CASE IH 4ケタ。3ケタに比べ少しカッコよくなってる!CASE IH 4230「撮りトラ」

今日はAさんのところで見た、CASE IH 4230「撮りトラ」です。

 

CASE IH 4230は、tractordata.comによると、イギリスドンカスター工場で1994年〜1997年にかけて製造され、4200ユーティリティ・シリーズ、CASE D2694気筒4.4Lディーゼルエンジン 84馬力/2400rpm、1997年当時の価格は30,000ドル、 となっています。

CASE IH 4230は、tractordata.comによると、イギリスドンカスター工場で1994年〜1997年にかけて製造され、4200ユーティリティ・シリーズ、CASE D2694気筒4.4Lディーゼルエンジン 84馬力/2400rpm、1997年当時の価格は30,000ドル、 となっています。立派なキャビンにXLと書いてあります。以前CASE IH 795を見た時に、XLというのはキャビン付の名前だということを教えてもらったのでした。

 

このときは少し暗かったのかな・・・ブレブレの写真が多いです。大きくがっしりしたキャビンに対して、ボディはシュッと細身です。受ける印象は以前見たCASE IHの3ケタ795とほぼ一緒です。

このときは少し暗かったのかな・・・ブレブレの写真が多いです。大きくがっしりしたキャビンに対して、ボディはシュッと細身です。受ける印象は以前見たCASE IHの3ケタ795とほぼ一緒です。

 

CASEIH795XL

こちらは以前見たCASE IH 795です。レンズが違うので比べにくいですけど、キャビンのサイズ感はほぼ同じではないかと思います。4230と顔がとてもよく似ていますが、こちらのほうがよりストレート。

 

795では直線的に伸びていたエンジンフードが、4230は前に落とされ、ヘッドランプ部分だけ飛び出した形になっています。

795では直線的に伸びていたエンジンフードが、4230は前に落とされ、ヘッドランプ部分だけ飛び出した形になっています。

 

ああ、795は給油口はフード上にあったのですね!

ああ、795は給油口はフード上にあったのですね!

 

4230では給油口は左側(この機体も左側!)キャビンの下に移動しています。

4230では給油口は左側(この機体も左側!)キャビンの下に移動しています。

 

グラフィックもハイカラになっています。

グラフィックもグラデーションでハイカラに変化。

 

目の間のCASE IHのエンボスマークは廃止され・・・

目の間のCASE IHのエンボスマークは廃止され・・・

 

しかも小さなバッジ付き!

バッジになって右上に。

 

ヘッドランプ、よく見ると長方形ではなく、異形ですね!そう思って795のほうを見返すと、同じ異形ランプのように見えます。

ヘッドランプ、よく見ると長方形ではなく、異形ですね!そう思って795のほうを見返すと、同じ異形ランプのように見えます。

 

ヘッドランプの銘はABL・・・初めて見るような気が・・・

ヘッドランプの銘はABL・・・初めて見るような気が・・・

 

ABLはフランスの会社で、調べてみると、Auterocheという名前で1875年に創業したそうです。ん?Auteroche?

ABLはフランスの会社で、調べてみると、Auterocheという名前で1875年に創業したそうです。ん?Auteroche?

 

 

この正面についている作業灯も・・・

この正面についている作業灯も・・・

 

このタイプの汎用コンバインは太い胴体に対してお尻がスリムです。そのため、サイドマーカーとしても意識しているのでしょうか? 長いアームの折りたたみ式ウインカーになっています。

ここに付いていたウインカーもauterocheでした。ABLとはずいぶんあっさりした、味気ない名前にしてしまったものです。なんだか歴史を捨ててしまった感じ。

 

 

 

タイヤは前後ともピレリ。

タイヤは前後ともピレリ。

 

銘板にはWheatley Hall Road Doncaster South Yorkshireとあります。デビッド・ブラウン トラクターの生まれ故郷と同じ、白薔薇のヨークシャー州で作られているのですね!

銘板にはWheatley Hall Road Doncaster South Yorkshireとあります。デビッド・ブラウン トラクターの生まれ故郷と同じ、白薔薇のヨークシャー州で作られているのですね!

 

 ↑グーグルで検索してみると、なんと、今は取り壊されて更地になっています。しかもマコーミックの工場跡・・・なんと移り変わりの激しいことか・・・

 

↑そういえば、デビッド・ブラウンの工場も今では別の会社が使っていました。上のCASEの工場とは40キロほどしか離れていないと思います。

 

 

小顔ちゃんです。

小顔ちゃんです。

 

ウインカーはスタンレー

ウインカーはスタンレー

 

今日はこんなところです。また明日!

今日はこんなところです。また明日!

 

 

 

サイト内の検索

お気に入りリンク

最近の記事

最新のコメント

  • 佐藤造機デビッドブラウンDB770/880/990/1200・・・昔のトラクターカタログへのコメント (I・ANDOより[04/07]) noraさんhoka
  • おかげさまで毎日書いて10周年へのコメント (H2より[04/06]) ウイングモアやスパイ
  • おかげさまで毎日書いて10周年へのコメント (noraより[04/02]) H2さんn こんにち
  • おかげさまで毎日書いて10周年へのコメント (noraより[04/02]) Naruさん こんに
  • クボタM125D・・・「撮りトラ」へのコメント (noraより[04/02]) あかささん こんにち
  • 佐藤造機デビッドブラウンDB770/880/990/1200・・・昔のトラクターカタログへのコメント (noraより[04/02]) ANDOさん こんに
  • 昭和8年生まれの唐箕はいまだ現役!種籾の選別2020へのコメント (noraより[04/02]) H2さん こんにちは
  • おかげさまで毎日書いて10周年へのコメント (H2より[04/02]) おぉ、10周年ですか
  • おかげさまで毎日書いて10周年へのコメント (Naruより[03/31]) 10周年おめでとうご
  • クボタM125D・・・「撮りトラ」へのコメント (あかさより[03/26]) 持ってます
  • 佐藤造機デビッドブラウンDB770/880/990/1200・・・昔のトラクターカタログへのコメント (I・ANDOより[03/23]) テストです。2度失敗
  • 昭和8年生まれの唐箕はいまだ現役!種籾の選別2020へのコメント (H2より[03/23]) うちにもまだ唐箕あり
  • 当時の感覚で約80万円!発売価格¥176,000のヰセキ最初のフロート式超軽量動力田植機PF20「さなえ」へのコメント (noraより[03/15]) なおしておきます!
  • 当時の感覚で約80万円!発売価格¥176,000のヰセキ最初のフロート式超軽量動力田植機PF20「さなえ」へのコメント (noraより[03/15]) みみずくさん がくっ
  • 当時の感覚で約80万円!発売価格¥176,000のヰセキ最初のフロート式超軽量動力田植機PF20「さなえ」へのコメント (みみずくより[03/15]) >現在の感覚で
  • クボタトラクターM8030「撮りトラ」ついでにM30/M50/M70シリーズ比較へのコメント (noraより[03/12]) ニ田さん こんにちは
  • 細王舎のメリーティラーは「羊」と関係が深かった(つづき)へのコメント (noraより[03/12]) 福家さん、情報ありが
  • 昨日の記事は訂正!ヰセキ「耕太」は10人兄弟へのコメント (noraより[03/12]) トラクター野郎さん 
  • 6100と名前がつくものには6100/6100SE/6100B/6100RC(D?)と4種類ある(あるいはもっと?)JD6100「撮りトラ」へのコメント (noraより[03/12]) ビリーさん こんにち
  • シバウラトラクターS100「撮りトラ」へのコメント (noraより[03/12]) ヒデさん こんにちは
  • タグクラウド

    クボタトラクター テーマからかなりはずれてるかも トラクターの話題や写真 撮り虎(撮りトラ) 水戸市大場町での米作り(コシヒカリ/飼料稲) 環境保全会活動の紹介や、予定など 農業機械