Homeに戻る > 今も生きている「シオマネキ思想」

今も生きている「シオマネキ思想」

この間の『MF165+昔のフロントローダー → 昔のビックリなローダー「撮りトラ」』で774さんカラコメントをいただきました。

こんばんは
シオマネキ思想は今もちゃんと?生きてるのですよ。
https://www.jcb.com/en-us/products/skid-steer-loader/155
トラクターも作っているJCBという建機メーカーではいわゆるボブキャットローダーを片持ちで作り続けています。
主流なやり方ではないのですがキャビンへのアクセスがしやすくなるメリットもあるのです。
実際の使い勝手はわかりませんが見るだけのものにとってはこのようなイレギュラーな存在は面白いですね。

こんなお話

もともとはMF165のフロントローダーからでしたが、色々ローダーを見ているうちに片持ちの「シオマネキ」みたいでユニークなローダーを見つけたというお話でした。

なんと片持ちのローダー!バケットを動かすのはワイヤー。

なんともアンバランスで不安になります。まるでシオマネキ。

これならシリンダーは一つで済みますけど・・・これは油圧が足らないからこうなったのか、油圧シリンダーが高価だからこうなったのか・・・なんともアンバランスで不安になります。まるでシオマネキ。

でも、774さんがコメントで指摘してくれたように、こちら側からだったら普通のトラクターと何ら変わらない感じで乗り込むことができます。

こいつも普通に自然界に存在して、やっていけているんだから、見た目不安でも別に問題ないのか・・・

シオマネキは確かこの大きなハサミがメスにアピールする・・・という理由でしたかね・・・両方大きけりゃもっとアピールすると思うのですが、きっとそれでは普通に歩いたり、食事ができなくなっちゃうんでしょうね。

こんな感じかな〜

ただ単に片一方が大きいというだけでこの「シオマネキ」に例えるのは少しムリがあったかもしれません。でも、第一印象がそうだったので「シオマネキ」にしておきます。

さっそく調べてみました

スキッドステアローダー(ボブキャット=Bobcat)のイメージは両手ですが、これは片手の片持ちです。確かにドアが付いていて乗り込みやすそう!

スキッドステアローダー(ボブキャット=Bobcat)のイメージは両手ですが、これは片手の片持ちです。確かにドアが付いていて乗り込みやすそう!

片持ちですから「シオマネキ」のフロントローダーと同じく腕が太いです。

片持ちですから「シオマネキ」のフロントローダーと同じく腕が太いです。

一方、フツーのスキッドステアローダー(ボブキャット=Bobcat)は片持ちではなく、両持ちです。

こちらはフツーのスキッドステアローダー(これは本家本元のボブキャットですね)は片持ちではなく、両持ちです。

ちいさいくせに、アタッチメントを換えて色々な用途に使えるみたいです。

ちいさいくせに、アタッチメントを換えて色々な用途に使えるみたいです。

これなんか穴が掘れそう。

これなんか穴が掘れそう。

これはコンクリートミキサーが先っちょに付いてます。コンクリ作りながら走って、好きなところに投入できるって感じでしょうか?

これはコンクリートミキサーが先っちょに付いてます。コンクリ作りながら走って、好きなところに投入できるって感じでしょうか?

今まではコンパクトな土砂を運ぶキカイ・・・という僕の認識でしたが、もう少し使い道が広そうです。

・・・ん? これってどうやって乗るんだ?

一方、フツーのスキッドステアローダー(ボブキャット=Bobcat)は片持ちではなく、両持ちです。

もう一度この写真に戻ります。ローダーのアームが両脇にあって、しかも油圧のシリンダーもあって・・・少なくとも普通のトラクターみたいにドアを開けて乗ることができません。

運転席の写真を探してみました。正面にはガラスがなく、座席の足元にはすべり止めのザラザラが付いています。バケットをまたいで前から乗り込むんだ!!めんどくさー。

運転席の写真を探してみました。正面にはガラスがなく、座席の足元にはすべり止めのザラザラが付いています。バケットをまたいで前から乗り込むんだ!!めんどくさー。

コンパクトで、便利なキカイですけど、こういうところをある意味割り切って犠牲?にしているんです。「シオマネキ」にもビックリしましたけど、よく見るとこっちの思想もなかなかユニーク。

運転席から外方向を見た写真も探してみました。思ったよりメカメカしく、ワクワクするようなコックピット!これはガラスのあるタイプですね。正面にドアがありがとうございます、開け乗り込むようです。乗り込むのにジャマなレバー類は左右にどかされ、メーターなどは上や横にどかされています。しかし狭いなあ。

運転席から外方向を見た写真も探してみました。思ったよりメカメカしく、ワクワクするようなコックピット!これはガラスのあるタイプですね。正面にドアがありがとうございます、開け乗り込むようです。乗り込むのにジャマなレバー類は左右にどかされ、メーターなどは上や横にどかされています。しかし狭いなあ。

こちらは「シオマネキ思想」の片持ちスキッドステアローダー(ボブキャット=Bobcat)の運転席の写真。中から見るとごくごく普通です。「シオマネキ思想」は運転者優先の思想だったのです。

こちらは「シオマネキ思想」の片持ちスキッドステアローダー(ボブキャット=Bobcat)の運転席の写真。中から見るとごくごく普通です。「シオマネキ思想」は運転者優先の思想だったのです。

スキッドステアローダー(ボブキャット=Bobcat)は軍隊でも使われている

WEBをさまよっていると関連する情報をちょくちょく拾います。こんなものを見つけました。

これはJDのスキッドステアローダー(ボブキャット=Bobcat)でしょうか・・・軍用だと思います。両サイドがアミアミでなく、弾避けの鉄板が貼ってあります。正面はどうなっているんだろう・・・正面がスカスカじゃあまり意味が無いような気がしますが・・・

これはJDのスキッドステアローダー(ボブキャット=Bobcat)でしょうか・・・軍用だと思います。両サイドがアミアミでなく、弾避けの鉄板が貼ってあります。正面はどうなっているんだろう・・・正面がスカスカじゃあまり意味が無いような気がしますが・・・

こんなのも見つけました。なんだかすごい形だなあ・・・

こんなのも見つけました。なんだかすごい形だなあ・・・

これはアメリカ軍の先端装備調達部署REF(Rapid Equipping Force)が開発した即席爆発装置検出のためのボブキャットのようです。

名前はミーノータウロス(マイノーター)

ミーノータウロス(古希: Μινώταυρος, Mīnōtauros, ラテン語: Minotaurus, 英語: Minotaur)は、ギリシア神話に登場する牛頭人身の怪物である。クレータ島のミーノース王の妻パーシパエーの子。長母音を省略してミノタウロスとも表記される。

なんでミノタウロスなのかな?

こんな洗練されていない形をしているのも、先端装備調達部署REF(Rapid Equipping Force)というのが、今まであった技術やできたばかりの技術を使って、世界中に散らばる米軍の喫緊の課題に対する解決策を提供する・・・という任務のためのようです。

とにかくスピード。カッコに構っていられない・・・というところでしょうか。

なんだか脱線しちゃいました。外見にビックリした「シオマネキ思想」でしたが、シオマネキしていないボブキャットも「どこから乗ればいいの?」という、やはりビックリな設計思想の機械でした・・・というお話です。

上の記事とゆるく関連しているほかの記事:

コメント

スキッドステアローダー気に入って頂いて良かったです。
2本レバーで操作するのがロボっぽくて好きです。
ところで世の中の乗り物の中で機体のセンターにオペレーターが乗車するものって案外少ないのです。
乗用車の運転席は片寄ってますし、一人乗り前提の作業系車両でもコンバインやバックホーは片寄ってますね。
乗降性、作業性やつくりやすさなどを総合すると左右非対称なシオマネキ的選択は非常に合理的で自然なのかもしれませんね。

2017年5月9日 7:17 AM | 774

774さん おはようございます

2本レバーで操作するのがロボっぽくて好きです。

あ!ほんとうですね!
それに二本レバーだから真ん中から乗り込めるんですものね
おっしゃる通り働くクルマに非対称がたくさん含まれてます
非対称発見の旅、おもしろそうです!

2017年5月11日 9:53 AM | nora

VOLVOのMC110Cも片腕の覚えがあったので検索してみたら、JCBとそっくりでした。
 スキッドステアローダーは、今までバケットの上から乗り込むのが一般的でしたので、片腕のを見たときは衝撃的でした。
 大きな声では言えませんが初代ボブキャット310に乗った、ご幼少の頃は、サンダーバード2号の様に、エンジンを乗り越え、後ろの窓から、足から先に乗り込んでいた覚えがあります(爆)
 

2017年5月13日 9:27 PM | Blue_Buffalo(某)

Blue_Buffaloさんこんばんは

今までバケットの上から乗り込むのが一般的でしたので、片腕のを見たときは衝撃的でした。

良く知っている人は僕が驚いた乗り込み方がデフォルトで、片腕に驚いたのだけれど乗りかたはフツーだと思った方に驚いたんですね
自分の守備範囲によって驚くことも違う・・・ということが改めてわかりました!

2017年5月15日 8:30 PM | nora

コメントの投稿

* コメントフィード

トラックバックURL: http://oba-shima.mito-city.com/2017/05/08/bobcat-2/trackback/