きたきたっ!(人的通販のすすめ)

やってきたチェンソー

きたきたっ!先日の人的通販その後です。

やってきましたチェンソー。ハスクバーナではないけれど、もちろん定評のあるメーカーの品です。普通の通販ならやってくる品物は、自分で頼んだものなので知っているわけですが、今回は人的通販なのでどんな品物がやってくるかわからない。「品物との対面」そこからが楽しみという新鮮な気持です。ありがとう!!

中は子供たちへのお土産入り

中は子供たちへのお土産入り。内容物の品番に付箋を貼ったカタログも入っていました。こうなってくると入っている物は量産品ですが、このパッケージは完璧な注文主に合わせたオーダーメイドと言えるんじゃないでしょうか?考えてみれば「商品」とは物のみならず一緒に提供されるサービスも含めてのものだったのだ・・・と思い出しました。これはネット通販のやりすぎですね。

箱を開けた写真

袋はあけてあり、ガソリンが入っていましたので出荷状態ではなく、調整してくれたのでしょう。品物が着いた旨電話すると、さっそくスターターを勢いよく引っぱらないこと、アクセルを握った状態でなくてはチョークできないので、無理矢理チョークしないことなど、説明書を読まずに飛びついてしまった場合に、いかにもはまりそうな部分をレクチャーしてくれました。

商品の値段構成とは?

商品の値段構成とは?

たまにはフルサービスの買物もいいものですね!

追記:オモチャもありました!!

写真で見る限りは本物と見まごうばかり。チェンソーのおもちゃ。

写真で見る限りは本物と見まごうばかり。チェンソーのおもちゃ。

続きを読んでね!の画像

長くなるので畳んでおきます。「続きを読む」のリンクをクリックして、下に開いてみてください。


こちらは刈り払い機。う〜〜ん・・・リアルです。ブラッシュカッターって言うんですね。

こちらは刈り払い機。う〜〜ん・・・リアルです。ブラッシュカッターって言うんですね。

キーホルダー!!カワイイ!!欲しい!!

キーホルダー!!カワイイ!!欲しい!!

上の記事とゆるく関連しているほかの記事:

コメント

その昔、ハクスバナーといえば、モトクロスバイクを作っていたような気がします。当時2サイクル得意のメーカー、ヤマハ、カワサキ、スズキの兄貴分だったのでしょうか。考えてみれば、高回転で安定して運転出来る2サイクルエンジンにチェーンをかまして、といえば、モトクロッサーもチェンソーもそんなに遠くない。
スチールは、つれあいの郷で使ってました。「はくろうびょう」の問題になるほど山でチェンソーの使われた時代に、彼らの選んだベストチョイスが「スチール」でした。

2010年12月10日 7:23 PM | 野良通信

山でうなっている2ストロークのバイクは、チェンソーと聞き分けがつきません
確かに2サイクルとチェーンの組み合せですから、チェンソーとバイクは兄弟ですね

「はくろうびょう」最近は聞きませんが問題解決したのか
それとも林業の衰退で問題にならなくなったのか・・・

今のチェンソーが色々とゴムマウントでグニグニしているのは
昔のチェンソーはなにもかもダイレクトでエンジンの振動もダイレクト
そのために病気が出たので、改良したということかもしれませんね

2010年12月10日 7:57 PM | nora

コメントの投稿

* コメントフィード

トラックバックURL: http://oba-shima.mito-city.com/2010/12/09/stihl/trackback/