Homeに戻る > 予定のミッションすべて終了!竹とんぼ作り

予定のミッションすべて終了!竹とんぼ作り

一昨日から、水戸市の国田小学校での竹とんぼ作りの続きです。見ている人は「トラクターが出てこないなあ・・・」と思っていると想像しますが、たまには日英巨人の話で一息つくのもいいと思いませんか?

提唱者のYさんは巨人伝説をきっかけに関連地域の民間レベルでの交流(この場合は国際交流)を目指しているのだと思います。か細い女性ながらその野望というか描く絵はかなりでっかく、しかも思った方向へ転がりつつあるように感じました。

男の人でこういう拡散というか、どこまでも広がって行くタイプの野望を持った人をあまり知らないので、これって性差なのかなあ・・・なんて思ったりします。もしかしたら男性はどちらかといえば何かに収斂していくというか、「〜になる」・・・みたいな収束していくタイプの野望を持ってる人のほうが多いのかも・・・なんてぼんやり考えたりします。

いかんいかん・・・話しが長くなってしまう

やり始めたらとにかくどんなに無様でも「終わりっ」と仕上げるのが目標なので、続けます。

子供たちが頭をひねって作ったブースター付き巨大竹とんぼ(イギリスのホリバーンさんにダイダラボウが持っていくお土産)ですが、これは巨人用なので自分たちで試験をすることができません。

それにイギリスのホリバーンさんは子供と遊ぶのが大好きということなので、彼が向こうの子供たちと遊ぶため、普通サイズの竹とんぼも作ることにしました。ノルマは一人2個以上! そのうちひとつは作った人の物として家へ持ち帰って良いというルールです。

与えられた時間は1時間半。9人+希望者の子供たちでできるだけたくさん作るために予め材料を切って用意しておきます。ブレードを見本を見ながら削っていって、「これはもう飛びそうだ」と判断したら僕のところで軸をつけて微調整してやる・・・という算段です。

お前たち!もっと攻めろよっ!

向こうの子供たちや、国田小の子供たちが遊ぶモノですから飛ばないとイケマセン。実際には微調整で済まず、ひたすら削っては試験飛行、削っては試験飛行。休むヒマもなく冷房のない工作室で竹を削り続け、Gパンが重くなってパンツまでグソグソになるくらい汗みどろです。

向こうの子供たちや、国田小の子供たちが遊ぶモノですから飛ばないとイケマセン。実際には微調整で済まず、ひたすら削っては試験飛行、削っては試験飛行。休むヒマもなく冷房のない工作室で竹を削り続け、Gパンが重くなってパンツまでグソグソになるくらい汗みどろです。

午前中から熱中症寸前という子供たちも出たみたいですから、最近の夏は以前と比べ物にならないくらい暑いのかもしれません。それにしても、薄く軽く、いかにも飛びそうな形が目標って言っただろっ! もっと攻めるんだ みんな!

もちろん「小学生はこんなもんだ」というのもよーく知ってるので、あくまでも願望ですが・・・

せっかくの考え、ちゃんと人に伝えなきゃね!

竹とんぼチームの発表用資料&取扱説明書を作っています。製作物も大事だけど、言葉でそれを表すのもすごく補強になります。作っているうちに頭の中で言葉としてまとまってきたのか、当初からするとビックリするぐらいすらすらと言葉が出てきます。これは驚き!

竹とんぼチームの発表用資料&取扱説明書を作っています。製作物も大事だけど、言葉でそれを表すのもすごく補強になります。作っているうちに頭の中で言葉としてまとまってきたのか、当初からするとビックリするぐらいすらすらと言葉が出てきます。これは驚き!

下書きでかかれている言葉「おくさんをとばせて友だちつくってください」にめちゃめちゃ引っ掛りました。「奥さんを飛ばしたい」って思ってるひといるだろうなあ・・・と思い、爆笑!(もちろん僕はそんなこと毛の先ほども思ってません)そしたら子供に伝染したのか子供たちも笑いが止まりません。「意味わかってんのかよっ!お前たち!」 本当は「たくさん飛ばして友だち作ってください」です。

巨人向け取扱説明書。「台風のように回して飛ばしてください」の図です。大きな竹とんぼの上に小さな竹とんぼが乗ってます。これって小さな子のお手伝いって感じがものすごく出てますねえ・・・嬉しいけど実際は・・・というイメージ。           いや・・・飛ぶったら飛ぶんです。

巨人向け取扱説明書。「台風のように回して飛ばしてください」の図です。大きな竹とんぼの上に小さな竹とんぼが乗ってます。これって小さな子のお手伝いって感じがものすごく出てますねえ・・・嬉しいけど実際は・・・というイメージ。           いや・・・飛ぶったら飛ぶんです。

巨人&ものすごい勢いで飛んでる竹とんぼの絵。・・・いいなあ

巨人&ものすごい勢いで飛んでる竹とんぼの絵。・・・いいなあ

暑さの中、タイトなスケジュールでもよくまとまったなあ・・・

発表会場へチームで運びます。お神輿みたい。

発表会場へチームで運びます。お神輿みたい。

ホリバーンさん用の竹とんぼと子供たち用竹とんぼです。最後まで集中力を切らさず、みんながんばりました。

ホリバーンさん用の竹とんぼと子供たち用竹とんぼです。最後まで集中力を切らさず、みんながんばりました。

他のチームはくす玉、旗、それを納める木箱を作りました。

他のチームはくす玉、旗、それを納める木箱を作りました。

旗はこんな感じです。みんな上手だなあ・・・ちゃんと内容もそれに沿ってる。

旗はこんな感じです。みんな上手だなあ・・・ちゃんと内容もそれに沿ってる。

発表も自分の考えをちゃんと言えたし、みんなたいしたもんだよ。おもしろかったね!!またやろう!

発表も自分の考えをちゃんと言えたし、みんなたいしたもんだよ。おもしろかったね!!またやろう!

上の記事とゆるく関連しているほかの記事:

コメント

コメントをお寄せください。

コメントの投稿

* コメントフィード

トラックバックURL: http://oba-shima.mito-city.com/2014/07/26/taketonnbo2/trackback/