1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 69

スガノ農機「土の館」トラクタ博物館

「電装探偵団」ウインカーの歴史も色々。最強トラクターウニモグの貝殻ウインカー「撮りトラ@土の館」

今日は、北海道上富良野町にあるスガノ農機の『「土の館」 土と犂の博物館』で見たウニモグ411に付いていた貝殻ウインカーその後です。

機種名:<strong>ウニモグトラクタ</strong> 仕様・形式:411-112HL型 32馬力 製造社・国:ダイムラーベンツ社 ドイツ 導入年度:1962年(昭和37) 使用経過:北海道大学農学部でトラクタ作業機開発等に使用。 のち、独立行政法人 国際協力開発機構・筑波国際センター(JICA)で海外研修員の農相機械コースの実習に利用されていた。前後に作業機が装着できる。

連日同じ車種の話題でごめんなさい。人も乗れるし雨露もしのげて四駆で農作業も出来ちゃう! シュノーケルが付いて川渡りもできる。ウニモグトラクタ411-112HL型、32馬力の「電装探偵団」

機種名:ウニモグトラクタ 仕様・形式:411-112HL型 32馬力 製造社・国:ダイムラーベンツ社 ドイツ 導入年度:1962年(昭和37) 使用経過:北海道大学農学部でトラクタ作業機開発等に使用。 のち、独立行政法人 国際協力開発機構・筑波国際センター(JICA)で海外研修員の農相機械コースの実習に利用されていた。前後に作業機が装着できる。

そのウニモグに付いていた貝殻ウインカー。以前見たHELLA製のものよりスリムな感じ。

そのHELLA製の貝殻ランプとは・・・

CLAYSON M122 コンバイン 部品取り用に置いてあるのだと思うのですが、ここで静かに後輩の役に立つのを待っています。

この部品取り用CLAYSON M122 コンバインについていました。

CLAYSON M122 コンバイン 部品取り用に置いてあるのだと思うのですが、ここで静かに後輩の役に立つのを待っています。

運転席、メーターの左にあるオレンジ色のランプ。何かのインジケーターに流用されているのだと思うのですが、ずっと心の中で「貝殻ランプ」と名付けていました。よく考えると、何で貝殻なのかよくわかりません。どちらかといえば「ダンゴムシ」とかに近い・・・でも、直感で「貝殻ランプ」と思ったから「貝殻ランプ」でいいんです!!!

CLAYSON M122 コンバイン 部品取り用に置いてあるのだと思うのですが、ここで静かに後輩の役に立つのを待っています。ずっと気になっていたこのランプ「貝殻ランプ」

うーーーーん・・・・なんて素敵な形! 

1960年代のプロダクトだと思いますが、今もこの美しさ・・・野外で、モロに太陽の日差しを浴びる場所にあるのに・・・・・・もしかしてガラスなのかなあ。

CLAYSON M122 コンバイン 部品取り用に置いてあるのだと思うのですが、ここで静かに後輩の役に立つのを待っています。ずっと気になっていたこのランプ「貝殻ランプ」

拡大してみます。K12642とあります。何の気なしにこの番号で検索をかけてみると・・・

おおおお!「HELLA」じゃん!

「貝殻ランプ」HELLAの製品だったんです!しかも、いまだに売ってる!

「貝殻ランプ」HELLAの製品だったんです!しかも、いまだに売ってる!

「貝殻ランプ」はK12642 ウインカーランプでした。

「貝殻ランプ」はK12642 ウインカーランプでした。

今作っているというわけではないのかもしれませんが、在庫が6個あると書いてあるし、他のサイトでも見かけます。今でも流通しているのです。

戻ってウニモグのウインカー

機種名:ウニモグトラクタ 仕様・形式:411-112HL型 32馬力 製造社・国:ダイムラーベンツ社 ドイツ 導入年度:1962年(昭和37) 使用経過:北海道大学農学部でトラクタ作業機開発等に使用。 のち、独立行政法人 国際協力開発機構・筑波国際センター(JICA)で海外研修員の農相機械コースの実習に利用されていた。前後に作業機が装着できる。

戻ってウニモグのウインカー。貝殻は貝殻でも少し形が違います。

拡大してみるとSWFというメーカー。ワーゲンやアウディなどの古いクルマに使われているみたいです。現在もメーカーはあるみたいなんだけど、サイトはまだ見つけられていません。これは今後の宿題ということで・・・

拡大してみるとSWFというメーカー。ワーゲンやアウディなどの古いクルマに使われているみたいです。ちょっと調べてみました。

SWFの製品はこんなクラッシックカー、ヘッドランプの下のウインカーなどに採用されているそうです。

SWFの製品はこんなクラッシックカー、ヘッドランプの下のウインカーなどに採用されているそうです。

ビンテージパーツが今も売られています。

ビンテージパーツが今も売られています。

拡大するとちゃんとSWF

拡大するとちゃんとSWF

(さらに…)

最強トラクターウニモグ「撮りトラ@土の館」その2

今日は、北海道上富良野町にあるスガノ農機の『「土の館」 土と犂の博物館』で見た、ダイムラー・ベンツのトラクター(といっていいですよね?)ウニモグ411、「撮り虎」続きです。

機種名:<strong>ウニモグトラクタ</strong> 仕様・形式:411-112HL型 32馬力 製造社・国:ダイムラーベンツ社 ドイツ 導入年度:1962年(昭和37) 使用経過:北海道大学農学部でトラクタ作業機開発等に使用。 のち、独立行政法人 国際協力開発機構・筑波国際センター(JICA)で海外研修員の農相機械コースの実習に利用されていた。前後に作業機が装着できる。

人も乗れるし雨露もしのげて四駆で農作業も出来ちゃう! シュノーケルが付いて川渡りもできる。いいなあ・・・これ

機種名:ウニモグトラクタ 仕様・形式:411-112HL型 32馬力 製造社・国:ダイムラーベンツ社 ドイツ 導入年度:1962年(昭和37) 使用経過:北海道大学農学部でトラクタ作業機開発等に使用。 のち、独立行政法人 国際協力開発機構・筑波国際センター(JICA)で海外研修員の農相機械コースの実習に利用されていた。前後に作業機が装着できる。

キャプションを読んでみましょう。

機種名:ウニモグトラクタ
仕様・形式:411-112HL型 32馬力
製造社・国:ダイムラーベンツ社 ドイツ
導入年度:1962年(昭和37)
使用経過:北海道大学農学部でトラクタ作業機開発等に使用。
のち、独立行政法人 国際協力開発機構・筑波国際センター(JICA)で海外研修員の農相機械コースの実習に利用されていた。前後に作業機が装着できる。

ネットでボンネット開けた写真を見つけました。形はトラックですけど、大きさやレイアウトはトラクターそのものなんですね! 普通のトラクターに四角いトラックのボディを載っけただけなんです。(まあ、サスペンションは付いてますけど・・・)

ネットでボンネット開けた写真を見つけました。形はトラックですけど、大きさやレイアウトはトラクターそのものなんですね! 普通のトラクターに四角いトラックのボディを載っけただけなんです。(まあ、サスペンションは付いてますけど・・・)

機種名:ウニモグトラクタ 仕様・形式:411-112HL型 32馬力 製造社・国:ダイムラーベンツ社 ドイツ 導入年度:1962年(昭和37) 使用経過:北海道大学農学部でトラクタ作業機開発等に使用。 のち、独立行政法人 国際協力開発機構・筑波国際センター(JICA)で海外研修員の農相機械コースの実習に利用されていた。前後に作業機が装着できる。

ヒーターかと思ったこれ、もしかしたらラジエターのリザーバータンクなのかな・・・グリルの裏のラジエターに直接つながってますね・・・

機種名:ウニモグトラクタ 仕様・形式:411-112HL型 32馬力 製造社・国:ダイムラーベンツ社 ドイツ 導入年度:1962年(昭和37) 使用経過:北海道大学農学部でトラクタ作業機開発等に使用。 のち、独立行政法人 国際協力開発機構・筑波国際センター(JICA)で海外研修員の農相機械コースの実習に利用されていた。前後に作業機が装着できる。

燦然と輝く3ポインテッドスターの右下にはPTOの取り出し口。

機種名:ウニモグトラクタ 仕様・形式:411-112HL型 32馬力 製造社・国:ダイムラーベンツ社 ドイツ 導入年度:1962年(昭和37) 使用経過:北海道大学農学部でトラクタ作業機開発等に使用。 のち、独立行政法人 国際協力開発機構・筑波国際センター(JICA)で海外研修員の農相機械コースの実習に利用されていた。前後に作業機が装着できる。

エンブレムはグリルだけでなく、エンジンフードにも・・・これはゴージャス。

機種名:ウニモグトラクタ 仕様・形式:411-112HL型 32馬力 製造社・国:ダイムラーベンツ社 ドイツ 導入年度:1962年(昭和37) 使用経過:北海道大学農学部でトラクタ作業機開発等に使用。 のち、独立行政法人 国際協力開発機構・筑波国際センター(JICA)で海外研修員の農相機械コースの実習に利用されていた。前後に作業機が装着できる。

タイヤはまったくトラクターと同じラグパターン。

機種名:ウニモグトラクタ 仕様・形式:411-112HL型 32馬力 製造社・国:ダイムラーベンツ社 ドイツ 導入年度:1962年(昭和37) 使用経過:北海道大学農学部でトラクタ作業機開発等に使用。 のち、独立行政法人 国際協力開発機構・筑波国際センター(JICA)で海外研修員の農相機械コースの実習に利用されていた。前後に作業機が装着できる。

ちょっと気になったのはフロントホイール。センターに付いてる輪っか。

機種名:ウニモグトラクタ 仕様・形式:411-112HL型 32馬力 製造社・国:ダイムラーベンツ社 ドイツ 導入年度:1962年(昭和37) 使用経過:北海道大学農学部でトラクタ作業機開発等に使用。 のち、独立行政法人 国際協力開発機構・筑波国際センター(JICA)で海外研修員の農相機械コースの実習に利用されていた。前後に作業機が装着できる。

イボイボが付いてますよね?

(さらに…)

サイト内の検索

お気に入りリンク

最近の記事

最新のコメント

  • デラックスはどの部分?少なくとも70年代生まれのイセキTS1700「撮りトラ」へのコメント (山葵より[08/13]) あっ!このクラッチは
  • クボタの耕うん機KME181、KME201、KME231、K500・・・「昔のカタログ」へのコメント (Nocchより[08/09]) noraさま 先日
  • Vツインだからこそのこの形。日の本MD200「撮りトラ」へのコメント (シャチより[08/08]) 珍しいですねー 空
  • 「その身になってみないとわからない」家庭稲園バケツ稲プロジェクトその17へのコメント (おじまより[08/07]) スズメは「乳熟期~糊
  • 佐藤造機デビッドブラウンDB770/880/990/1200・・・昔のトラクターカタログへのコメント (hokkaidoujinより[08/07]) noraさんando
  • 佐藤造機デビッドブラウンDB770/880/990/1200・・・昔のトラクターカタログへのコメント (I・ANDOより[08/03]) noraさんhoka
  • 7月発売の新しいワールド、M1010W-SE(スペシャルエディション)は稲作用!「撮りトラ@ダイナミックフェア2018」へのコメント (H2より[08/02]) パソコンなんかでもそ
  • ランボルギーニと同じ顔。DEUTZ FAHR WARRIOR 7250TTV T4F 「撮りトラ@第34回国際農業機械展in帯広」へのコメント (畠中より[07/31]) ランボルギーニとドイ
  • 家庭稲園バケツ稲プロジェクトその16「変化少なめ」へのコメント (H2より[07/31]) noraさん、そうで
  • 当時もオールドスクールだったんじゃないかな?1972~1978 ZETOR4712「撮りトラ」へのコメント (山葵より[07/30]) ニュートラルはスリッ
  • 家庭稲園バケツ稲プロジェクトその16「変化少なめ」へのコメント (noraより[07/30]) やすひろさん こんば
  • ステッカーが焼けて見えないけど、四駆のシバウラS700-Oじゃないかなぁ「撮りトラ」へのコメント (noraより[07/30]) シャチさん ご無沙汰
  • 家庭稲園バケツ稲プロジェクトその16「変化少なめ」へのコメント (noraより[07/30]) H2さん こんばんは
  • 当時もオールドスクールだったんじゃないかな?1972~1978 ZETOR4712「撮りトラ」へのコメント (noraより[07/30]) 山葵さん こんばんは
  • 当時もオールドスクールだったんじゃないかな?1972~1978 ZETOR4712「撮りトラ」へのコメント (noraより[07/30]) 六郎田さん こんばん
  • 見たことのない日の本!(当社比)と思ったら、ゴリラ顔のGLだった。日の本NX46「撮りトラ」へのコメント (noraより[07/30]) Blue_Buffa
  • クボタの耕うん機KME181、KME201、KME231、K500・・・「昔のカタログ」へのコメント (noraより[07/30]) Nocchさん こん
  • クボタの耕うん機KME181、KME201、KME231、K500・・・「昔のカタログ」へのコメント (Nocchより[07/30]) 家が農家で物心付いた
  • 佐藤造機デビッドブラウンDB770/880/990/1200・・・昔のトラクターカタログへのコメント (hokkkaidoujinより[07/29]) noraさんando
  • 家庭稲園バケツ稲プロジェクトその16「変化少なめ」へのコメント (やすひろより[07/29]) お久しぶりです。
  • タグクラウド

    クボタトラクター トラクターの話題や写真 撮り虎(撮りトラ) 水戸市大場町での米作り(コシヒカリ/飼料稲) 環境保全会活動の紹介や、予定など 米作り(コシヒカリ/飼料稲)動画記事 農業機械