集中力にもギアがあるのかなあ・・・ダカールDAY7

cbsニュースのキャプチャーです。ご冥福をお祈りします。

cbsニュースのキャプチャーです。ご冥福をお祈りします。

昨日のラリーが始まってすぐの長い移動区間(なんと417キロ!)の間で、彼はチリのパトカーとぶつかって亡くなったそうです。

この日は長い長い一日で、そのために朝二輪トップは4:30スタートでした。事故はAM8;30頃だったといいますから、高い山々を越えてアルゼンチンに入って行われるスペシャルステージ手前、チリ-アルゼンチンの国境あたりなのでしょうか?

これでこの年は犠牲者が3人になってしまいました。今の所すべて交通事故です。

彼は総合68位で走っていました。ダカールは初めてのようですが、アフリカで行われるモロッコラリーでは4位、チュニジアラリーでは7位と実力者でした。(それでもダカールではこのあたりということで、南米勢もたくさん来るダカールはレベルが高いです)

充分技術とメンタルがあっても事故は起こってしまいました。移動区間とはいえ、競技中ではあります。十分注意していたはずです。

よっぽど危険に思われるスペシャルステージ(制限速度はないし、何がおこるかわかりません)で事故が今のところ起こっていないのと比べると不思議とも、そういうものかなとも感じます。

意識のギアかそれとも他の要素によるものか

気を抜いていたなんて考えられませんから、一般道だと一般道なりの意識レベルで目一杯集中していて、さらに危険の増すスペシャルステージでは「カチン」とギアが上がって同じ集中でもレベルが違うようになるのかもしれません。

もちろん過去にスペシャルステージで亡くなった方もいますし、もしかしたらスペシャルステージの中では99%が自分と路面とマシンの関係なのに対して、一般道ではそれプラス大勢の人の事情が絡んでいて、そっちが事故を引き起こすのかもしれません。サンキュー事故なんていうのがありますし・・・

こういう競技、見ていてとても危ない感じがしますけど、普段何気なくクルマを運転するということの危なさも思い知らされます。僕たちは実はものすごい危険の中にいるのではないでしょうか? まわりがすべて自分でコントロールできない物に囲まれ、わずかなルールしかない中でたったひとりで複雑なものに挑んでいるんです。

ダカールを「何を好き好んであんな危ない事をやるのかなあ・・・」なんて言えないほどに・・・

トーマス ・ブールジャン君のご冥福をお祈りします。早くフランスに帰れるといいね。

DAY7

ダカールラリーは7日目

気を取り直して競技7日目。初めに長い長い417キロの移動区間を走ってそれから218キロの競技区間・・・ウンザリですね。

気を取り直して競技7日目。初めに長い長い417キロの移動区間を走ってそれから218キロの競技区間・・・ウンザリですね。

ホンダの単車チームは#003 RODRIGUES (PRT)が総合11位、#030 PIZZOLITO (ARG)が総合12位、#033CAMPBELLが総合77位と若干もたついた感じです。不思議なものでその日ステージ順位の上位に来るメーカーが日替わりです。ある日はKTMがドドドっと入ったかと思えば、見えない日もある・・・平均して入っているのがヤマハで、こっちはたまにドカンと来るのがハスクバーナ。

きっとそのメーカーの特性がぴったり合う日(しかも他のメーカーはダメダメちゃん)ってのがあるんですね。ホンダは・・・う〜ん・・・残念ながら今のところ「この日はめちゃめちゃルートに合った」という日が来ていない感じです。

四輪の方は上位2台は変わらず。トヨタの2台はやっとしっくりきはじめたみたいで、#343のジボン選手は総合34位、ゼッケン#341の三橋選手は46位となっています。

DAY6の映像が上がっています

その中のショット

トップのMINIじゃなくてカタールのこの人AL-ATTIYAH のほうが一杯一杯写ってるような気がする・・・

トップのMINIじゃなくてカタールのこの人AL-ATTIYAH のほうが一杯一杯写ってるような気がする・・・

確かに絵になるけど・・・何か大人の問題が絡んでいるのか・・・カタールのいい宣伝になりますね。

スタックはイヤですねえ・・・こういうのたくさん見たいです。

この単車の人もぼーっと見てないで、砂丘の下にスタックしているクルマがいるのを教えてあげればいいのに・・・

この単車の人もぼーっと見てないで、砂丘の下にスタックしているクルマがいるのを教えてあげればいいのに・・・

さすが現在総合3位のドライバー!停まれたのはすごいですけど、スタックしちゃいました。

さすが現在総合3位のドライバー!停まれたのはすごいですけど、スタックしちゃいました。

これで順位を落としそう・・・かわいそうだなあ。

1日目の映像らしいですけど

あまり出てこないトラックとクワドの映像です。トラック・・・かっこいいなあ・・・それにしてもここでも出てきます。

意地悪なカメラマンが・・・

意地悪なカメラマンが・・・

よく見るとみるからに転げそうな道じゃないですか!この車両は他にトラックが来て起こしてもらうまでここに留まらなくてはなりません。

上の記事とゆるく関連しているほかの記事:

コメント

パリダカ、若い頃に憧れましたね。
最初買った車がジムニー(パジェロは買えなかった。)その頃は4駆ならどこでも走れるって思ってたんでしょうね。。勇んで海岸の砂浜を走ったら、見事にスタック。それでも楽しかったなー。

2013年1月12日 12:22 PM | k-work

k-workさん おはようございます

あ!僕もジムニー乗りました
イメージではパリダカでも
すぐ対角線スタックしちゃうんですよね
スタック脱出作戦も楽しかったです

2013年1月13日 8:42 AM | nora

自分はトラクターに乗ってると、
作業中よりも畑までのリエゾン(笑)で一般車をやり過ごす方が遙かに難しく神経も使います。

ただでさえ過酷なレースの疲労と馴れない異国の交通事情も重なった不運な事故だったのでは。

けいてぃーの時代にも戦死者もさることながら戦地での交通事故で亡くなった兵士も少なくなかったとか。

2013年1月12日 8:29 PM | OP

OPさん おはようございます

自分はトラクターに乗ってると、
作業中よりも畑までのリエゾン(笑)で一般車をやり過ごす方が遙かに難しく神経も使います。

ただでさえ過酷なレースの疲労と馴れない異国の交通事情も重なった不運な事故だったのでは。

確かに・・・トラクターは圃場に入っちゃえば自分のものって感じですものね
帰って一般道の方が危険だってことですか・・・

けいてぃーの時代にも戦死者もさることながら戦地での交通事故で亡くなった兵士も少なくなかったとか。

ええっ!
トラックがひっくり返ったり・・・考えてみればそういうことはありますよね
交通事故は恐ろしいなあ

2013年1月13日 8:45 AM | nora

コメントの投稿

* コメントフィード

トラックバックURL: http://oba-shima.mito-city.com/2013/01/12/dakar2013-5/trackback/