけど、少し根が出過ぎかな。
    手撒きなら気にすることもないんですが。播種機で撒く時は根ので具合が播種量に影響を与えるんで出過ぎないように催芽には気を使ってます。

    1. 野良犬さん こんにちは
      おっしゃるとおりです
      説明書にあったとおり7日でよかったかもしれません
      ハトムネ加減がよくわからなくて明らかに何か出てくるまでじっくり待って
      その後忙しくてほったらかしでした
      あとから「根っこがでちゃうと種まきのときに絡まってうまく散らばらない」と聞いたことを思い出しました

  2. バケツの分も、苗サイズになったら改めて別のバケツに土をたっぷり入れて植え直すのでしょうか?
    田んぼとは当然ながらいろいろ条件が違ってきますが、どこまで真似てどこを省略するかの判断が難しいですね。

    コンテストに応募されるのかわかりませんが、収量狙いではなさそうなので…

    1. H2さん こんにちは
      こちらで見た稲作を見よう見まねでやっているので
      なんとなくいきなり植えるのではなく、苗を作ってみようかな・・・という感じです
      まずはその見よう見まねが通用するのかな?と、僕のイメージだけでやってみるつもりです

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。