Homeに戻る > いつもの春のパトロール

いつもの春のパトロール

昨日のウラシマソウのあたりには春の花がたくさん咲いています。いつもの春のパトロールでチェックして回ってみます。

ハナニラです。ウィキペディアによればハナニラ(花韮、学名:Ipheion uniflorum )はネギ亜科ハナニラ属に属する多年草で、帰化植物だそうです。

ハナニラです。ウィキペディアによればハナニラ(花韮、学名:Ipheion uniflorum )はネギ亜科ハナニラ属に属する多年草で、帰化植物だそうです。

ハナニラです。ウィキペディアによればハナニラ(花韮、学名:Ipheion uniflorum )はネギ亜科ハナニラ属に属する多年草で、帰化植物だそうです。

シャープな白い花は緑一色の地表でかなり目立ちます。

同じく白い花はシラユキゲシ(のはず)ケシと名前がつくのでケシ科だと思われます。

同じく白い花はシラユキゲシ(のはず)ケシと名前がつくのでケシ科だと思われます。

シラユキゲシ 花びらがよく写るかとちょっと絞って撮っています。艶消しの柔らかそうな丸い葉っぱです。食べられそうな感じ。

シラユキゲシ 花びらがよく写るかとちょっと絞って撮っています。艶消しの柔らかそうな丸い葉っぱです。食べられそうな感じ。

こちらも白い花。モミジイチゴです。シラユキゲシは日陰派ですが、こちらも下を向いて・・・日陰派なのかなあ・・・ウィキペディアによれば、モミジイチゴ(紅葉苺、学名:Rubus palmatus var. coptophyllus)とは、バラ科キイチゴ属に分類される植物の一種。東日本に分布。葉がもみじに似ているためこの名がある。黄色い実をつけるため黄苺の別名がある。果実は食用になる。とあります。トゲがたくさんあってあまり嬉しくない植物ですよね。

こちらも白い花。モミジイチゴです。シラユキゲシは日陰派ですが、こちらも下を向いて・・・日陰派なのかなあ・・・ウィキペディアによれば、モミジイチゴ(紅葉苺、学名:Rubus palmatus var. coptophyllus)とは、バラ科キイチゴ属に分類される植物の一種。東日本に分布。葉がもみじに似ているためこの名がある。黄色い実をつけるため黄苺の別名がある。果実は食用になる。とあります。トゲがたくさんあってあまり嬉しくない植物ですよね。

緑とも紫ともつかない葉っぱみたいな花の色、シュンランです。ウィキペディアによれば、シュンラン(春蘭、学名: Cymbidium goeringii)は、単子葉植物ラン科シュンラン属の蘭で、土壌中に根を広げる地生蘭の代表的なものでもある。名称の由来は「春蘭」で、春に咲くことから。とあります。

緑とも紫ともつかない葉っぱみたいな花の色、シュンランです。ウィキペディアによれば、シュンラン(春蘭、学名: Cymbidium goeringii)は、単子葉植物ラン科シュンラン属の蘭で、土壌中に根を広げる地生蘭の代表的なものでもある。名称の由来は「春蘭」で、春に咲くことから。とあります。

シュンラン

今回はどうあってもこっちを向いてくれませんでした。

シュンラン

茎というか何というか・・・地面から立ち上がっている部分がキノコっぽく、若干気持悪いです。

ご存知タンポポ。

ご存知タンポポ。

でもこれは在来種のタンポポじゃないかなあ

でもこれは在来種のタンポポじゃないかなあ

紫の花はムラサキケマンだと思います。ウィキペディアによれば、ムラサキケマン(紫華鬘、学名:Corydalis incisa)はキケマン属の越年草。とあります。

紫の花はムラサキケマンだと思います。ウィキペディアによれば、ムラサキケマン(紫華鬘、学名:Corydalis incisa)はキケマン属の越年草。とあります。

華鬘???ウィキペディアで調べてみました。

華鬘(けまん)は、仏堂における荘厳具のひとつ。花鬘、花縵とも書く。梵語の「クスマ・ マーラー」の漢訳で、倶蘇摩摩羅と音写される。 華鬘は、元々は生花で造られたリング 状の環(花環)で、装身具であったものが僧などに対して布施されたものと考えられて いる。

言葉としては紫の華鬘で、ムラサキ-ケマンと切れているはずなのに、キケマン属の越年草の越年草とは?

となると言葉の切れ方は、ムラサ-キケマンとなって、残った「ムラサ」の意味や行き場が気になります。そもそも「キケマン」って何だ?

ムラサキケマン 春に限らず、雑草の花って紫系統が圧倒的に大いような気がします。しかもディープパープルから赤紫、ピンクに近いものまでバリエーションも多いのに、白や黄色はそんなにバリエーションがないような気がします。

ムラサキケマン 春に限らず、雑草の花って紫系統が圧倒的に大いような気がします。しかもディープパープルから赤紫、ピンクに近いものまでバリエーションも多いのに、白や黄色はそんなにバリエーションがないような気がします。

ムラサキケマンの花 圧倒的人気の紫系統の花。どうしてか気になります。虫は紫が好き・・・ということでしょうか。

ムラサキケマンの花 圧倒的人気の紫系統の花。どうしてか気になります。虫は紫が好き・・・ということでしょうか。

上の記事とゆるく関連しているほかの記事:

コメント

コメントをお寄せください。

コメントの投稿

* コメントフィード

トラックバックURL: http://oba-shima.mito-city.com/2015/04/25/patrol/trackback/