Homeに戻る > いつの間にかゲンノショウコ

いつの間にかゲンノショウコ

今日は毎年やっている水戸芸術館のあーとバス。朝からたくさんの中学生を迎えなくてはならないので、草花の話題で軽く飛ばしちゃいます。トラクターファンや農業機械ファンの方ごめんなさい。

仕事じゃない時に限って朝早いのは置いておいて、アート作品を誰かと観る・・・というのは僕にとってトラクターを誰かと観る・・・ということとイコールなので、なかなか楽しいです。

たくさんの人で観ると色々なことがわかる・・・トラクターを観るのと同じですね!

たくさんの人で観ると色々なことがわかる・・・トラクターを観るのと同じですね!

いつの間にかカキの木の下にあったゲンノショウコの話だった・・・

調べたら、ゲンノショウコだろうというだけで、僕が知っていたわけではないのですけど・・・花びらが5枚の薄ピンクのはなが日陰にたくさん!

調べたら、ゲンノショウコだろうというだけで、僕が知っていたわけではないのですけど・・・花びらが5枚の薄ピンクのはなが日陰にたくさん!

ゲンノショウコはウィキペディアによれば、

ゲンノショウコ(現の証拠、学名: Geranium thunbergii)は、フウロソウ科フウロソウ属の多年草。生薬のひとつであり、和名は「(胃腸に)実際に効く証拠」を意味する。玄草(げんそう)ともいう。秋に種子を飛散させた後で果柄を立てた様が神輿のように見えることから、ミコシグサとも呼ばれる。

人間との関わり

ゲンノショウコはドクダミ、センブリなどと共に、日本の民間薬の代表格である。江戸時代から民間薬として用いられるようになり、『本草綱目啓蒙』(1803年)にも取り上げられた。現代の日本薬局方にも「ゲンノショウコ」として見える。但し、伝統的な漢方方剤(漢方薬)では用いない。有効成分はタンニン。根・茎・葉・花などを干し煎じて下痢止めや胃薬とし、また茶としても飲用する。飲み過ぎても便秘を引き起こしたりせず、優秀な整腸生薬であることから、イシャイラズ(医者いらず)、タチマチグサ(たちまち草)などの異名も持つ。

神輿ってどんなだろう?と思ったらウィキペディアに載ってました。

複雑な形ですねえ・・・

複雑な形ですねえ・・・

ゲンノショウコ

そういえばこの写真の花の下のほう・・・少し神輿の片鱗が見えますね。

ゲンノショウコ

ゲンノショウコ

葉っぱはこんな感じです

ゲンノショウコ

すごく一般的な形の花です。

その他

イヌタデも出てきました。

イヌタデも出てきました。

イヌタデ

まだ花は咲いていません。

ヒガンバナは花のあと、葉っぱが出てきました。同じ仲間だけあって、スイセンに似ています。

ヒガンバナは花のあと、葉っぱが出てきました。同じ仲間だけあって、スイセンに似ています。


上の記事とゆるく関連しているほかの記事:

コメント

コメントをお寄せください。

コメントの投稿

* コメントフィード

トラックバックURL: http://oba-shima.mito-city.com/2015/09/30/gennosyouko-2/trackback/