すわ寒冷化か!と、思ったら・・・ケヤキヒトスジワタムシ

おっ?雪虫が飛んでる・・・温暖化と言いつつ、寒冷化しているのか?と思って捕まえてみました。北海道で見かけるのよりちょっと小さいイメージ・・・それにまだ6月だし・・・

マダラ模様の触角にイライラマークの羽根・・・全身はほわっとした綿毛に覆われています。すごく小さくて、せいぜい2〜3ミリ。たぶんですけど、ケヤキヒトスジワタムシだと思います。

マダラ模様の触角にイライラマークの羽根・・・全身はほわっとした綿毛に覆われています。すごく小さくて、せいぜい2〜3ミリ。たぶんですけど、ケヤキヒトスジワタムシだと思います。

こんな綿毛をいっぱい付けてるだけあって、小さなからだに空気の抵抗が大きすぎるのでしょう。ヨタヨタふわふわ飛んでいて、すぐに捕まえられます。

よく見ると、目が赤い! 葉っぱに虫コブを作る、アブラムシの仲間だそうです。近所にはケヤキもいっぱいあるし・・・納得。

これだけ見てるとなんてことないですけど、調べる過程でみっちり幼虫が葉っぱの裏についている写真や、拡大した成虫の写真をたくさん見て気持悪くなっちゃいました。なんか体が痒い。

関係ないですけど

関係ないですけど、「すわ」って何だ? 「すわ」とはウィキペディアによると

すわとは、人が驚いた時などに発する言葉である(「すわ一大事」など)。「すは」とも書き、「それ(=す)は」の意味であるとされる。
また、他人に注意を呼びかける場合にも使用され、この場合は「さぁ」や「ほら」の意味とされる。

驚いたときに「すわ」って言わないよなあ・・・昔のひとはそんなもんにゃりした言葉を切羽詰まった状況で使ってたんかなあ・・・なんだかスローモーな感じ。

うぉりゃ〜〜〜っ! とか あ”〜〜〜〜っづ! とか昔の人は言わなかったんでしょうねえ・・・余裕な感じ。時間も今の人よりワイドに使ってたのかもしれない。

うぉりゃ〜〜〜っ! とか あ”〜〜〜〜っづ! とか昔の人は言わなかったんでしょうねえ・・・余裕な感じ。時間も今の人よりワイドに使ってたのかもしれない。

「すわ」って言うだけでケガも少なく笑って済ますことができそう・・・

「すわ」って言うだけでケガも少なく笑って済ますことができそう・・・

綿毛は壊れやすい

ケヤキヒトスジワタムシ

パッと手で捕まえると綿毛は取れちゃいます。ワタムシ、ひっくり返ってます。

上の記事とゆるく関連しているほかの記事:

コメント

関係ないですけど

小生はウオッシュボードが苦手で嫌いでした(笑)

2013年6月18日 7:25 AM | Blue_Buffalo

Blue_Buffaloさん おはようございます
ウォッシュボードが得意な人はいても
好きな人はあんまりいないでしょうねえ・・・
あんまり気持よくないですもん
どちらかというと、げんなりというイメージです

2013年6月19日 9:41 AM | nora

コメントの投稿

* コメントフィード

トラックバックURL: https://oba-shima.mito-city.com/2013/06/18/watamushi/trackback/