Homeに戻る > 手描きロゴのベラルーシMTZ-82S「撮りトラ」その2

手描きロゴのベラルーシMTZ-82S「撮りトラ」その2

朝他のことに時間を使ってしまったので、もう時間がありません。詳細は明日以降。今日の「撮りトラ」は、hokkaidoujinさんの案内で見た、当時共産圏だったベラルーシ製のトラクター、ベラルーシMTZ-82Sです。

とりあえず前回のおさらいから・・・

————————————————

tractordata.comによれば、ベラルーシMTZ-82は1975年〜1977年ベラルーシのミンスク生まれ。水冷4気筒4.7Lディーゼル80馬力/2200rpm。MTZ-80が二駆で、MTZ-82が四駆のようです。僕が見たMTZ-82Sは(エス)は載っていなかったのですが、スペシャルのSかなあ・・・

tractordata.comによれば、ベラルーシMTZ-82は1975年〜1977年ベラルーシのミンスク生まれ。水冷4気筒4.7Lディーゼル80馬力/2200rpm。MTZ-80が二駆で、MTZ-82が四駆のようです。僕が見たMTZ-82Sは(エス)は載っていなかったのですが、スペシャルのSかなあ・・・

1975年〜1977年(日本に入ってきたのはもっと後かもしれませんが)といえばヰセキのTS2810とかヤンマーならYM2210とか・・・クボタならブルトラですね。

その頃にこのマシンだとしたら画期的ですよね。ホント、「マシン」と呼ぶのがぴったりです。

おもしろいのはエンジンフード横に書かれているロゴというか、型番がペンキで手描きだということです。しかもためらいのない一本の刷毛痕で、間違いなくプロの仕事。

もちろん、日々使ううちに薄れてしまった文字を悲しんだ日本のオーナーが、プロに頼んで描き直してもらった・・・という線も考えられます。

でも、僕はミステリアスな鉄のカーテンの向こうの共産圏で、国家公務員の職人が一台一台手描きしていた・・・と考えたいです。一日10台くらいをウォッカ片手にやってるイメージ・・・

————————————————

tractordata.comによれば、ベラルーシMTZ-82は1975年〜1977年ベラルーシのミンスク生まれ。水冷4気筒4.7Lディーゼル80馬力/2200rpm。MTZ-80が二駆で、MTZ-82が四駆のようです。僕が見たMTZ-82Sは(エス)は載っていなかったのですが、スペシャルのSかなあ・・・

ステッカーがとれてしまったので描き直した? そうかもしれません。1970年代中盤から後半当時、民間で簡単にステッカーを作るのは難しかったと思われますから・・・

tractordata.comによれば、ベラルーシMTZ-82は1975年〜1977年ベラルーシのミンスク生まれ。水冷4気筒4.7Lディーゼル80馬力/2200rpm。MTZ-80が二駆で、MTZ-82が四駆のようです。僕が見たMTZ-82Sは(エス)は載っていなかったのですが、スペシャルのSかなあ・・・

この仕事はシロウトじゃないです。まずためらいがない。直線部分は平筆一発で引いています。

tractordata.comによれば、ベラルーシMTZ-82は1975年〜1977年ベラルーシのミンスク生まれ。水冷4気筒4.7Lディーゼル80馬力/2200rpm。MTZ-80が二駆で、MTZ-82が四駆のようです。僕が見たMTZ-82Sは(エス)は載っていなかったのですが、スペシャルのSかなあ・・・

やっぱり工場生産時にたくさんの文字描き職人が1台1台手描きしていたことにしたいなあ・・・

tractordata.comによれば、ベラルーシMTZ-82は1975年〜1977年ベラルーシのミンスク生まれ。水冷4気筒4.7Lディーゼル80馬力/2200rpm。MTZ-80が二駆で、MTZ-82が四駆のようです。僕が見たMTZ-82Sは(エス)は載っていなかったのですが、スペシャルのSかなあ・・・

エンジンについていた銘板

その銘板には

ДВИГАТЕЛЬ Д-240
ЗABOДCKOЙ N゜

とあります。

グーグル先生に聞いてみると、ДВИГАТЕЛЬはエンジン。Д-240はD-240。ЗABOДCKOЙ N゜は工場とか事故とか色々出てきますが、多分製造ナンバーと言ったところでしょう。

つまり

発動機 D-240 製造番号◯◯◯◯・・・と、トラクターでよく見かけるプレートということになります。

cccpはソビエト社会主義共和国連邦のロシア語表記による略称なので、文字をはさんだ左側のカモメのマークみたいなものはベラルーシのマークなのかな。

調べてみたらベラルーシのエンジンメーカーみたいです。

調べてみたらベラルーシのエンジンメーカーみたいです。

「ミンスク・モーター・プラント」ホールディング・マネージメント・カンパニーは、ベラルーシ最大の企業であり、CIS(旧ソ連邦)の現代のディーゼル・エンジンの大手メーカーであり、トラクターとコンバイン・ハーベスターアプリケーション。 私たちのエンジンは、トラクター、コンバインハーベスター、トラック、バス、オープン鉱山機械、農業、工業、建設、道路建設、林業およびその他の特殊機械に使用されています。

だそうです。

上の記事とゆるく関連しているほかの記事:

コメント

これが日本で使われてるの?

2017年11月2日 10:32 AM | D

Dさん こんにちは
さすがフロンティア、北海道に入っていたらしいんです
もちろん多くはなかったみたいですけど
この機体もまだまだ動きそうでしたよ

2017年11月2日 11:25 AM | nora

コメントの投稿

* コメントフィード

トラックバックURL: http://oba-shima.mito-city.com/2017/11/02/belarus_mtz-82s-2/trackback/