1 2 3 4 5 6 9

顔がボコッと外れるんだ!FIAT540「撮りトラ」

今日はhokkaidoujinさんの案内で行った中古屋さんで見た見た、フィアットトラクターFIAT540「撮りトラ」です。

 

tractordata.comによれば、1973年〜1978年。3気筒2.6リッターディーゼル54馬力/2600rpmとなっています。また、農研機構の安全鑑定はFIAT540DTが1976年の登録ですが、僕の見た機体は四輪駆動ではないので、これより前のものと思われます。社史、『久保田鉄工最近10年の歩み』ではFIAT640が1971年発売とありますので、この640と同時に1971年に発売された可能性もあります。

tractordata.comによれば、1973年〜1978年。3気筒2.6リッターディーゼル54馬力/2600rpmとなっています。また、農研機構の安全鑑定はFIAT540DTが1976年の登録ですが、僕の見た機体は四輪駆動ではないので、これより前のものと思われます。社史、『久保田鉄工最近10年の歩み』ではFIAT640が1971年発売とありますので、この640と同時に1971年に発売された可能性もあります。

それにしても、このFIAT、顔がボコッと外れちゃうんですね。なんだかおもしろいです。

 

わかりにくいですが、顔が外れる・・・のと同じくらい気に入ったのがココ。ウエィトがコンクリートの側溝のフタです。気休めにマイカ線で縛ってあるのもGOOD!

わかりにくいですが、顔が外れる・・・のと同じくらい気に入ったのがココ。ウエィトがコンクリートの側溝のフタです。気休めにマイカ線で縛ってあるのもGOOD!

 

このFIAT540は前進8段後進2段・・・そう、「8」マンでした。以前、なぜFIATの側面には「8」と書いてあるのか不思議に思っていたら皆さんにその理由を教えてもらったのでした。

このFIAT540は前進8段後進2段・・・そう、「8」マンでした。以前、なぜFIATの側面には「8」と書いてあるのか不思議に思い、皆さんにその理由を教えていただいたのでした。変速段数のことでしたね!

 

この機体は運転席左側の屋根に工具箱が独自にセットされています。実際に工具が入っていたのか、それともお菓子やお弁当を入れていたのかはわかりませんが・・・

この機体は運転席左側の屋根に工具箱が独自にセットされています。実際に工具が入っていたのか、それともお菓子やお弁当を入れていたのかはわかりませんが・・・

 

リヤタイヤの前には作物避けのヒゲが付いています。そういえばフロントタイヤの前にも何か付いています。管理作業に使われていたのでしょうね。

リヤタイヤの前には作物避けのヒゲが付いています。そういえばフロントタイヤの前にも何か付いています。管理作業に使われていたのでしょうね。

 

インパネのメーターは・・・

インパネのメーターは・・・

 

このメーカー(ブランド)Veglia Borlettiは、一番最初に『合併合併合併!スペリーニュー・ホランド クレイソンコンバイン8050』のアワーメーターで見かけました。

Veglia Borlettiです。このメーカーは一番最初に『合併合併合併!スペリーニュー・ホランド クレイソンコンバイン8050』のアワーメーターで見かけました。他にはFIAT450/550にも付いていました。

 

めちゃめちゃいい! ピストンの絵(白)の目盛が回転数、赤の軸の絵(PTO?)が軸の回転数を表しているんですね!! わかりやすいです。

FIAT640のメータで見てみましょう。 ピストンの絵(白)の目盛が回転数、赤の軸の絵(PTO?)が軸の回転数を表しているんですね!! わかりやすいです。

 

調べてみるとVeglia Borlettiはイタリアの自動車部品メーカーで、計器などは1930年代から50年代にかけて主にレースシーンで活躍していたみたいです。現在は先ほど紹介したSIEM同様、エルコレ・マニェーティとフィアットが共同出資した電装会社、マニエッティ・マレリ傘下にあるそうです。

 

計器類のJaeger(前述のクレイソンコンバイン8050やMF240など、ちょくちょく見かけます)もこのマニエッティ・マレリ仲間です。

 

Veglia Borlettiは同じFIATのクルマにもたくさん使われているみたいです。これはランチアのメーター(Wikipediaより)

Veglia Borlettiは同じFIATのクルマにもたくさん使われているみたいです。これはランチアのメーター(Wikipediaより)

 

Veglia Borlettiは元々Vegliaという名前で設立され、 Borlettiによる買収によりVeglia Borlettiと改名されました。その後、Magneti Marelliに買収されたのですね。

 

Veglia Borlettiのファンページなのでしょうか?Facebookページもあります。メーターの写真ばかりが並んでいてなかなかcool!

Veglia Borlettiのファンページなのでしょうか?Facebookページもあります。メーターの写真ばかりが並んでいてなかなかcool!

 

写真が少なくてごめんなさい。正月気分から早く抜け出さなくては・・・今日はこんなところです。また明日!

「8」マンの謎、解けました。クボタFIAT550/650/850昔のカタログ

今日はトラクター狂さんに送っていただいた昔のカタログシリーズ。1978年(昭和52年)あたり、クボタが扱っていたフィアットトラクターFIAT550/650/850のカタログです。

 

農研機構の登録ではFIAT850の登録が1976年にされています。また、tractordata.comによれば、FIAT550はFIAT3.1L4気筒ディーゼル55馬力、2400rpmとなっていました。

カタログタイトルは550-8/550-12となっています。また、『どうして?450も550も640も8(エイト)マン。FIAT450/550「撮りトラ」』の記事の時に疑問に思ったボディサイドの「8」はこの表紙写真でも確認できます。

農研機構の登録ではFIAT850の登録が1976年にされています。また、tractordata.comによれば、FIAT550はFIAT3.1L4気筒ディーゼル55馬力、2400rpmとなっていました。

 

tractordata.comによるとFIAT450は、1968年〜1981年。FIAT2.3リッター3気筒エンジンで、45馬力2400rpmとなっています。いかにも働きそうな四角い顔と正反対にも思える繊細で細かいグリル。今回気になっているのは大きさや機種を表す450と書かれた文字の下の「8」

tractordata.comによるとFIAT450は、1968年〜1981年。FIAT2.3リッター3気筒エンジンで、45馬力2400rpmとなっています。いかにも働きそうな四角い顔と正反対にも思える繊細で細かいグリル。今回気になっているのは大きさや機種を表す450と書かれた文字の下の「8」これはいったい何??と思ったのでした。

 

うっすらと見える「550」の数字に下にはやっぱり「8」

うっすらと見える「550」FIAT550の数字に下にはやっぱり「8」

 

この写真を拡大してみると、手前も奥も「8」なのがわかります。640も550も450も「8」。みんなみんな8マン。これはいったい何を表しているのだろうか・・・

FIAT640も550も450も「8」。みんなみんな8マン。

 

クボタで扱っていたFIAT550-8/550-12のスペックは・・・ エンジン4サイクル水冷ディーゼル シリンダ数 4 内径×工程mm 95×110 総行程容積cc 3119 出力ps 55 回転速度rpm 2400 圧縮比 17.0:1 燃焼形式 直接噴射式 使用燃料 クボタディーゼル重油またはディーゼル軽油 潤滑方式 強制圧送潤滑 冷却方式 水冷(サーモスタット付き) 始動方式 セルスタート とあります。さらに見てみるとこのFIAT550-8/550-12の違いは変速段数にあるようで、ボディサイドに書かれた「8」は8速を表していたのです(Facebookのほうでも教えてもらっていました)。ということは、まだ見たことはないですがボディサイドに「12」と書かれた機体も存在するということになりますよね!

クボタで扱っていたFIAT550-8/550-12のスペックは・・・

エンジン 4サイクル水冷ディーゼル
シリンダ数 4
内径×工程mm 95×110
総行程容積cc 3119
出力ps 55
回転速度rpm 2400
圧縮比 17.0:1
燃焼形式 直接噴射式
使用燃料 クボタディーゼル重油またはディーゼル軽油
潤滑方式 強制圧送潤滑
冷却方式 水冷(サーモスタット付き)
始動方式 セルスタート

とあります。さらに見てみるとこのFIAT550-8/550-12の違いは変速段数にあるようで、ボディサイドに書かれた「8」「8速」を表していたのです(Facebookのほうでも教えてもらっていました)。ということは、まだ見たことはないですがボディサイドに「12」と書かれた機体も存在するということになりますよね!

 

そして気になったのはもう一つ・・・カタログの隅に「フィアットトラクターはローデシアで開催された43年度ワールドプラウコンテストで、見事に優勝」と書かれた文字。そんなのあるんですねえ・・・

そして気になったのはもう一つ・・・カタログの隅に「フィアットトラクターはローデシアで開催された43年度ワールドプラウコンテストで、見事に優勝」と書かれた文字。そんなのあるんですねえ・・・

 

調べてみるとWorld Ploughing Organisation(世界耕作機関?)という1952年創立の組織があって、1953年から耕作技術の進歩のために競技を開催しているみたいなのです。

調べてみるとWorld Ploughing Organisation(世界耕作機関?)という1952年創立の組織があって、1953年から耕作技術の進歩のために競技を開催しているみたいなのです。

 

競技の様子も公開されていました。

競技の様子も公開されていました。

 

ひや〜〜〜〜キレイですねえ・・・チョコレートのようです。

ひや〜〜〜〜キレイですねえ・・・チョコレートのようです。

 

審判員がこのようにできばえや鋤のチェックをするのでしょう。歴代の優勝者を見たりしたのですが、この競技はトラクターの性能というよりも、トラクターと鋤を使った競技者の「腕」を競うもののようで、優勝したから即トラクターが素晴らしい・・・となるような性格のものではなさそうです。

審判員がこのようにできばえや鋤のチェックをするのでしょう。歴代の優勝者を見たりしたのですが、この競技はトラクターの性能というよりも、トラクターと鋤を使った競技者の「腕」を競うもののようで、優勝したから即トラクターが素晴らしい・・・となるような性格のものではなさそうです。興味のある方はルールブックが公開されているのでそちらをどうぞ!

 

ローデシアで開催され、このFIATが優勝した1968年、大会を記念して切手が発行されたようです。大変なものですね!

ローデシアで開催され、このFIATが優勝した1968年、大会を記念して切手が発行されたようです。大変なものですね!

 

FIAT650カタログの表紙です。これにはボディサイドの数字がありません。

FIAT650カタログの表紙です。これにはボディサイドの数字がありません。

 

クボタで扱っていたFIAT650のスペックは・・・ エンジン4サイクル水冷ディーゼル シリンダ数 3 内径×工程mm 110×130 総行程容積cc 3701 出力ps 65 回転速度rpm 2200 圧縮比 17.4:1 燃焼形式 直接噴射式 使用燃料 ディーゼル軽油 潤滑方式 強制圧送潤滑 冷却方式 水冷(サーモスタット付き) 始動方式 セルスタート とあります。変速段数は前進7段後進1段きりで、650に限っては1種類しかないので「7」とは書かなかったのだ・・・と想像します。

クボタで扱っていたFIAT650のスペックは・・・

エンジン 4サイクル水冷ディーゼル
シリンダ数 3
内径×工程mm 110×130
総行程容積cc 3701
出力ps 65
回転速度rpm 2200
圧縮比 17.4:1
燃焼形式 直接噴射式
使用燃料 ディーゼル軽油
潤滑方式 強制圧送潤滑
冷却方式 水冷(サーモスタット付き)
始動方式 セルスタート

とあります。変速段数は前進7段後進1段きりで、650に限っては1種類しかないので「7」とは書かなかったのだ・・・と想像します。

 

そして最後はFIAT850・・・これにもサイドの数字はありません。そのかわり、850と850Lの2種あるようです。どう違うのでしょうか?

そして最後はFIAT850・・・これにもサイドの数字はありません。そのかわり、850と850Lの2種あるようです。どう違うのでしょうか?

 

細かい文字が読めなくて残念ですが、850Lの「L」はlow speedの「L」のようです。クリープか何かが付いていたのかもしれません。エンジンは内径×工程110×130の気筒が6つ。89馬力だったそうです。

細かい文字が読めなくて残念ですが、850Lの「L」はlow speedの「L」のようです。クリープか何かが付いていたのかもしれません。エンジンは内径×工程110×130の気筒が6つ。89馬力だったそうです。

 

時間がなくなってしまいました。今日はここまで。また明日!

 

 

1 2 3 4 5 6 9

サイト内の検索

お気に入りリンク

最近の記事

最新のコメント

  • このカタログの表紙最高!KIMCO574HS/465/455「昔のカタログ」へのコメント (hyoukou240mより[01/23]) HSではなく、HST
  • このカタログの表紙最高!KIMCO574HS/465/455「昔のカタログ」へのコメント (山葵より[01/22]) すっかり遅くなりまし
  • 佐藤造機デビッドブラウンDB770/880/990/1200・・・昔のトラクターカタログへのコメント (I・ANDOより[01/20]) noraさんhoka
  • 1977年SD4000AD-0は2台目こちらはPower Steering「撮りトラ」へのコメント (noraより[01/20]) 匿名さん こんにちは
  • 1977年SD4000AD-0は2台目こちらはPower Steering「撮りトラ」へのコメント (匿名より[01/20]) すみません。質問なん
  • DAKAR2019始まっていますへのコメント (H2より[01/14]) また例のウイルス広告
  • 佐藤造機デビッドブラウンDB770/880/990/1200・・・昔のトラクターカタログへのコメント (hokkaidoujinより[01/14]) 追伸  それと、e
  • 佐藤造機デビッドブラウンDB770/880/990/1200・・・昔のトラクターカタログへのコメント (hokkaidoujinより[01/14]) noraさんando
  • DAKAR2019始まっていますへのコメント (おじまより[01/13]) IVECO,CASE
  • 1974年生まれ。業界初の4輪駆動というのだけど、ちょっと違うかも・・・ヤンマーYM1300D「撮りトラ」へのコメント (木田ヤスオより[01/13]) おはようございます。
  • 長寿命化、工事のための現調をしてきました。2018へのコメント (noraより[01/12]) H2さん こんにちは
  • YM1300Dは藤井製作所の血を引いているのじゃないか?物語。YM1300D「撮りトラ」へのコメント (noraより[01/12]) Blue_Buffa
  • 1974年生まれ。業界初の4輪駆動というのだけど、ちょっと違うかも・・・ヤンマーYM1300D「撮りトラ」へのコメント (noraより[01/12]) 木田さん こんにちは
  • あけましておめでとうございます!へのコメント (noraより[01/12]) おじまさん 明けまし
  • 佐藤造機デビッドブラウンDB770/880/990/1200・・・昔のトラクターカタログへのコメント (noraより[01/12]) hokkaidouj
  • 長寿命化、工事のための現調をしてきました。2018へのコメント (H2より[01/11]) 平地は畔が低くていい
  • YM1300Dは藤井製作所の血を引いているのじゃないか?物語。YM1300D「撮りトラ」へのコメント (Blue_Buffaloより[01/05])  おめでとうございま
  • 1974年生まれ。業界初の4輪駆動というのだけど、ちょっと違うかも・・・ヤンマーYM1300D「撮りトラ」へのコメント (木田ヤスオより[01/03]) どうもです。
  • あけましておめでとうございます!へのコメント (おじまより[01/01]) 明けましておめでとう
  • 佐藤造機デビッドブラウンDB770/880/990/1200・・・昔のトラクターカタログへのコメント (hokkaidoujinより[12/30]) noraさんando
  • タグクラウド

    クボタトラクター トラクターの話題や写真 撮り虎(撮りトラ) 水戸市大場町での米作り(コシヒカリ/飼料稲) 環境保全会活動の紹介や、予定など 米作り(コシヒカリ/飼料稲)動画記事 農業機械