1 1,505 1,506 1,507 1,508 1,509 1,510 1,511 1,512 1,513 1,514 1,515 1,550

限界を超えていますか?(負荷大歓迎)

セクションに入る順番を待っている人たちです トライアル競技の単車は、極端にシートが低く、とにかく軽く、自転車みたいです photo by fujimami


おはようございます。昨日からの続きです。マラソンは苦手ですが、マラソンを走る人の気持ちはわかるような気がします。たぶん、苦しいから面白い、苦しくなくてすいすい走れたらつまらないのではないでしょうか?(でも、すいすい走れてしまったら、別な意味でおもしろくなるか)肉体的、精神的な限界って、人が決めるものではなく、自分で決めているだけなのでしょうから、生きるか死ぬかの(と、自分がが決めている)あたりでウロウロしていると、ついうっかりその線を越えてしまうことがあります。その時に新たな自分に会えるのだと思います。「越えたくない、そもそもそんな線まで行きたくない」所へ連れて行ってくれる負荷がマラソンなのでしょう。僕にとってのその負荷、全くの非日常への入り口が単車なわけです。それでも、ただ遊びで乗っているだけではなかなかそこまでは行けません。単車という料理にもう少し調味料や香辛料が必要です。例えば、「エントリー料払ったんだし、もう少し行くしかない」だの「てっぺんまで行って景色を見てみたい」だの「向こうまで突き抜けて友達に自慢したい」だったりするわけです。
 
 非日常は肉体的に大変苦しい、大変苦しいけれども、それがおもしろい。ダメと思ったその先の、新たな地平に触れてみたくて、年々勝手に下がっていく自分の限界にチャレンジしてみたりするわけです。パカパカに腕が上がって握力ゼロの右手でも、ちょっと捻るだけで乗る人の健康状態などおかまいなし、単車は命令通りに前に出ます。それにしがみついているうちにだんだん真っ白になっていくんですねえ。

 仕事だって締め切りがあるから終わるんですよね。もし締め切りがなかったらいつまでもだらだらやってきっと終わらない。締め切りがあるから完璧なものには仕上がらないけれど、とりあえすまとまった物にはなる・・・(締め切りがなければカンペにな物ができるかと言えば、そうとも言えないですものね)

 そう考えれば負荷大歓迎です。お金がなければ工夫する。仕事がなければ考える。肉体的に辛ければ生死の境をさまよう・・・負荷に鍛えられ、体にも頭にも筋肉が付いて日常になったとき、きっとまた新たな負荷を求めてしまうのでしょう。そして、まさにそんなことを考えながら走っている動画です。いや、実際はそれは後から考えたことで、その瞬間は真っ白で、ひたすら前へ前へ・・・目の前の石を乗り越えることだけを考えていたかもしれません↓

沢にて悟りの境地を開く「難行苦行DAYS!」 画面クリックでも再生します。

あ!結果ですか?疲れるとどんどん高く見える岩場で転落したせいだと思いますが、6時間ほどやった時点のお昼に、クランクケースにクラックが入ってオイルがボタボタ漏れているのを見つけてしまって、これ幸いとやめてしまいました・・・あははは 悟りの境地は遠いです。筋肉痛も打ち身ももう治ってしまいましたし、人間には「忘れる」というすばらしい特技があるので、きっとまた出てしまうのでしょうね。

オンボードカメラを付けて走ってみました(トレール車でのトライアルとはこんな感じです)

スタート!この時既にカメラは回っています 写真は兵庫のネギ&レタス&米農家のふじまみさんです


おはようございます。前回ツーリングトライアルに出る用意をしていると、記事に書きましたが、行ってきました。
 旬なうちにアップしておきます。またまた農業とは関係ない話題となってしまいますが、機械つながりと言うことで・・・ご勘弁ください。なかなかテーマを維持するのは難しいです。
 トライアルとはバランスを競う競技ですが、そこへまあどちらかと言えば、速く走るための単車を持ち込んだわけです。狭く、形が四角くない田んぼに巨大なトラクターを持ち込んだようなものでしょうか(結果は見えてるわけですが)まずはスタートしてから第一セクションまで。前の友人の単車が見えていますが、ここは移動区間であり、速さを競う競技ではないので抜いたり追い越したりする必要はありません。

スタートしてから第一セクションまでのオンボードカメラ映像 見ると車酔いするかもしれません 画面クリックでも再生します。

移動区間を移動して、セクション(競技区間)の前で単車を止めてセクションの下見をします。そこでイメージを作り上げて”セクションイン”です。足を一回付けば減点1、二回で減点2、三回以上は何回付いても減点3、エンスト/転倒/後退などは減点5です。全く付かないで競技区間を抜けられれば”クリーン”と言います。

セクションイン直後 photo by fujimami


キモの部分 赤のマーカーを後輪が通り過ぎたあたりで右へターンです photo by fujimami


まあお約束です もうちょっと先までいかないと曲がれません photo by fujimami


セクションでの失敗のオンボードカメラ映像 失敗映像の二番目はfujimamiさんの写真2枚目から3枚目の部分なのですが、全く高度感がありませんね しかし、外から見た目線と、自分の目線を比較できるのは面白いです 画面クリックでも再生します。

小さなビデオカメラというのは距離感を表現するのが難しいですね。競技の結果については全く求めていません。その理由に付いて・・・あと一回だけ続きます。

サイト内の検索

お気に入りリンク

最近の記事

最新のコメント

  • 今年最初の飼料稲の稲刈りを見てきました。稲刈り2018へのコメント (やすひろより[08/20]) こちらも早く植えたと
  • 今年最初の飼料稲の稲刈りを見てきました。稲刈り2018へのコメント (匿名より[08/19]) https://yo
  • 今年最初の飼料稲の稲刈りを見てきました。稲刈り2018へのコメント (匿名より[08/19]) https://yo
  • 今年最初の飼料稲の稲刈りを見てきました。稲刈り2018へのコメント (匿名より[08/19]) はじめまして、何です
  • デラックスはどの部分?少なくとも70年代生まれのイセキTS1700「撮りトラ」へのコメント (山葵より[08/13]) あっ!このクラッチは
  • クボタの耕うん機KME181、KME201、KME231、K500・・・「昔のカタログ」へのコメント (Nocchより[08/09]) noraさま 先日
  • Vツインだからこそのこの形。日の本MD200「撮りトラ」へのコメント (シャチより[08/08]) 珍しいですねー 空
  • 「その身になってみないとわからない」家庭稲園バケツ稲プロジェクトその17へのコメント (おじまより[08/07]) スズメは「乳熟期~糊
  • 佐藤造機デビッドブラウンDB770/880/990/1200・・・昔のトラクターカタログへのコメント (hokkaidoujinより[08/07]) noraさんando
  • 佐藤造機デビッドブラウンDB770/880/990/1200・・・昔のトラクターカタログへのコメント (I・ANDOより[08/03]) noraさんhoka
  • 7月発売の新しいワールド、M1010W-SE(スペシャルエディション)は稲作用!「撮りトラ@ダイナミックフェア2018」へのコメント (H2より[08/02]) パソコンなんかでもそ
  • ランボルギーニと同じ顔。DEUTZ FAHR WARRIOR 7250TTV T4F 「撮りトラ@第34回国際農業機械展in帯広」へのコメント (畠中より[07/31]) ランボルギーニとドイ
  • 家庭稲園バケツ稲プロジェクトその16「変化少なめ」へのコメント (H2より[07/31]) noraさん、そうで
  • 当時もオールドスクールだったんじゃないかな?1972~1978 ZETOR4712「撮りトラ」へのコメント (山葵より[07/30]) ニュートラルはスリッ
  • 家庭稲園バケツ稲プロジェクトその16「変化少なめ」へのコメント (noraより[07/30]) やすひろさん こんば
  • ステッカーが焼けて見えないけど、四駆のシバウラS700-Oじゃないかなぁ「撮りトラ」へのコメント (noraより[07/30]) シャチさん ご無沙汰
  • 家庭稲園バケツ稲プロジェクトその16「変化少なめ」へのコメント (noraより[07/30]) H2さん こんばんは
  • 当時もオールドスクールだったんじゃないかな?1972~1978 ZETOR4712「撮りトラ」へのコメント (noraより[07/30]) 山葵さん こんばんは
  • 当時もオールドスクールだったんじゃないかな?1972~1978 ZETOR4712「撮りトラ」へのコメント (noraより[07/30]) 六郎田さん こんばん
  • 見たことのない日の本!(当社比)と思ったら、ゴリラ顔のGLだった。日の本NX46「撮りトラ」へのコメント (noraより[07/30]) Blue_Buffa
  • タグクラウド

    クボタトラクター トラクターの話題や写真 撮り虎(撮りトラ) 水戸市大場町での米作り(コシヒカリ/飼料稲) 環境保全会活動の紹介や、予定など 米作り(コシヒカリ/飼料稲)動画記事 農業機械