Homeに戻る > 誤字脱字で読みにくくし、小さな間違いで決定的に台無しっ!

誤字脱字で読みにくくし、小さな間違いで決定的に台無しっ!

回覧らしくないから回ってないみたい

環境保全会の回覧「SHIMAGAZINE」A4で8ページ 12という数字は12号目という意味です

環境保全会の回覧「SHIMAGAZINE」A4で8ページ 12という数字は12号目という意味です

先日の発行部数二部(大場町島地区の環境保全会の会報というかパンフレット、町内雑誌)の回覧は「回覧」と書かなかった所為でしょう、どうも最後まで回っていないような雰囲気・・・

増刷だ!

大変めんどくさいけど「全戸に配るしかない」と発行部数を増やすことにしました。(18部作ればいいかな?)

島地区農地・水・環境保全会の広報紙?「シマガジン」No13 前号も含めて増刷です。

運動会があったからね・・・やっぱりおさえておかないと・・・

島地区農地・水・環境保全会の広報紙?「シマガジン」No13 前号も含めて増刷です。

ネットの焼き直し的な部分もありますが、お年寄りでネットを見ていない人もいますから。

島地区農地・水・環境保全会の広報紙?「シマガジン」No13 前号も含めて増刷です。

環境保全会の活動も当然載ってます。

というわけで、今号は小学校の運動会の記事も含め、増刷・増ページ(なんと12ページ!)で対応です。合わせて前号も数ぶん刷って配っちゃうのだ!

「やっとできた!」

島地区農地・水・環境保全会の広報紙?「シマガジン」No13 前号も含めて増刷です。

島地区農地・水・環境保全会の広報紙?「シマガジン」No13 前号も含めて増刷です。

誤りを指摘される

家のものに見てもらうと・・・「これ間違ってんじゃん」と、誤字脱字、誤りの指摘・・・

増ページといっても写真が主な上にフォントも大きいので、文章はせいぜい原稿用紙2枚分くらいでしょうか? それなのに見過ごせない大きな誤りが・・・がーーーーーーーーーん・・・

あらためて本職というか、世の中の印刷物を作る人はすごいなあ・・・と思います。(仕事だから当然なんですが)

ブログを読んでくれているかたはお分かりだと思います。僕は試験を受けたり文章を書いたりはそこそこ我慢できるんですが、思い込みが激しいので見直しとか振り返りがダイキライ。ですから大変間違いが多いはずです(見直してないからほとんど気がついていません)。

小さな間違いで決定的に台無し

誤字脱字は文章が読みにくいぐらいでまだ「それ」とわかりますが、「間違い」は文脈からはわからないので読み手には「それ」と気がつきません。

こうやって改めてみてみるとせいぜい800字くらいとはいえ、たったひとつの間違いは、今まで書いたものをすべてひっくり返すというか台無しにできるパワーを持っているんです。何万字という小説だってたった一つの間違いで水の泡にできるってことですよね。

世の中に文章が溢れていて、その中の相当数間違いが直されていないものがあって・・・ということは、書いた本人の考えや事実とまったく違う台無しになったものが存在している・・・はず。

「意図的に事実でないことを流すのでなくてもこういうことがある」

自分を基準にしちゃってますからそれほどじゃないのかもしれませんが、「ネット情報を鵜呑みにするな」とは、こういうことか・・・なんて思っちゃいました。

あっ!さすがに今号の間違いは自分に甘い僕でも「ま、いいか」とはならずに直しましたよ!

3ストライクでアウト

頭の中にあるものを文章にするために手を動かす。その途中でミスを犯して1ストライク。そのミスをスルーするというミスを犯して2ストライク。家の人に見てもらって最後の部分で食い止めたってことで、もしそれもスルーしたら3ストライクでアウトですね。

注意:思い込みの激しい人間がたいして見直しもしないでサラッと書いたものです。誤りが多分に含まれており不正確です。</p>
<p>ブログ上の内容については十分マユにつばを付け、信用する場合でも重心を掛けず、妄信しないようにしましょう。

注意:思い込みの激しい人間がたいして見直しもしないでサラッと書いたものです。誤りが多分に含まれており不正確です。

ブログ上の内容については十分マユにつばを付け、信用する場合でも重心を掛けず、妄信しないようにしましょう。

上の記事とゆるく関連しているほかの記事:

コメント

その雑誌定期購読できますか?

2014年6月6日 7:28 PM | D

Dさん おはようございます

サイトとかぶってるし
近所の話なんでおもしろくないと思いますけど・・・

「出したくなったら出す」不定期ですが、次号をお試しに送りましょう

2014年6月7日 7:04 AM | nora

コメントの投稿

* コメントフィード

トラックバックURL: http://oba-shima.mito-city.com/2014/06/05/gojidatsuji/trackback/