1 2 3 4 5 6 9

「8」マンの謎、解けました。クボタFIAT550/650/850昔のカタログ

今日はトラクター狂さんに送っていただいた昔のカタログシリーズ。1978年(昭和52年)あたり、クボタが扱っていたフィアットトラクターFIAT550/650/850のカタログです。

 

農研機構の登録ではFIAT850の登録が1976年にされています。また、tractordata.comによれば、FIAT550はFIAT3.1L4気筒ディーゼル55馬力、2400rpmとなっていました。

カタログタイトルは550-8/550-12となっています。また、『どうして?450も550も640も8(エイト)マン。FIAT450/550「撮りトラ」』の記事の時に疑問に思ったボディサイドの「8」はこの表紙写真でも確認できます。

農研機構の登録ではFIAT850の登録が1976年にされています。また、tractordata.comによれば、FIAT550はFIAT3.1L4気筒ディーゼル55馬力、2400rpmとなっていました。

 

tractordata.comによるとFIAT450は、1968年〜1981年。FIAT2.3リッター3気筒エンジンで、45馬力2400rpmとなっています。いかにも働きそうな四角い顔と正反対にも思える繊細で細かいグリル。今回気になっているのは大きさや機種を表す450と書かれた文字の下の「8」

tractordata.comによるとFIAT450は、1968年〜1981年。FIAT2.3リッター3気筒エンジンで、45馬力2400rpmとなっています。いかにも働きそうな四角い顔と正反対にも思える繊細で細かいグリル。今回気になっているのは大きさや機種を表す450と書かれた文字の下の「8」これはいったい何??と思ったのでした。

 

うっすらと見える「550」の数字に下にはやっぱり「8」

うっすらと見える「550」FIAT550の数字に下にはやっぱり「8」

 

この写真を拡大してみると、手前も奥も「8」なのがわかります。640も550も450も「8」。みんなみんな8マン。これはいったい何を表しているのだろうか・・・

FIAT640も550も450も「8」。みんなみんな8マン。

 

クボタで扱っていたFIAT550-8/550-12のスペックは・・・ エンジン4サイクル水冷ディーゼル シリンダ数 4 内径×工程mm 95×110 総行程容積cc 3119 出力ps 55 回転速度rpm 2400 圧縮比 17.0:1 燃焼形式 直接噴射式 使用燃料 クボタディーゼル重油またはディーゼル軽油 潤滑方式 強制圧送潤滑 冷却方式 水冷(サーモスタット付き) 始動方式 セルスタート とあります。さらに見てみるとこのFIAT550-8/550-12の違いは変速段数にあるようで、ボディサイドに書かれた「8」は8速を表していたのです(Facebookのほうでも教えてもらっていました)。ということは、まだ見たことはないですがボディサイドに「12」と書かれた機体も存在するということになりますよね!

クボタで扱っていたFIAT550-8/550-12のスペックは・・・

エンジン 4サイクル水冷ディーゼル
シリンダ数 4
内径×工程mm 95×110
総行程容積cc 3119
出力ps 55
回転速度rpm 2400
圧縮比 17.0:1
燃焼形式 直接噴射式
使用燃料 クボタディーゼル重油またはディーゼル軽油
潤滑方式 強制圧送潤滑
冷却方式 水冷(サーモスタット付き)
始動方式 セルスタート

とあります。さらに見てみるとこのFIAT550-8/550-12の違いは変速段数にあるようで、ボディサイドに書かれた「8」「8速」を表していたのです(Facebookのほうでも教えてもらっていました)。ということは、まだ見たことはないですがボディサイドに「12」と書かれた機体も存在するということになりますよね!

 

そして気になったのはもう一つ・・・カタログの隅に「フィアットトラクターはローデシアで開催された43年度ワールドプラウコンテストで、見事に優勝」と書かれた文字。そんなのあるんですねえ・・・

そして気になったのはもう一つ・・・カタログの隅に「フィアットトラクターはローデシアで開催された43年度ワールドプラウコンテストで、見事に優勝」と書かれた文字。そんなのあるんですねえ・・・

 

調べてみるとWorld Ploughing Organisation(世界耕作機関?)という1952年創立の組織があって、1953年から耕作技術の進歩のために競技を開催しているみたいなのです。

調べてみるとWorld Ploughing Organisation(世界耕作機関?)という1952年創立の組織があって、1953年から耕作技術の進歩のために競技を開催しているみたいなのです。

 

競技の様子も公開されていました。

競技の様子も公開されていました。

 

ひや〜〜〜〜キレイですねえ・・・チョコレートのようです。

ひや〜〜〜〜キレイですねえ・・・チョコレートのようです。

 

審判員がこのようにできばえや鋤のチェックをするのでしょう。歴代の優勝者を見たりしたのですが、この競技はトラクターの性能というよりも、トラクターと鋤を使った競技者の「腕」を競うもののようで、優勝したから即トラクターが素晴らしい・・・となるような性格のものではなさそうです。

審判員がこのようにできばえや鋤のチェックをするのでしょう。歴代の優勝者を見たりしたのですが、この競技はトラクターの性能というよりも、トラクターと鋤を使った競技者の「腕」を競うもののようで、優勝したから即トラクターが素晴らしい・・・となるような性格のものではなさそうです。興味のある方はルールブックが公開されているのでそちらをどうぞ!

 

ローデシアで開催され、このFIATが優勝した1968年、大会を記念して切手が発行されたようです。大変なものですね!

ローデシアで開催され、このFIATが優勝した1968年、大会を記念して切手が発行されたようです。大変なものですね!

 

FIAT650カタログの表紙です。これにはボディサイドの数字がありません。

FIAT650カタログの表紙です。これにはボディサイドの数字がありません。

 

クボタで扱っていたFIAT650のスペックは・・・ エンジン4サイクル水冷ディーゼル シリンダ数 3 内径×工程mm 110×130 総行程容積cc 3701 出力ps 65 回転速度rpm 2200 圧縮比 17.4:1 燃焼形式 直接噴射式 使用燃料 ディーゼル軽油 潤滑方式 強制圧送潤滑 冷却方式 水冷(サーモスタット付き) 始動方式 セルスタート とあります。変速段数は前進7段後進1段きりで、650に限っては1種類しかないので「7」とは書かなかったのだ・・・と想像します。

クボタで扱っていたFIAT650のスペックは・・・

エンジン 4サイクル水冷ディーゼル
シリンダ数 3
内径×工程mm 110×130
総行程容積cc 3701
出力ps 65
回転速度rpm 2200
圧縮比 17.4:1
燃焼形式 直接噴射式
使用燃料 ディーゼル軽油
潤滑方式 強制圧送潤滑
冷却方式 水冷(サーモスタット付き)
始動方式 セルスタート

とあります。変速段数は前進7段後進1段きりで、650に限っては1種類しかないので「7」とは書かなかったのだ・・・と想像します。

 

そして最後はFIAT850・・・これにもサイドの数字はありません。そのかわり、850と850Lの2種あるようです。どう違うのでしょうか?

そして最後はFIAT850・・・これにもサイドの数字はありません。そのかわり、850と850Lの2種あるようです。どう違うのでしょうか?

 

細かい文字が読めなくて残念ですが、850Lの「L」はlow speedの「L」のようです。クリープか何かが付いていたのかもしれません。エンジンは内径×工程110×130の気筒が6つ。89馬力だったそうです。

細かい文字が読めなくて残念ですが、850Lの「L」はlow speedの「L」のようです。クリープか何かが付いていたのかもしれません。エンジンは内径×工程110×130の気筒が6つ。89馬力だったそうです。

 

時間がなくなってしまいました。今日はここまで。また明日!

 

 

どうして?450も550も640も8(エイト)マン。FIAT450/550「撮りトラ」

今日はhokkaidoujinさんの案内で行った中古屋さんで見た見た、フィアットトラクターFIAT450/550「撮りトラ」です。

 

まずはFIAT450から。農研機構の登録を探してみると450も550も直接探すことはできませんでした。ただ、850が1976年、880が1977年、980が1981年の登録・・・ということで、1970年代後半なのでしょう。そういえば農研機構のサイト、ブックマークから行けなくなって苦労しました。「ページの自動転送設定が正しくありません」と出てきてしまうんです。「リクエストに対するサーバの自動転送設定がループしています。」とも書かれていて、アドレスバーを見ると確かにループしています。少し整理してアドレスが変わってしまったのかな・・・探している方はこちらからどうぞ!

まずはFIAT450から。農研機構の登録を探してみると450も550も直接探すことはできませんでした。ただ、850が1976年、880が1977年、980が1981年の登録・・・ということで、1970年代後半なのでしょう。FIATの登録はクボタや大倉商事(+大倉商事株式会社大阪支店)、それからニューホランドなどによっても行なわれていて、代理店は一定していなかったことがわかります。

そういえば農研機構のサイト、ブックマークから行けなくなって苦労しました。「ページの自動転送設定が正しくありません」と出てきてしまうんです。「リクエストに対するサーバの自動転送設定がループしています。」とも書かれていて、アドレスバーを見ると確かにループしています。少し整理してアドレスが変わってしまったのかな・・・探している方はこちらからどうぞ!

 

tractordata.comによるとFIAT450は、1968年〜1981年。FIAT2.3リッター3気筒エンジンで、45馬力2400rpmとなっています。いかにも働きそうな四角い顔と正反対にも思える繊細で細かいグリル。今回気になっているのは大きさや機種を表す450と書かれた文字の下の「8」

tractordata.comによるとFIAT450は、1968年〜1981年。FIAT2.3リッター3気筒エンジンで、45馬力2400rpmとなっています。いかにも働きそうな四角い顔と正反対にも思える繊細で細かいグリル。今回気になっているのは大きさや機種を表す450と書かれた文字の下の「8」これはいったい何??

 

そしてこちらはFIAT550。屋根付きですね!tractordata.comによるとFIAT550は、1968年〜1978年。誕生が同じ頃ですから450/550は兄弟なのでしょうね。そしてエンジンはFIAT4気筒3.1リッターディーゼル、55馬力/2400rpmとなっています。

そしてこちらはFIAT550。屋根付きですね!tractordata.comによるとFIAT550は、1968年〜1978年。誕生が同じ頃ですから450/550は兄弟なのでしょうね。そしてエンジンはFIAT4気筒3.1リッターディーゼル、55馬力/2400rpmとなっています。

 

うっすらと見える「550」の数字に下にはやっぱり「8」

うっすらと見える「550」の数字に下にはやっぱり「8」

 

 

この写真を拡大してみると、手前も奥も「8」なのがわかります。640も550も450も「8」。みんなみんな8マン。これはいったい何を表しているのだろうか・・・

この写真を拡大してみると、手前も奥も「8」なのがわかります。640も550も450も「8」。みんなみんな8マン。これはいったい何を表しているのだろうか・・・

 

外国の例をざっと調べてみました。こちらはFIAT640・・・「」08の文字は見当たりません。

外国の例をざっと調べてみました。こちらはFIAT640・・・「8」の文字は見当たりません。

 

こちらはFIAT450・・・やっぱり「8」はありませんねえ・・・

こちらはFIAT450・・・やっぱり「8」はありませんねえ・・・

 

こちらはFIAT550。これにも「8」はありません。他にも写真をかなり探したのですが「8」を見つけられませんでした。もしかしたら日本仕様という意味なのかもしれませんね!

こちらはFIAT550。これにも「8」はありません。他にも写真をかなり探したのですが「8」を見つけられませんでした。もしかしたら「8」は日本仕様という意味なのかもしれませんね!

次に気になったのはヘッドライト

 

今まで見た中でも最強のヘッドライトではないでしょうか? アルミの鋳物製でボディと共通性のある四角丸いデザイン。ちゃんとツバまでついている上に、サイドにはウインカーまで・・・(上の海外のFIATたちの写真をみると、このウインカーは日本独自の装備のようですが・・・)

今まで見た中でも最強のヘッドライトではないでしょうか? アルミの頑丈な鋳物製で、サイドにはウインカーまで・・・(上の海外のFIATたちの写真をみると、このウインカーは日本独自の装備のようですが・・・)

 

ウインカー部分、拡大してみるとなかなかステキ! これはプラスネジを一つ外すだけでタマ交換できそうです。きっとプラスネジも落ちないよう工夫されていそう。すごく使いやすそうなウインカーです。さすが日本仕様(もう決めつけてますが・・・)

ウインカー部分、拡大してみるとなかなかステキ! レンズがガラスだったらもっとカッコいいのですが、そこまで確認していません。これはプラスネジを一つ外すだけでタマ交換できそうです。きっとプラスネジも落ちないよう工夫されていそう。すごく使いやすそうなウインカーです。さすが日本仕様(もう決めつけてますが・・・)

 

ボディと共通性のある四角丸いデザイン。ちゃんとツバまでついています。

ボディと共通性のある四角丸いデザイン。ちゃんとツバまでついています。

 

カッコいいので何枚も写真撮ってます。

カッコいいので何枚も写真撮ってます。ヘッドランプはどこ製かな?

 

このアルミのライトケース、イタリア製です。SIEM TRINO 現在はMAGNET MARLLIのグループ参加にあるメーカー(ブランド)です。

このアルミのライトケース、イタリア製です。SIEM TRINO 現在はMAGNET MARLLIのグループ参加にあるメーカー(ブランド)です。ヘッドランプも同じくSIEMですね。

 

シエム(Siem)は『電装品が味わい深い フィアットトラクターFIAT211R・・・「撮りトラ」その3』の記事で見かけたイタリアのランプメーカーです。

 

(さらに…)

1 2 3 4 5 6 9

サイト内の検索

お気に入りリンク

最近の記事

最新のコメント

  • 佐藤造機デビッドブラウンDB770/880/990/1200・・・昔のトラクターカタログへのコメント (hokaidoujinより[11/19]) noraさんando
  • クボタトラクターM8030「撮りトラ」ついでにM30/M50/M70シリーズ比較へのコメント (坂本 武司より[11/16]) こんばんは、クボタM
  • New Holland TM190とTM140見た目比較「撮りトラ@スガノ農機」へのコメント (象印より[11/16]) 外国等では装備やパタ
  • システムとマチックのせめぎ合い。60年代のイセキ(ZETOR)TZ5511/TZ4511/TZ3511「昔のカタログ」へのコメント (山葵より[11/15]) 5シリーズの場合だと
  • いってきまーす!へのコメント (象印より[11/15]) 外国等では装備やパタ
  • New Holland TM190とTM140見た目比較「撮りトラ@スガノ農機」へのコメント (noraより[11/15]) 象印さん おはようご
  • 佐藤造機デビッドブラウンDB770/880/990/1200・・・昔のトラクターカタログへのコメント (I・ANDOより[11/14]) noraさんhoka
  • New Holland TM190とTM140見た目比較「撮りトラ@スガノ農機」へのコメント (象印より[11/11]) シルバージュビリー日
  • 自家製?それとも売ってた? フォード・ムスタング3910「撮りトラ」へのコメント (noraより[11/06]) 黒しちさん おはよう
  • 自家製?それとも売ってた? フォード・ムスタング3910「撮りトラ」へのコメント (noraより[11/06]) 象印さん おはようご
  • 自家製?それとも売ってた? フォード・ムスタング3910「撮りトラ」へのコメント (noraより[11/06]) 山葵さん おはようご
  • 自家製?それとも売ってた? フォード・ムスタング3910「撮りトラ」へのコメント (黒しちさんより[11/05]) 北海道ですが現在でも
  • 自家製?それとも売ってた? フォード・ムスタング3910「撮りトラ」へのコメント (象印より[11/05]) 初めまして!十数年前
  • 自家製?それとも売ってた? フォード・ムスタング3910「撮りトラ」へのコメント (山葵より[11/05]) シンプルな変速機や外
  • 佐藤造機デビッドブラウンDB770/880/990/1200・・・昔のトラクターカタログへのコメント (hokkaidoujinより[11/05]) 追伸  劉連人さん
  • 佐藤造機デビッドブラウンDB770/880/990/1200・・・昔のトラクターカタログへのコメント (hokkaidoujinより[11/05]) noraさんando
  • やっぱりカタログは60年代!イセキ(ZETOR)TZ5511/TZ4511/TZ3511「昔のカタログ」へのコメント (山葵より[11/02]) カタログ通り、エンジ
  • 大きな船を支える縁の下の力持ち的小さな船を見つけた!へのコメント (noraより[10/29]) 山葵さん こんばんは
  • 1977年SD4000AD-0は2台目こちらはPower Steering「撮りトラ」へのコメント (noraより[10/29]) 山葵さん こんばんは
  • 佐藤造機デビッドブラウンDB770/880/990/1200・・・昔のトラクターカタログへのコメント (noraより[10/29]) ANDOさん こんば
  • タグクラウド

    クボタトラクター トラクターの話題や写真 撮り虎(撮りトラ) 水戸市大場町での米作り(コシヒカリ/飼料稲) 環境保全会活動の紹介や、予定など 米作り(コシヒカリ/飼料稲)動画記事 農業機械