「出がらし(蔵出し?)さん」いらっしゃい!クボタL2601DT「撮りトラ」

いよいよいろんなことのリミットが迫ってくる年度末、皆さんいかがお過ごしでしょうか?

今日はNさんに見せてもらった、「世界の名門トラクタ」クボタトラクターL2601DT「撮りトラ」、残りの写真です。ちょっとイイカンジに言うと「蔵出し」、実際は「出がらし」。でも、最後までやるのだ!

 いや〜〜〜キリがないですね。トラクターのハンドルのほとんどは「朝顔式」、「朝顔式」じゃないものを探すほうが難しいのでした。
もともとな〜んにも知らないので、たいていは自分なりの発見というものがあるんですけど、やっぱり最後のほうになると発見も難しくなります。昨日は「朝顔式」を発見したんだけど・・・
クボタL2601DTは農研機構の登録で1976年、今年で40歳です。3気筒立形4サイクルディーゼル1299cc、26馬力/2800rpm。この顔はL3001と同じ涙袋のあるタイプ。
材質は何だかよくわからないけど、とてもいい色のシフトノブ。
クボタL2601DTは農研機構の登録で1976年、今年で40歳です。3気筒立形4サイクルディーゼル1299cc、26馬力/2800rpm。この顔はL3001と同じ涙袋のあるタイプ。
あたりまえですけど、カタログとまったく一緒。長いストロークが昔っぽいです。昔のトラックなんかもこんな風に床から生えてましたよね!
クボタL2601DTは農研機構の登録で1976年、今年で40歳です。3気筒立形4サイクルディーゼル1299cc、26馬力/2800rpm。この顔はL3001と同じ涙袋のあるタイプ。
これが燃料計(だったと思う)。いたってシンプル。
クボタL2601DTは農研機構の登録で1976年、今年で40歳です。3気筒立形4サイクルディーゼル1299cc、26馬力/2800rpm。この顔はL3001と同じ涙袋のあるタイプ。
操作しているのは二駆/四駆切替レバーでしょうか(忘れちゃった)。
クボタL2601DTは農研機構の登録で1976年、今年で40歳です。3気筒立形4サイクルディーゼル1299cc、26馬力/2800rpm。この顔はL3001と同じ涙袋のあるタイプ。
円盤状の形状が「?」と思い、撮ったリヤホイールの裏側。これがカタログで謳っている湿式ディスクブレーキなのでしょうか?
クボタL2601DTは農研機構の登録で1976年、今年で40歳です。3気筒立形4サイクルディーゼル1299cc、26馬力/2800rpm。この顔はL3001と同じ涙袋のあるタイプ。
アミアミ部分は、カタログの中で●冷却ファン・ダイナモのプーリ・ベルトなどの、回転部から、手を保護するカバー。と書いてあります。むき出しの頃、少なからず事故があったんでしょうね。

“「出がらし(蔵出し?)さん」いらっしゃい!クボタL2601DT「撮りトラ」” の続きを読む