60度の風呂で10分間!・・・種もみの温湯消毒2015

さる3月27日、使う農薬を減らすことができるらしい、コシヒカリと飼料稲/種籾の「温湯消毒」をやるというので見てきました。

今年は委託された面積が増えたということで、なんと2日にわたっての作業だったそうです。なにせ4キロ入りの袋があのでかい風呂に4つきりしか入らず、しかも10分間占有するのですから、1時間にこなすことのできる種もみは24袋。量が増えたらきっとイヤになっちゃいます。

1サイクル10分、4キロの袋が4つしか入りません

↑昨年のものですが「温湯消毒」動画です。1分ちょっと

種もみの温湯消毒は60度10分
種もみの温湯消毒は60度10分
コシヒカリの種もみです。飼料稲のほうは前日に終わらせたそうです。
コシヒカリの種もみです。飼料稲のほうは前日に終わらせたそうです。
コシヒカリの温湯消毒
ひとつだけ色の違う種もみ袋が・・・こちらはマンゲツモチ。もち米です。
コシヒカリの温湯消毒
10分経つと急いで冷たい水に浸けます。

コシヒカリの温湯消毒
青い水槽が冷たい水。黄色い水槽が熱い風呂です。わかりやすいですね! 煮えちゃうから急げっ!
コシヒカリの温湯消毒
環境保全会の会長さん、素手です。60度ですよ?! 熱くないんですか????
コシヒカリの温湯消毒
冷水に浸けたら、何度も何度も水をくぐらせます。
コシヒカリの温湯消毒
でっかい寸胴では温度が下がった時に備えてお湯を沸かしています。
コシヒカリの温湯消毒
そしてこちらは脱水するための種もみ専用脱水機。

ここから先は温湯消毒とは関係ないです

コシヒカリの温湯消毒
風呂のなんとなくこんなところを・・・富士電機のスイッチだ・・・
コシヒカリの温湯消毒
パトライトは国産。ピカミニッコ 12面。アロー電子工業株式会社製。
レクシアMR97+丸山製作所 ブームスプレーヤのブームの先にに付いていた回転灯は・・・MADE IN JAPANだったけど、シュネデール(Schneider)という外国の会社の物だった。
レクシアMR97+丸山製作所 ブームスプレーヤのブームの先にに付いていた回転灯は・・・MADE IN JAPANだったけど、シュネデール(Schneider)という外国の会社の物だった。
倉庫の奥で見つけたウイングハロー(新品)に付いていたジョイント。
倉庫の奥で見つけたウイングハロー(新品)に付いていたジョイント。

GM64のウイングハロー修理のとき見たものはこうなっていました。

ウィングハローのこのジョイント部分、黒くてツルッとしていて、プラスチックかなにかだと思ってたんですが、これを見ると錆びているように見えます。金属なんですかね・・・
ウィングハローのこのジョイント部分、黒くてツルッとしていて、プラスチックかなにかだと思ってたんですが、これを見ると錆びているように見えます。金属なんですかね・・・
ウイングハローのジョイント
温湯消毒とは全然関係ないですけど、金属なんでしょうねぇ・・・
上の記事とゆるく関連しているほかの記事:

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。