さらに悪条件で鍋炊きごはんに挑戦!

毎日やっている鍋炊飯ですが、友人から「オレもやっている」との反応があったり、他の人にコメントを貰ったりでおもしろかったので、nora妻を主任研究員に任命して研究してみる事にしました。

そこで先日の記事、「ずぼらな鍋炊飯」へのDさんのコメントにヒントを得て、さらに悪条件で鍋炊きごはんに挑戦してみました。キャンプでのご飯炊きの条件で「かき混ぜ」を取り入れてみました。使用したのは直径18cm深さ9cmのステンレス製で20年使っているベコベコのコッヘルです。

使用機材

コッヘルの写真
20年選手のステンレス製コッヘル。何回も飯を焦げ付かせているので焦げ焦げ。鍋の厚みなんて薄々です。
コッヘルの写真
裏もこの通り。真っ黒でもう落ちません。

「はじめちょろちょろなかぱっぱ」は日本の条件の話で、西洋の鍋を使う場合は「初めから強火で沸騰したらかき混ぜる」というのが正解かもしれないので検証してみます。

米の量の写真
米の量は、直径18cm深さ9cmのコッヘルにだいたい3.5合くらいです。

コッヘルでご飯を炊く

↑ 動画(1分45秒)画面クリックでも再生します。

結果は大成功!!

出来上がりの写真
できあがり。ほんのちょっと、品質にばらつきが感じられますが、とてもおいしく食べられました。ほぼ完璧と言って良いです。

結果は大成功!ほぼキャンプで炊くような量を前回鍋で2合炊いた時とほぼ同じ時間で炊き上げることが出来ました。詳しい考察は長くなってしまうので明日に回しますね。

鍋炊きご飯の記事へ
鍋炊きご飯の記事へ

上の記事とゆるく関連しているほかの記事:

“さらに悪条件で鍋炊きごはんに挑戦!” への4件の返信

  1. 次回はオコゲの成功例をお願いしたい。と言うのも、簡単に前に出来たから、今も出来る。とやったら、ベチャベチャ飯とオコゲのごとき飯のカタマリが出来ただけだった。今朝の事だ。
    つれあいは「オコゲ」についての偏愛を語るが、それはどうも、「ハガマ」炊きのことらしい。
    平鍋でもオコゲは出来たけどその時はどうしたのかしら。

    1. 承知しました
      主任研究員はガス炊きを極めるそうなので
      ヒラの研究員、私が羽釜で完璧なオコゲを作る研究で
      みなの食欲をソソってみせます!

      醤油をかけていただく以外の
      おいしいオコゲの食べ方などご存知でしょうか?

  2. これ読んでいたら鍋で炊いてみたくなりました。見てておいしそうです。昔キャンプでお米を炊いた時、底は焦げ付き、上はべちょべちょで食べられる代物にならなかったので、それからやったことがなかったです。今度挑戦します。グルグル

    1. Nさん おはようございます
      もう絶対グルグルで完璧です
      世界を征服したような気になってきました
      世の中の常識だったのかもしれませんが・・・

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。