Homeに戻る > 試練を乗り越えてツバメが巣立ちました

試練を乗り越えてツバメが巣立ちました

(下のほうで苦手なものを見る可能性があります)

ええええっ? 巣が空っぽ・・・と思ったら、あら? ヒナたちがこんなところにいる・・・

ええええっ? 巣が空っぽ・・・と思ったら、あら? ヒナたちがこんなところにいる・・・

ヘビの来襲にガタガタになってしまったツバメの子育て・・・心配でしたが、残りのヒナたちは無事巣立ったようです。初めて2回転目がちゃんと巣立ったのを見ました!以下、時系列にまとめ、並べてみました。

6/8建築開始

6月8日、ツバメが倉庫の梁の垂直面にあるわずかなヒビに足を掛け、尻尾と羽根を扇のように広げ、壁に突っ張って嘴をフリーにして巣の基礎部分にあたる泥を塗り付け始めました。登山家ばりのテクニックで垂直面に取り付いて建築開始です。

6/13落成、そしてタマゴが一個

こんどは新たに別の場所に巣を作り始めました

こんどは新たに別の場所に巣を作り始めました

いつの間にかできあがっていました。6/13にはタマゴが一個確認できました。こんなに湿っているのではタマゴにも悪いと思うのですが、ツバメの親はあまり気にしないようです。

7/9ヒナが5羽孵ったような気がします

ヒナがいつ孵るのかずっと確認していればわかるのでしょうが、あまり覗き込んで親が育児放棄しても困りますので自重していました。初めのうちはヒナの鳴き声もほんとうに小さく、孵ったことに気がつきにくいです。

7月9日 天井とのスキマがなく、うなく写真が撮れないのですが、黄色の丸で囲んだ白っぽく見える部分をヒナのくちばしと考えれば、5羽のヒナが孵ったような気がします。

7月9日 天井とのスキマがなく、うなく写真が撮れないのですが、黄色の丸で囲んだ白っぽく見える部分をヒナのくちばしと考えれば、5羽のヒナが孵ったような気がします。

この時期の親ツバメは外敵の警戒で忙しい

ネコに攻撃もしくは威嚇を仕掛けるツバメ ネコは驚いているようにも、逆に撃墜しようとしているようにも見えます どっちなんだろ? 

ネコに攻撃もしくは威嚇を仕掛けるツバメ ネコは驚いているようにも、逆に撃墜しようとしているようにも見えます どっちなんだろ? 

この時期の親ツバメは外敵の警戒で忙しいです。今ちょっと思ったのですが、これまで僕が警戒の鳴き声としていたツバメの「ツビッ」「ツビッ」という声、もしかしたら攻撃なのかもしれません。

猫に向かって飛びかかっているのをツバメに対して正面で見ていると、鳴き声には聞こえなくて「カチン」とか「カチリ」という「音」なのです。それもかなり大きい。

脇で聞いていると鳴き声が聞こえるので、もしかしたらこれは照準を合わせたものにしか有効でない、指向性のあるツバメの武器であり、「ツバメ砲」なのではないでしょうか?

7/12ヒナで巣がパンパン

7月12日 ちょっと巣が小さかったみたいですね。もうヒナたちが大きくなるとギュウギュウです。

7月12日 ちょっと巣が小さかったみたいですね。もうヒナたちが大きくなるとギュウギュウです。

運命の7/14

1羽ヘビにやられ、2羽が巣から落ちてしまいました。

1羽ヘビにやられ、2羽が巣から落ちてしまいました。

7/21巣立ちました!

ヒナは飛べるようになった・・・と判断されると、親に餌で釣られて自分は意図せず外に飛び出てしまいます。

ヒナは飛べるようになった・・・と判断されると、親に餌で釣られて自分は意図せず外に飛び出てしまいます。

ヒナたちは親に「そろそろ飛べるな」と判断されると、ヒナの目の前にエサを持ってきてもいつものように口に突っ込まず、目の前でちらつかせて時にはバックしちゃったりします。すると身を乗り出していたヒナはバランスを崩して巣から落ちてしまいます。

もうすでに飛べるような体になっているヒナは、あわてて羽ばたくとあら不思議・・・からだは魔法のように浮き上がって・・・「あれ?ボク飛べるじゃん!」・・・そんな感じでしょうか? でも意識して飛んだわけじゃないので、なんとな〜く所在なげ、どうしたらいいかわからない不安なヒナたちの様子がよく出ている感じがします。

巣立った直後のツバメのヒナ

何か不安だな〜

巣立った直後のツバメのヒナ 黄色の口がかわいい!

巣立った直後のツバメのヒナ 黄色の口がかわいい!

ツバメのヒナ・・・いや、飛べるのだからもう一人前ですね

ツバメのヒナ・・・いや、飛べるのだからもう一人前ですね

さあ外に出よう!親ツバメはあの手この手です

巣から出たヒナにエサをやる親ツバメ これは青虫のように見えますね・・・ボクにもちょうだい!と、脇のヒナも騒いでいます。

巣から出たヒナにエサをやる親ツバメ これは青虫のように見えますね・・・ボクにもちょうだい!と、脇のヒナも騒いでいます。

青虫を加えた親ツバメが元の巣でヒナたちを呼びます。とにかく羽ばたけ、飛ぶんだ・・・と、あの手この手で外に連れ出そうとしているみたいです。

青虫を加えた親ツバメが元の巣でヒナたちを呼びます。とにかく羽ばたけ、飛ぶんだ・・・と、あの手この手で外に連れ出そうとしているみたいです。

巣立ったツバメのヒナ

いつの間にかこのヒナたちは外へ飛んで行ってしまいました。

7/23そして今日、収支決算は?

何とかカメラを差し入れて撮ってみました。天井とのスキマは12センチくらい・・・魚眼レンズで撮ってもこれが一杯一杯です。

何とかカメラを差し入れて撮ってみました。天井とのスキマは12センチくらい・・・魚眼レンズで撮ってもこれが一杯一杯です。

もし、7/9日に確認した5羽というのが正しければ、7/14日にヘビにやられた時に1羽食べられてしまい、2羽落ちました。その2羽を巣に戻して、4羽残り。

もし、写真に写っている3羽が巣立ったとして、1羽もしかしたら巣に死体が残っているかも・・・と恐る恐る確認です。しかし、どうも残っているようには見えない・・・今、思い立ってもう一度見てきました。鏡を差し入れて目で確認してみたら巣はカラッポでした。

ということは4羽巣立ったか、もしくはヘビに2羽喰われてしまったかのどちらかですね・・・落ちてしまった2羽はその後エサを食べて大きくなって、ちゃんと巣立ったんです・・・よかった〜

ツバメが去って静かになってしまった倉庫、何だか寂しいです。

上の記事とゆるく関連しているほかの記事:

コメント

楽しいブログで好きですが、
つばめさんが蛇にのまれる写真を観てからトラウマです。
閲覧注意!と書いて欲しかったです(-_-;)

2014年7月9日 3:00 AM | ひとみ

ひとみさん おはようございます

僕自身もこの事件に関してショックを受けたので、申し訳なく思います
閲覧注意!という言葉はあまり好きではないので、足しになるかどうかわかりませんが
少しだけ手直ししてみました

すごくショックでしたが、同時にヘビも生きるために必死なのだな・・・と思いました
だって、まったく身動きできず無防備にそこにいるわけですから

カラスやトビに身をさらしてまで「食べる」ことに賭けているんです
食べられるか、食べるか・・・まさにギリギリの賭けなんだと思いました

2014年7月9日 8:19 AM | nora

コメントの投稿

* コメントフィード

トラックバックURL: http://oba-shima.mito-city.com/2012/07/23/shiren/trackback/