渋滞の果て、航空祭@百里基地

日曜日に百里基地で行われた「百里基地創設50周年記念航空祭」に行ってきました。混むとは想像をしていたけれど、その想像をはるかに超える渋滞、渋滞、渋滞・・・

普段家から40分もかからないのに、なんと3時間以上かかってしまいました。信号がないのに3時間! 

遅いなりに見えるものがある1

自転車よりずっと遅かったです。辿り着く一時間半前、1台のおっちゃんの自転車と抜きつ抜かれつになっていたのですが、結局完全にちぎられてしまいました。「渋滞だったらそりゃあ自転車のほうが速いだろう」と、お思いでしょうが違うんです。

おっちゃんの自転車はなんと前輪がパンクしてるんですもん。(こんなことに気がつくのも渋滞で停まっていてヒマなせいです)百里に向かう途中でパンクしたのでしょうか? いや、そうではありません(キッパリ)。

なぜなら、完全にリムからタイヤが外れないように針金で縛っている。しかも、その針金はかなり前に取付けれたものでうまい具合になじんで風化している。つまり、パンクしたのは今日や昨日の話じゃないんです。

前輪がパンクしている自転車を普段使いしている男、それが件のおっちゃんなのでした。体を鍛えるため?それともバランス感覚を養うため?謎は深まるばかりです。

もしかしたら、前輪に針金で縛っていたものはパンクしたタイヤですらなく、ただのゴムだったりするかもしれません。

遅いなりに見えるものがある2

交通規制なのか、いつも通る道とは別の道に誘導され、まったく知らない道を止まっては動き、動いては止まりをくり返しているわけですが、そうやっていると竹薮の中にずいぶん家があることに気がつきます。

よく人工物が「自然に溶け込んでいる」などという表現をすることがありますけど、そのうちいくつかはもうすでに「自然に溶けている」状態、竹の威力を思い知ったりしているうちに航空祭が始まってしまいました。

まずはF4の飛行展示からです。運転手の顔が見えそうな渋滞の頭上での低空旋回。一方の翼端は地面を指し、もう一方は天空を指すような急旋回です。爆音で大コーフン!!! そんな中でも前の車はDVDでミニヨンかなんかを夢中になってみていて、何がなんだかわかりません。
まずはF4の飛行展示からです。運転手の顔が見えそうな渋滞の頭上での低空旋回。一方の翼端は地面を指し、もう一方は天空を指すような急旋回です。大爆音で大コーフン!!! そんな中でも前の車はDVDでミニヨンかなんかを夢中になってみていて、何がなんだかわかりません。

幸いなことになんとかF4が飛んでいるうちに基地が見えてきました。

それはなんかの技なの?

車の窓から撮りました。右手のほうから低空でやってきて目の前でキュっと機種を上げるんです。そうすると羽根の裏側に風を受けて、ボワッと翼面から煙が上がります。急に気圧が下がって雲ができるのでしょうか・・・
車の窓から撮りました。右手のほうから低空でやってきて目の前でキュっと機種を上げるんです。そうすると羽根の裏側に風を受けて、ボワッと翼面から煙が上がります。急に気圧が下がって雲ができるのでしょうか・・・
ちょうどエッジでブレーキをかけるような感じ。実際にスピードもぐぐっと落ちるんでしょうね。
ちょうどエッジでブレーキをかけるような感じ。実際にスピードもぐぐっと落ちるんでしょうね。
きっと「ナントカ」って名前のついた技なんでしょうね。
きっと「ナントカ」って名前のついた技なんでしょうね。

やっと中にはいれた!

そうこうしているうちにやっと中にはいることができました。いきなり滑走路脇の草地です。「うぉぉぉぉ」ちょっと興奮します。
そうこうしているうちにやっと中にはいることができました。いきなり滑走路脇の草地です。「うぉぉぉぉ」ちょっと興奮します。
どうも実際の航空祭は滑走路の向こう側でやっているらしく、このバスで滑走路の端を回って向こう側に連れて行ってくれるらしいんです。水戸中の関東バスがここに集結しているんじゃないか?と思われるくらいのバスが走っています。こんなにバスがあったんだ・・・
どうも実際の航空祭は滑走路の向こう側でやっているらしく、このバスで滑走路の端を回って向こう側に連れて行ってくれるらしいんです。水戸中の関東バスがここに集結しているんじゃないか?と思われるくらいのバスが走っています。関東鉄道、こんなにバス持ってたんだ・・・
人間の目には「百里航空祭」と読めるのですが、きっと高速で点滅しているのでしょうね。何枚撮っても字の形には写りませんでした。
人間の目には「百里航空祭」と読めるのですが、きっと高速で点滅しているのでしょうね。何枚撮っても字の形には写りませんでした。

あまり時間がなかったこともあり、滑走路の向こうへ行くのは断念して車の近くで見物することにしました。本来なら現在何をやっているかアナウンスがあるはずですが、そういったわけで写真のキャプションはすべて僕の想像です。

滑走路が1本しかないので考えたらあたりまえなのですが、F4が着陸した後すぐにスカイマークの737が離陸していきました。737って足を引っ込めてもタイヤが丸見えなんですね・・・知らなかった。
滑走路が1本しかないので考えたらあたりまえなのですが、F4が着陸した後すぐにスカイマークの737が離陸していきました。737って足を引っ込めてもタイヤが丸見えなんですね・・・知らなかった。
いつも飛行機よりずっと遅いトラクターばかり撮っているのでちっともタイミングが合いません。まわりは凶器のような長いレンズを振り回す猛者ばかりでちょっとハズカシイ。
いつも飛行機よりずっと遅いトラクターばかり撮っているのでちっともタイミングが合いません。まわりは凶器のような長いレンズを振り回す猛者ばかりでちょっとハズカシイ。
前述のように辺境にいるため案内放送を聞くことができません。どんな機種が何をやっているというのがわからないのはちょっと残念。737が行ってしまうと今度は青い小さなジェットが飛んできてただグルグル回っています。
前述のように辺境にいるため案内放送を聞くことができません。どんな機種が何をやっているというのがわからないのはちょっと残念。737が行ってしまうと今度は青い小さなジェットが飛んできてただグルグル回っています。
ひたすらグルグル回っているだけかと思ったら、滑走路めがけて何か落としました。
ひたすらグルグル回っているだけかと思ったら、滑走路めがけて何か落としました。
ブツは2つ。2つの形が違うので何か別のものなんでしょう。やっぱり飛んでいる飛行機から狙ったところにモノを落とすのは難しいのでしょうね。
ブツは2つ。2つの形が違うので何か別のものなんでしょう。やっぱり飛んでいる飛行機から狙ったところにモノを落とすのは難しいのでしょうね。
止まっているものはちゃんと撮れるんだけどなあ・・・
止まっているものはちゃんと撮れるんだけどなあ・・・
馬車みたいでカワイイなあ・・・と思って撮った写真。天井までガラス張りで何かの観測小屋か何かでしょうか? エアコンもバッチリついてるみたいです。これじゃ温室ですものね。
馬車みたいでカワイイなあ・・・と思って撮った写真。天井までガラス張りで観測小屋か何かでしょうか? エアコンもバッチリついてるみたいです。これじゃ温室ですものね。
お次はヘリコプターが飛んできました。さっき落とした荷物のあたりに人が2人降りてきます。
お次はヘリコプターが飛んできました。さっき落とした荷物のあたりに人が2人降りてきます。
そのうちの一つを回収しているのかなあ・・・こういう細かいところは説明を聞くことができないのでよくわかりません。
そのうちの一つを回収しているのかなあ・・・こういう細かいところは説明を聞くことができないのでよくわかりません。

ピンぼけのブルーインパルス!

↑ブルーインパルスがただ離陸するだけの動画

まず4機が上がります。1機、並んで2機、遅れて1機というように上がって♦型を作ります。
まず4機が上がります。1機、並んで2機、遅れて1機というように上がって♦型を作ります。
6機編成の残りの2機が上がります。1機は高く、1機は低く・・・
6機編成の残りの2機が上がります。1機は高く、1機は低く・・・
低いほうは脚立で届きそうなこの高さ!!!! それにしても速すぎて人間もオートフォーカスも追いきれません。
低いほうは脚立で届きそうなこの高さ!!!! それにしても速すぎて人間もオートフォーカスも追いきれません。
後から上がった2機は滑走路の端で絡み合ったのちに視界から消えます。
後から上がった2機は滑走路の端で絡み合ったのちに視界から消えます。

この日は雨混じりの曇り。雲も低く多分迷子になったのだと思います。初めに上がった4機はグルグル回っているんですが、なかなか後から上がった2機が合流できません。結構間の抜けた時間の後・・・

やっと合流して6機にまとまったところで時間切れ。混む前に帰って来ました。帰りは30分・・・やれやれ。
やっと合流して6機にまとまったところで時間切れ。混む前に帰って来ました。帰りは30分・・・やれやれ。
上の記事とゆるく関連しているほかの記事:

“渋滞の果て、航空祭@百里基地” への6件の返信

  1. 画像処理システムを使った選果プラントの撮像照明で苦労したことがあります。
    照明が切れちゃったので何とかして欲しいとの依頼で様子を伺うと
    シャウカステンと呼ばれる医師がレントゲン写真を貼り付けて観察するための
    特殊な照明装置のインバーター基盤の損傷でした。
    レコードの回転数を調節するギザギザ模様もこの理屈ですね。
    水銀灯の下で回転体を観察して見られる逆転現象も。
    蛍光灯を改造して作ったスターウォーズの刀を振り回すと(よい子は真似しちゃダメ!)
    点滅がクッキリ見えて格好悪かったことも思い出しました・・・

    1. 山葵さん おはようございます

      レコードは点々が止まって見えればよかったんでしたっけ?
      (どうだったか忘れちゃいました)
      水銀灯も点滅していたんですね!知らなかった

      僕の感覚で調べたわけでも計ったわけでもないですが、蛍光灯よりLEDの点滅速度が速いような気がしています

      蛍光灯を改造して作ったスターウォーズの刀を振り回すと(よい子は真似しちゃダメ!)
      点滅がクッキリ見えて格好悪かったことも思い出しました・・・

      これ、ある意味映像としておもしろいですよね!
      やってみよっと

  2. >何枚撮っても字の形には写りませんでした

    一眼レフなら、絞りを絞ってシャッタースピードを落とせば写るんですが・・・コンパクトデジカメだと、どうなんでしょうか?

    1. 愛読者さん おはようございます

      そうですね、シャッタースピードを落とせばよかったんだ!
      そっちのほうはほとんどいじらることがないので頭が回りませんでした

  3. たまにはこっちにコメントしてみます(笑)

    F-4の翼の白いモノはヴェイパーです。
    https://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%83%B4%E3%82%A7%E3%82%A4%E3%83%91%E3%83%BC

    水色の飛行機は救難展示だと思います。

    遭難者めがけて物資やマーカーを落とし、
    そこにあとからくるヘリコプターがそれを目印に遭難者を救助します。

    隊員がロープ降下したのち、
    ウインチで自分と遭難者をのせた担架を巻き上げて機内に収容します。

    自分も200kmほど離れた千歳や札幌の航空祭に行きますが、
    行きは朝4~5時に出発し高速道路で2時間半ほどで到着します。

    帰りは混むのでブルーインパルスを横目にみながら会場出口に向かい、終わると同時に基地の外へ出るようにしています。

    1. OPさん おはようございます

      飛びものも詳しいんですね!
      「ヴェイパー」なんだか中華スープの名前みたいですが
      飛行機に関係するだけでカッコよく聞こえてしまいます

      水色の飛行機は救難展示だと思います。

      遭難者めがけて物資やマーカーを落とし、
      そこにあとからくるヘリコプターがそれを目印に遭難者を救助します。

      隊員がロープ降下したのち、
      ウインチで自分と遭難者をのせた担架を巻き上げて機内に収容します。

      あ!ぴったり合います
      まさにグルグルグルグル回って、何かを投下し
      後からきたヘリが(いま思えば担架だったんですね)一つだけ収容

      聞けばなるほどです

      僕は7時半に出て渋滞に巻込まれましたが
      帰りはブルーインパルスを見ながら帰ればまったく渋滞はナシ
      奇しくも通スケジュールにかなり近い感じで行動できたってわけですね!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。