1 2 3 4 5 6 10

初めて見た!ストレーク。フィアット・トラクター 生ストレーク「撮りトラ」

今日はAさんのところで見た、、フィアットトラクター(カバーがかかっていたので型式はわかりません)「撮りトラ」です。

 

これに、実際に見るのは初めてなストレーキ(今目にするものはカゴ車輪が多い、水田でトラクターに浮力を与えたり、タイヤの接地面を広げたりするアタッチメント)が付いていたのです。

 

左の機体の後輪に、そのストレーキ(もしくはストレーク)が付いています。

左の機体の後輪に、そのストレーキ(もしくはストレーク)が付いています。シャコの足のような、なんとも有機的なアタッチメント?です。

 

ストレーク(ストレーキ)とは

 

今日は「昔のカタログ」シリーズ、1978年(昭和53年)クボタ トラクタ Lシリーズの アタッチメントカタログです。

ストレークに引っかかった・・・クボタトラクタアタッチメント「昔のカタログ」』の時に見た、折りたたみストレークです。このときストレークとはストレーキ、ボルテックスジェネレータとも呼ばれ、主に翼の気流の境界面の乖離を防ぐため、気流を整えたり、わざと気流を乱すためのものとわかったのでした。

 

 

で、生ストレーキです。

で、FIATの生ストレーキです。

 

前輪ウエィトも付いています。

前輪ウエィトも付いています。

 

今日は「昔のカタログ」シリーズ、1978年(昭和53年)クボタ トラクタ Lシリーズの アタッチメントカタログです。

クボタのオプション品は2分割ですね。

 

なかなか美しい形状。

なかなか美しい形状。

 

これを外側に折り曲げてタイヤにかぶせて使用するようです。そうするとちょうどブルドーザーの△シューのような見栄えに変身!

これを外側に折り曲げてタイヤにかぶせて使用するようです。そうするとちょうどブルドーザーの△シューのような見栄えに変身!

 

鋳物でできていて、一つ一つにバネの付いた精巧な出来。

鋳物でできていて、一つ一つにバネの付いた精巧な出来。

 

当時けっこうな値段のものだったでしょうね。

当時けっこうな値段のものだったでしょうね。

 

ついでにトラクターシートに注目してみます。

 

ついでにトラクターシートに注目してみます。

ついでにトラクターシートに注目してみます。

 

雪かきみたいになあっさりとした鉄椀自決シート。

雪かきみたいになあっさりとした鉄椀自決シート。でもとてもキレイ。

 

後はスカッとして、何の調整もできないようです。

後はスカッとして、何の調整もできないようです。

 

スプリングは前。後にスイングするタイプ。板バネは2枚重ねでしょうか?

スプリングは前。後にスイングするタイプ。板バネは2枚重ねでしょうか?

 

さらに電装探偵団。鋳物ボディのテールライトはOLSA製。

さらに電装探偵団。鋳物ボディのテールライトはOLSA製。

 

機種名:フィアットトラクタ 形式・仕様:FIAT 211R型 25馬力 製造社・国:フィアット社 イタリア 導入年度:1965(昭和40)年 使用経過:昭和39年、株式会社クボタが輸入を始める。39年、3台。40年、10台。41年、15台。42年、16台。4年間で34台の輸入で、その1台です。 三石町歌笛の大塚牧場が導入し、牧草収穫作業に使用していた。 平成2年に則次が譲り受け、年に一度はエンジンを始動させて、家宝として保存していた。

FIAT211Rのテールも、少し形状は違いますが鋳物ボディのOLSA。小さくていいですよね!単車にこのテール使いたい!

 

 

今日はここまでです。また明日!

 

 

 

トラクターのシートに注目!ビクターオートCT101「撮りトラ@土の館」

今日は北海道上富良野町にあるスガノ農機の『「土の館」 土と犂の博物館』でando、hokkaidoujinさんと見た、STHILの空冷単気筒ディーゼルをミッドシップに積んだチェリートラクターCT101トラクターシートに注目して「撮りトラ」です。

 

エンジンは車軸の中央に納まる完全なミッドシップです。もともと三輪タイプのトラクターから進化したためでしょう。一輪から二輪に変更した前輪部分がかさばったために、しかたなくこのようなレイアウトになったのでしょうね。

エンジンは車軸の中央に納まる完全なミッドシップです。もともと三輪タイプのトラクターから進化したためでしょう。一輪から二輪に変更した前輪部分がかさばったために、しかたなくこのようなレイアウトになったのでしょうね。前輪ユニット+燃料タンクがエンジンの前にボルトオンされています。

 

チェリートラクタ 1956年(昭和31) ビクターオート㈱製 (日本) CT-101型 10馬力 1957年(昭和32) 常呂町 長谷川が導入。 9年使用したものを今橋が譲り受け長く使用した。 1953年(昭和28)弘前市の神農工社がトラクタの開発に入り、三輪タイプを商品化している。 同型は4年間に道内に136台導入された。

キャプションには目を引くところはありませんねえ

チェリートラクタ

1956年(昭和31) ビクターオート㈱製 (日本)
CT-101型 10馬力

1957年(昭和32) 常呂町 長谷川が導入。
9年使用したものを今橋が譲り受け長く使用した。

1953年(昭和28)弘前市の神農工社がトラクタの開発に入り、三輪タイプを商品化している。

同型は4年間に道内に136台導入された。

CHERRY TRACTOR

YEAR: 1956(Showa 31) Manufacturer: Victor Auto (Japan)
Model: CT-101 Output: 10ps

This tractor was purchased by Mr.Hasegawa of Tokoro-machi in 1957(Showa 32). After using it for 9 years, it was passed on to Mr. Imahashi who used it for some time to follow.

 

シート部分を拡大してみましょう。背当ては付いていますが、オモチャのように頼りないシートは前支持で、後ろがバネでストロークするようになっています。

シート部分を拡大してみましょう。背当ては付いていますが、オモチャのように頼りないシートは前支持で、後ろがバネでストロークするようになっています。

 

どのくらいのバネだかわかりませんが、ちょっと体重がある人なら底付きしてしまうのではないでしょうか?

どのくらいのバネだかわかりませんが、ちょっと体重がある人なら底付きしてしまうのではないでしょうか?

 

ちゃんとストッパーは付いているようです。ただ、座り心地はよくなかったでしょうねえ・・・

拡大してみます。ちゃんとストッパーは付いているようです。ただ、座り心地はよくなかったでしょうねえ・・・

 

働き方改革が議論されている昨今からしたら、このシートで朝から晩まで作業しなくてはならないというのはゾッとすることで、緊急に改善しなくてはならない問題です。きっとそうやってトラクターのシートは少しずつよくなって来たのでしょう。でも、このようなトラクターが登場する以前は、動物を使って、もしくは働く人本人が長時間道具を使って土を耕していたことを考えると、ブラックとかホワイトとかは相対的なものとも言えます。今までホワイトだったものがブラックに変わるオセロゲームみたいなもの。もしかしたら技術革新はブラックをホワイトに変え、ホワイトは時が経つとブラックになり、またそれを技術でホワイトに変える・・・永遠のイタチごっこなのかもしれません。と、いうことは技術そのものがそのサイクルを生み出しているとも考えられます。そこまで考えて、なんだか少し「どよ〜ん」という気持になってしまうのでした。

働き方改革が議論されている昨今からしたら、このシートで朝から晩まで作業しなくてはならないというのはゾッとすることで、緊急に改善しなくてはならない問題です。きっとそうやってトラクターのシートは少しずつよくなって来たのでしょう。でも、このようなトラクターが登場する以前は、動物を使って、もしくは働く人本人が長時間道具を使って土を耕していたことを考えると、ブラックとかホワイトとかは相対的なものとも言えます。今までホワイトだったものがブラックに変わるオセロゲームみたいなもの。もしかしたら技術革新はブラックをホワイトに変え、ホワイトは時が経つとブラックになり、またそれを技術でホワイトに変える・・・永遠のイタチごっこなのかもしれません。と、いうことは技術そのものがそのサイクルを生み出しているとも考えられます。そこまで考えて、なんだか少し「どよ〜ん」という気持になってしまうのでした。

 

今日はここまでです。また明日!

 

 

1 2 3 4 5 6 10

サイト内の検索

お気に入りリンク

最近の記事

最新のコメント

  • 光や音で伝える、コミュニケーションを変える技術その3「日本を変えた千の技術博@国立科学博物館」へのコメント (hyoukou240mより[11/17]) おはようございます。
  • 光や音で伝える、コミュニケーションを変える技術その3「日本を変えた千の技術博@国立科学博物館」へのコメント (山葵より[11/16]) 左の木箱が誘導コイル
  • プロトタイプは韓国製!クボタ・コンバインDIONITH DR6130S(2019年新春、プルモデルチェンジ予定!)@ダイナミックフェア2018へのコメント (匿名より[11/03]) 訂正はしていますがこ
  • ほぼ半世紀前!三菱耕耘機カタログ「昔のカタログシリーズ」へのコメント (カントリーボーイより[10/29]) クボタの耕運機でコメ
  • ミニチュアはベター、フルサイズはベスト。1977(昭和52)年生まれ(多分)日の本ベストE28「撮りトラ」へのコメント (伊藤産業機械(株)より[10/24]) 日の本のMB型は、何
  • 四角いのはいいぞ!クボタトラクタM1-65・・・「撮りトラ」へのコメント (能宗 勇治より[10/22]) トラクターのヒッチの
  • L35R、でもL35としか書いていない。昭和42年(1967年)生まれクボタL35R「撮りトラ」へのコメント (ビリーより[10/19]) こんにちは、左のヤン
  • クルマじゃなくてトラクターそのもの「ウィリス・ジープ追加撮りトラ@土の館」へのコメント (匿名より[10/12]) これのエンジンは、ガ
  • 「お米たべてー!」TEAMはゼッケン8。#レッドブルボックスカートレース #redbullsoapboxraceへのコメント (H2より[10/10]) 今回は出走順を見つけ
  • 世界最速の『おにぎり』(多分)#レッドブルボックスカートレース #redbullsoapboxraceへのコメント (noraより[10/09]) 好きな具は昆布さん 
  • 「お米たべてー!」TEAMはゼッケン8。#レッドブルボックスカートレース #redbullsoapboxraceへのコメント (noraより[10/09]) H2さん こんにちは
  • さあ、仕上げよう!「お米たべてー!」TEAM、ボックスカートのつくりかた。#レッドブルボックスカートレース #redbullsoapboxraceへのコメント (noraより[10/09]) ゴンザリオさん こん
  • 佐藤造機デビッドブラウンDB770/880/990/1200・・・昔のトラクターカタログへのコメント (noraより[10/09]) hokaidouji
  • 世界最速の『おにぎり』(多分)#レッドブルボックスカートレース #redbullsoapboxraceへのコメント (好きな具は昆布より[10/08]) ファステストおめでと
  • 佐藤造機デビッドブラウンDB770/880/990/1200・・・昔のトラクターカタログへのコメント (I・ANDOより[10/08]) noraさんhoka
  • 「お米たべてー!」TEAMはゼッケン8。#レッドブルボックスカートレース #redbullsoapboxraceへのコメント (H2より[10/06]) ライブ配信はココです
  • さあ、仕上げよう!「お米たべてー!」TEAM、ボックスカートのつくりかた。#レッドブルボックスカートレース #redbullsoapboxraceへのコメント (ゴンザリオより[10/04]) お疲れ様です。 2
  • 佐藤造機デビッドブラウンDB770/880/990/1200・・・昔のトラクターカタログへのコメント (hokkaidoujinより[10/03]) noraさんando
  • 佐藤造機デビッドブラウンDB770/880/990/1200・・・昔のトラクターカタログへのコメント (hokaidoujinより[10/03]) noraさんさん御変
  • 第7章、街づくりを変える技術「日本を変えた千の技術博@国立科学博物館」へのコメント (noraより[10/03]) 山葵さん おはようご
  • タグクラウド

    クボタトラクター テーマからかなりはずれてるかも トラクターの話題や写真 撮り虎(撮りトラ) 水戸市大場町での米作り(コシヒカリ/飼料稲) 環境保全会活動の紹介や、予定など 農業機械