Homeに戻る > ある人のビックリは別の人のアタリマエ「町内蕎麦打ちサミット」

ある人のビックリは別の人のアタリマエ「町内蕎麦打ちサミット」

町内蕎麦サミット、無事終了しました。

スタートはエンジンが暖まっていなくてちょっと心配しました。

スタートはエンジンが暖まっていなくてちょっと心配しました。

子供達もご多分に漏れず、ゲームに興じて、ちょっとどうなるのかなあ・・・と、どよーんとしていましたが・・・

子供達もご多分に漏れず、ゲームに興じて、ちょっとどうなるのかなあ・・・と、どよーんとしていましたが・・・

蕎麦が打たれて人々の胃に入るにつれてどんどん暖まってきて

蕎麦が打たれて人々の胃に入るにつれてどんどん暖まってきて

子供達も蕎麦打ちに次第に紛れ込むようになり・・・あ! メニューは鴨南蛮そばだったんですが、写真を撮り忘れてます。残念!

子供達も蕎麦打ちに次第に紛れ込むようになり・・・あ! メニューは鴨南蛮そばだったんですが、写真を撮り忘れてます。残念!

本来の目的、子供達が打ってお母さんやおじいさんたちが食べるという状態にだんだん近づいてきています。

本来の目的、子供達が打ってお母さんやおじいさんたちが食べるという状態にだんだん近づいてきています。

そうなるとしめたもの。おじさんが打ったり・・・

そうなるとしめたもの。おじさんが打ったり・・・

おじいさんたちが蕎麦を打つお隣で年長の子どもが小さな子たちと打ったり・・・

おじいさんたちが蕎麦を打つお隣で年長の子どもが小さな子たちと打ったり・・・

おじさんが子供達に教えたり・・・なかなか美しい風景です。

おじさんが子供達に教えたり・・・なかなか美しい風景です。

とっても小さな子もにぎやかし&走り回り担当で参加しています。

とっても小さな子もにぎやかし&走り回り担当で参加しています。

かなり混沌としたいい感じになりました。もっともっとおじいさん方面へ混ざるといいんですけどね。

かなり混沌としたいい感じになりました。もっともっとおじいさん方面へ混ざるといいんですけどね。

ある人のビックリは別の人のアタリマエ

参加された外部の人たちの感想の一つに『あんなにまとまって年配者を見るというのは新鮮な感覚』というものがありました。

考えてみたら現役の世代が所属する会社や組織であれば、各年代がわりとバランスよく存在しているでしょうから、ある年代に偏った集団にはならないはず。

卒業50年後の同窓会というのであればありえますが、そこに年の離れた人が居合わせる機会はなかなかないでしょうし・・・。

僕にとっては近所の人ですからアタリマエの光景なのですが、フツーの人は年配者が束になっている状態って考えたらほとんど見ることはないかもしれません。

僕にとってはあたりまえの事でも、人によっては驚きの光景になりうるんだなあ・・・と、充分そんなことはわかっているつもりだったのに、あらためて思うのでした。

農村の高齢化などと言われていますが、意外とそれって資源になるかもしれないな・・・なんてちょっと考えたりして。年配者の坩堝に若者を投入するテーマパークみたいな感じ。その年配が煮えたぎっている坩堝で溶かされた若者がどう化学変化するかなんて・・・

恐いもの見たさで入場者激増なんてことになりませんかね?

『ある人のビックリは別の人のアタリマエ』こんなこと、気がつかないだけで他にも色々ありそうです。

参加された皆さん、お疲れさまでした。

上の記事とゆるく関連しているほかの記事:

コメント

コメントをお寄せください。

コメントの投稿

* コメントフィード

トラックバックURL: http://oba-shima.mito-city.com/2017/02/27/summit-2/trackback/