Homeに戻る > このカテゴリーの記事 'スガノ農機「土の館」トラクタ博物館' > 5ページ目
1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 ... 66

スガノ農機「土の館」トラクタ博物館

快適さを追求した先進のコックピット・・・日の本JF1「昔のカタログ」

今日は「昔のカタログシリーズ」。千葉県の伊藤産業機械さんにお借りした乗用車感覚の2人乗りトラクター、日の本JF1のカタログその3です。

機種名 乗用(二人乗り)トラクタ 仕様形式 日の本JF1型 18馬力 製造社国 株式会社 東洋社 日本 導入年度 1985年(昭和60年)

スガノ農機の「土の館」で見たJF1 機種名 乗用(二人乗り)トラクタ 仕様形式 日の本JF1型 18馬力 製造社国 株式会社 東洋社 日本 導入年度 1985年(昭和60年)

若干意味不明な見開き2ページ

機種名 乗用(二人乗り)トラクタ 仕様形式 日の本JF1型 18馬力 製造社国 株式会社 東洋社 日本 導入年度 1985年(昭和60年)

テキストは、大地に2人で描いていく。 先進の技術が形になった。 スタイルに、パワーに、メカニズムに、HINOMOTOの思いが結晶。 果てしない大地へ、2人のためにテイクオフ。

印象的。でもムダに紙面を取っているとも言える熱気球の写真・・・実際には農作業をする二人のためのトラクターですが、恋人向けとしか思えないコピー。意識的なんでしょうけど・・・

印象的。でもムダに紙面を取っているとも言える熱気球の写真・・・実際には農作業をする二人のためのトラクターですが、恋人向けとしか思えないコピー。意識的なんでしょうけど・・・

ようやく機能説明に入ります

機種名 乗用(二人乗り)トラクタ 仕様形式 日の本JF1型 18馬力 製造社国 株式会社 東洋社 日本 導入年度 1985年(昭和60年)

過剰にゴージャスに見える運転席まわり。カタログにある通り乗用車感覚です。実際おもちゃっぽくなく、質感もかなりあります。僕は嫌いじゃないです。 ボディはFRPなんですね。

拡大してみます。右上部分、警告灯の配置図を見るとクルマそのものですね。あ!ハイビームのインジケーターがある! トラクターってハイビームが付いてたんでしたっけ? 今まで見たことがなかったような気がする・・・こういうところって乗ってないとわからないですねえ・・・

拡大してみます。右上部分、警告灯の配置図を見るとクルマそのものですね。あ!ハイビームのインジケーターがある! トラクターってハイビームが付いてたんでしたっけ? 今まで見たことがなかったような気がする・・・こういうところって乗ってないとわからないですねえ・・・

機種名 乗用(二人乗り)トラクタ 仕様形式 日の本JF1型 18馬力 製造社国 株式会社 東洋社 日本 導入年度 1985年(昭和60年)

ちょっと思ったのですけど、トラクターに限っては「シンプル」という表現はずっとなかったでしょうね。それまでトラクターはずっと「シンプル」だったので、日の本JF1のように「ゴージャス」になったあとじゃないと「シンプル」という対比が生きてこないですもん。

機種名 乗用(二人乗り)トラクタ 仕様形式 日の本JF1型 18馬力 製造社国 株式会社 東洋社 日本 導入年度 1985年(昭和60年)

左上の部分にジムニーみたいな傾斜計がついています。ペダルの配置もクルマみたいです。この部分だけみてトラクターと思う人は少ないでしょう。

写真写りがいいだけでなく、実車もこの部分はカッコいいです!

機種名 乗用(二人乗り)トラクタ 仕様形式 日の本JF1型 18馬力 製造社国 株式会社 東洋社 日本 導入年度 1985年(昭和60年)

シガーライタの脇は取れちゃった灰皿だと思うんです。

(続きを読む…)

80年代中頃はトラクターにとって激動の時代・・・日の本JF1「昔のカタログ」

今日は「昔のカタログシリーズ」。千葉県の伊藤産業機械さんにお借りした乗用車感覚の2人乗りトラクター、日の本JF1のカタログその2です。

今日も構想時点ですでに終りそうにない感じ・・・ネットに情報が多数載っているということなのかもしれませんが、つくづく80年代って動きがあっておもしろい時代ですね。

機種名 乗用(二人乗り)トラクタ 仕様形式 日の本JF1型 18馬力 製造社国 株式会社 東洋社 日本 導入年度 1985年(昭和60年)

スガノ農機の「土の館」で見たJF1 機種名 乗用(二人乗り)トラクタ 仕様形式 日の本JF1型 18馬力 製造社国 株式会社 東洋社 日本 導入年度 1985年(昭和60年)

実車のほうは

『二人乗りトラクタはジョイフルファッション!!日の本トラクタJF1型・・・スガノ農機「土の館」』
『ジョイフルファッションその2 日の本トラクタJF1型・・・撮りトラ』
『ジョイフルファッション最後 日の本トラクタJF1型・・・撮りトラ』

で確認してくださいね!

そういえば昨日は気がつかなかったのですが表紙の上のほう、こんなのが付いてました。ずっとおすましのお二人ですが、ここではちょっと違った雰囲気。男性は歯を見せて笑ってます。女性はちょっと手を上げて・・・いや〜 クルマが小さく見せるな。

そういえば表紙の上のほう(昨日は気がつかなかった)、こんなのが付いてました。ずっとおすましのお二人ですが、ここではちょっと違った雰囲気。男性は歯を見せて笑ってます。女性はちょっと手を上げて・・・いや〜 クルマが小さく見せるな。

まだ2ページ目

独創的な設計思想から導き出されたベストポジション。「HINOMOTO」の技術が常識を超えた。とあります。

独創的な設計思想から導き出されたベストポジション。「HINOMOTO」の技術が常識を超えた。とあります。(そりゃあ超えますよね。非常識だもん。)

トラクターに新世代誕生。ニューイメージトラクター。 今、トラクターの新たなる進歩が始まる。農業技術の発展をリードしてきた「日の本」が最新の技術をここに総結集。 従来の常識を飛び越えたトラクター「JF1」が生まれました。コンパクトでしかもファッショナブルなボディ。農用ながら乗用車なみの先進装備。そして、楽しさ広がる「我国初」の2シーター(2人乗用)と充実した内容で多様化する農作業にお応えしていきます。 運転席プラス助手席で機動力倍増。

トラクターに新世代誕生。ニューイメージトラクター。 今、トラクターの新たなる進歩が始まる。農業技術の発展をリードしてきた「日の本」が最新の技術をここに総結集。 従来の常識を飛び越えたトラクター「JF1」が生まれました。コンパクトでしかもファッショナブルなボディ。農用ながら乗用車なみの先進装備。そして、楽しさ広がる「我国初」の2シーター(2人乗用)と充実した内容で多様化する農作業にお応えしていきます。 運転席プラス助手席で機動力倍増。

背景黒は1980年代中頃の共通項?

別々にしちゃってますが、本来見開きのページです。それでもってこれ、どこかで見たことがあります。

やはり昔のトラクターカタログで、これもまた選べるカラバリと前後どちらにも使えるリバースタイプという、「ジョイフルファッション」にも負けていないユニークなコンセプトのトラクター。クボタL-1-R。

多分この後に出たのだと思いますが、サターンXシリーズに通じるようなSFもしくは宇宙チックな表紙と思われます。

1985年のカタログです。なんでしょうね・・・同じような時代背景でものを作っているのでこうなっちゃうのでしょうか? 1年あとということでJF1より宇宙チックかつ、日の本が2Dなのに比べこちらは3D風になっていますが、基本的に受ける印象は同じです。

クボタサンシャインL1-Rは座席やハンドルを付け替えて反対向きに運転できちゃうユニークなトラクターです。

クボタサンシャインL1-Rは座席やハンドルを付け替えて反対向きに運転できちゃうユニークなトラクターです。

クボタL-1-R・・・時間があったら『これ好き!クボタサンシャインL1-R・・・「昔のトラクターカタログ」』の記事でチェックして下さいね!

1980年代中頃はトラクター技術革新の入口に違いない。電子化の波が押し寄せてたんだった。

独創的な設計思想から導き出されたベストポジション。「HINOMOTO」の技術が常識を超えた。とあります。

もう一度日の本のほうに戻ります。もう僕たちはこのJF1も日の本というブランド、それから日本自体がこれから先どうなっていくか知っているわけですよね? でも、このカタログが出たとき、みんなはが思ったこの先は予想、予測でしかなかった・・・

知っているからこその予断かもしれません。でも、この背景黒の図面風カタログたちからは「先進」とか「未来」というメッセージが込められているように思います。

純粋に動力としてのトラクターから油圧を使ったさまざまな作業ができるようになり、メカと油圧を電子制御する次のステージへ向かう踊り場みたいな状態だったんじゃないでしょうか? きっとこの裏でさまざまな技術が開発中で出番を待っていたのだと思います。

で、「これからまだまだすごいことになるよぉ」とそんなニュアンスが図面風カタログにページには入ってる感じがします。

トラクター電子化の時代

日の本JF1が1984年。クボタサンシャインL1-Rが1985年。そして同じ1985年のクボタニューサンシャインブルトラB1シリーズのカタログには・・・

滝田栄さん、他のトラクターもやってたんじゃないかなあ・・・(うろ覚え)とみのりちゃんです。マイクロコンピューター制御のマイコンポンパ・・・どういうことなのかはよくわかりません。

滝田栄さんとマスコットキャラクターのみのりちゃんです。マイクロコンピューター制御のマイコンポンパ・・・つまり電子制御の始まり・・・

(続きを読む…)

サイト内の検索

お気に入りリンク

最近の記事

最新のコメント

  • 暑かったなあ・・・(環境保全会で草刈りを行いました)へのコメント (愛読者より[06/27]) >今時の百姓は雨の日
  • 佐藤造機デビッドブラウンDB770/880/990/1200・・・昔のトラクターカタログへのコメント (noraより[06/26]) hokkaidouj
  • メルセデス・ベンツのトラクター・・・のカタログ「撮り虎」へのコメント (noraより[06/26]) De nada
  • 袋をあける所作が好き!へのコメント (おじまより[06/25]) おはようございます
  • 佐藤造機デビッドブラウンDB770/880/990/1200・・・昔のトラクターカタログへのコメント (hokaidoujinより[06/25]) noraさん and
  • メルセデス・ベンツのトラクター・・・のカタログ「撮り虎」へのコメント (alkohol per rechnungより[06/22]) Gutte Page
  • 謎の鉄車輪トラクター「撮りトラ」へのコメント (noraより[06/17]) みみずくさん おはよ
  • どうでもいいことをネチネチとすみません。四角い穴は自己解決。DEUTZ D4505へのコメント (noraより[06/17]) 山葵さん おはようご
  • 謎の鉄車輪トラクター「撮りトラ」へのコメント (みみずくより[06/15]) BAJAの舞台となる
  • どうでもいいことをネチネチとすみません。四角い穴は自己解決。DEUTZ D4505へのコメント (山葵より[06/11]) セルモーターのスピー
  • クボタSL60パワクロの転回・・・「撮りトラ@代かきシーン収集」その4へのコメント (noraより[06/10]) おじまさん おはよう
  • クボタSL60パワクロの転回・・・「撮りトラ@代かきシーン収集」その4へのコメント (noraより[06/10]) 木田さん おはようご
  • クボタSL60パワクロの転回・・・「撮りトラ@代かきシーン収集」その4へのコメント (おじまより[06/05]) こんばんは。 ほぼ
  • クボタSL60パワクロの転回・・・「撮りトラ@代かきシーン収集」その4へのコメント (木田 やすおより[06/05]) おはようございます。
  • 謎のL字形部品(解決編)へのコメント (noraより[06/05]) Blue_Buffa
  • 謎のL字形部品(解決編)へのコメント (noraより[06/05]) 山葵さん おはようご
  • ストリング・タイ? テンション・アッセンブリー? 何だろこれ・・・クボタM7970DT「撮りトラ」へのコメント (noraより[06/05]) 山葵さん おはようご
  • 謎のL字形部品(解決編)へのコメント (Blue_Buffaloより[06/03]) サンヨーのドッキング
  • 謎のL字形部品(解決編)へのコメント (山葵より[06/03]) 最後のオチが秀逸です
  • ストリング・タイ? テンション・アッセンブリー? 何だろこれ・・・クボタM7970DT「撮りトラ」へのコメント (山葵より[06/01]) 写真のトラクターで見
  • タグクラウド

    クボタトラクター トラクターの話題や写真 撮り虎(撮りトラ) 水戸市大場町での米作り(コシヒカリ/飼料稲) 環境保全会活動の紹介や、予定など 米作り(コシヒカリ/飼料稲)動画記事 農業機械