カートを作ろう!

世の中休みみたいなんで、レッドブルボックスカートレースのカート製作記とか覚え書きみたいなものです。

こういうモノ、作ったことがあるわけじゃないので、考えて、作って、試して答え合わせの連続という感じで、どうやったら形になるか、試行錯誤(思考錯誤?)するのは楽しいです。

まず、地面にチョークで原寸で大まかな形を書いて、頭で考えたサイズと実際のサイズの擦り合わせをします。思ったよりは前後に詰まってるかなァ・・・
まず、地面にチョークで原寸で大まかな形を書いて、頭で考えたサイズと実際のサイズの擦り合わせをします。思ったよりは前後に詰まってるかなァ・・・
それから使おうと思った部品を研究。一輪車、ネコさんのタイヤを使おうとしてるのですが、どういう構造なのかバラして研究します。
それから使おうと思った部品を研究。一輪車、ネコさんのタイヤを使おうとしてるのですが、どういう構造なのかバラして研究します。
ホイールはお椀を2つ合わせたような形。
ホイールはお椀を2つ合わせたような形。
ベアリングは入っているのだけど、交換できないような気がする。それとも表から引き抜けるのかなあ・・・
ベアリングは入っているのだけど、交換できないような気がする。それとも表から引き抜けるのかなあ・・・
ちょっと気になるのはシャフトがスッカスカなこと。遊びが大きすぎて片側だけだとこんなに垂れ下がっちゃう。これって意識的にやってるのかなあ。意識的にやってるとしたらどういう理由があるんだろう・・・
ちょっと気になるのはシャフトがスッカスカなこと。遊びが大きすぎて片側だけだとこんなに垂れ下がっちゃう。これって意識的にやってるのかなあ。意識的にやってるとしたらどういう理由があるんだろう・・・

シロウトがイイカゲンな作り方をするカートですから、このあたりのガタがどんどん積み重なって相当「ハの字」を切ってしまいそう。

そうこうしているうちに、協賛していただいた伊藤産機株式会社さんから新品のタイヤが届きました。
そうこうしているうちに、協賛していただいた伊藤産機株式会社さんから新品のタイヤが届きました。

そうこうしているうちに、協賛していただいた伊藤産機株式会社さんから新品のタイヤが届きました。

そうこうしているうちに、協賛していただいた伊藤産機株式会社さんから新品のタイヤが届きました。
タイヤのパターンは違いますが、作りは同じです。
新しいタイヤのシャフト径も僕がバラしたやつと同じ。ガタも同じくらいあります。まあ、何か理由があってこうなっているのでしょう。
新しいタイヤのシャフト径も僕がバラしたやつと同じ。ガタも同じくらいあります。まあ、何か理由があってこうなっているのでしょう。
ついでに使う予定のリヤホイールもチェック。こっちはガタが出ています。このガタは正しくないガタで、普通は無いものです。ベアリングはベアリング屋さんで買ってきて交換。
ついでに使う予定のリヤホイールもチェック。こっちはガタが出ています。このガタは正しくないガタで、普通は無いものです。ベアリングはベアリング屋さんで買ってきて交換。

最近は通販で一つから番号がわかっていればベアリングは買えるのですが、近くのベアリング屋さんなら当日その日に買えるのでそうしてみました。

値段としては通販より数十円高いくらい。でも、番号の後に続く英文字の理由とか、メーカーによる違いとか、どういう条件で使えば良いかなど、色々なことを聞く事ができて「この情報が数十円なら安い!!」と思いました。

ちょっと前まで「こんなコアなもの売ってるんだ!」と、お気に入りだったホームセンターも、どんどんあたりまえの売れ筋しか置かなくなっています。今やそのホームセンターに行っても、必要なものの半分しか揃わなくなっていて、通販に傾きかけた僕の気持を専門店が引き戻した感じです。

ネジ屋さんとか、電気部品屋さん、高圧部品屋さん・・・お店が近くにあるといいんだけどなあ・・・

そんなこんなで地面に書いたチョークの上にタイヤを配置してみます。
そんなこんなで地面に書いたチョークの上にタイヤを配置してみます。

速く走る・・・ということを一番に考えたわけではなく、「安くできる」「自分で作ることができる」ということを一番に考えているのでこんな形になっちゃいました。

さーどうなるでしょう・・・とにかく何かをはじめると、すぐ机の上がグチャグチャになっちゃいます。
さーどうなるでしょう・・・とにかく何かをはじめると、すぐ机の上がグチャグチャになっちゃいます。

↓Facebookページできました!!

上の記事とゆるく関連しているほかの記事:

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。