ツバメのヒナ、大きくなってきました2011

子育て中はツバメも多少気が荒くなるようです

子育て中はツバメも多少気が荒くなるようです

ツバメのヒナ、大きくなってきました。声も大きく、うるさいぐらいになってきています。それにつれて巣の下にはこんもりとウ◯コも積み上がってきました。

エサよこせ〜(怒)って感じです

みていると一部、エサを貰えてないヒナもいるのが気になります。↑ 動画(31秒)画面クリックでも再生します。

ツバメはパートナーやヒナに危険が迫ったとき、「ツビッ!ツビッ!」と、注意を促す警戒の声を上げます。

僕が巣の近くで怪しげな動きをすると、その「ツビッ!ツビッ!」という鳴き声とともに、頭の上をかすめて飛ぶような威嚇の行動をとったりするので、子育て中はツバメも多少気が荒くなるように感じます。

この間、外でツバメの声がやかましいので見に行くと、ツバメの両親が興奮して飛び回っていて、そのあと巣のある作業場から、ネコが「にゃ〜〜」と出てきました。

なんだか元気がありません

なんだか元気がありません

みると、ほっぺたから血が出ています。もしかしたら、ヒナを狙っていてツバメの両親につっつかれたのかもしれません。

ツバメにやられたのではないのかもしれませんが、そう考えたほうがおもしろい。鳥ばかり捕まえているので、いい薬です。

ツバメにやられたのではないのかもしれませんが、そう考えたほうがおもしろい。鳥ばかり捕まえているので、いい薬です。

こんなこともありました

やはりツバメの警戒の声で見に行ってみると、巣の上にヘビがとぐろを巻いていました。

やはりツバメの警戒の声で見に行ってみると、巣の上にヘビがとぐろを巻いていました。

ビックリして、ヘビを棒で突っついて落としたのですが(ただ、突っつくと落ちてくるので、頭の上や首筋に落ちてくるのがイヤでヒヤヒヤものだったです)、ヒナたちは無事でした。ヘビは口が小さいので、ヒナたちがスキマなく身を伏せている限り、かじったり飲み込んだりはできないみたいです。

一羽でも恐怖に耐えられなくなって身を起こしたりすると、飲まれてしまうのでしょう。産まれたばかりなのに身を守るすべは知っているみたいです。

かなり大きくなっているので、巣立ちまでもうすぐです。

ツバメの記事をまとめてご覧になるにはこちら

島地区の野鳥の記事をまとめてご覧になるにはこちら

島地区の生き物の記事へ
島地区の生き物の記事へ

上の記事とゆるく関連しているほかの記事:

コメント

コメントをお寄せください。

コメントの投稿

* コメントフィード

トラックバックURL: http://oba-shima.mito-city.com/2011/06/05/tsubamenohina/trackback/