愛称問題。「めぐみ」のカウンターパートは「みほ」、「ゆたか」は「ケン太」

今日は寝坊してしまったので超短いです。昨日はバブルに差し掛かり、「日本名はダサイよ」となって、愛称は横文字表記か英語名になったと思いきや、小さな機械(バインダーとハーベスター)に日本名が残っていた・・・というお話でした。

昨日の記事です。

知っている人は知っている事だと思います。が、あくまでこの場所は「知る過程」「知っていたけど忘れていて思い出したこと」を並べる場所なのでお赦しください。

そして今日は・・・

愛称の大御所には当然日本名が残っていた

愛称の大御所、イセキには「さなえ」を「SANAE」にした後にもまだ日本名が残っていたというお話です。Facebookで教えてもらいました。

わからないこと、不思議に思ったことをこうやって教えてもらい、色々と繋がっていくのはとても楽しいです。

バインダー「みほ」

ネットで写真を探してきました。バインダーの「みほ」です。
ネットで写真を探してきました。バインダーの「みほ」です。クボタでいうところの「めぐみ」にあたります。

そしてバインダーは「ケン太」

イセキのバインダーは「ケン太」でした。クボタでいうところの「ゆたか」です。
イセキのバインダーは「ケン太」でした。クボタでいうところの「ゆたか」です。

めぐみとゆたかのほうが考え抜かれた名前のような気がしますがどうもイセキのほうが愛称としては古そうな感じがします。

こういうところを調べていてすっかり時間がなくなってしまいました。その中でなかなか興味深いことにも気が付いたので、明日はこの続きになってしまいそうです。

その年の締めくくりをこんなことで終わりにするのもなんですが・・・

こんなに販売名とは別に、愛称やグレードを表す言葉が重ね付けされている商品カテゴリーはあまりないと思うのです。

それがどういった理由なのかとても知りたいと感じています。

すみません、今日もやることがいっぱいなのでここで終りにします。それではまた明日!

上の記事とゆるく関連しているほかの記事:

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。