朝型通信その2

今朝7/13日は少しぐずついたお天気。この高さまで朝顔は登ってきました。もう少しすれば日よけに役立ちそうです。

前回の「朝型生活にしてみてよかったこと」に続いて、朝型通信その2です。朝起きてコーヒーをがぶ飲みして、頭と体を起こしてから、まずメールの返事を書きます。仕事のメールなどは簡潔かつ誤解がないように書くのには結構時間がかかるものです。友人は勝負のメールは一晩寝かせると言っていましたが、まだそこまでの域には達していないので、静かでいちばん頭がはっきりしている時間帯で、みんなが動き始めるまでには十分時間がある早朝にそのようなことを済ませるようにしています。発注などをFAXで済ませて、軽く仕事をして、お腹がすいた頃朝食、食べ終わって7時半・・・というのは、何とも得した気分です。目下、昨日初めて鳴き始めた蝉の幼虫の写真を是非撮りたいと思っています。以下、朝の写真です。写真をクリックすると大きくなりますので、是非大きくしてみてください。

こちらは7/10早朝 今まさに昇ってきたサラの朝日を浴びてまるで発光しているような雑草(失礼!)です
軒下のクモだって宝石みたいに光っています。クモの巣のほうだってこの間の雨のヴェールとは趣が違いますね。
なんだか楽譜みたいに見えます。ツバメは出勤してくるとまず、電線の上でしばらく世間話をします。それからやおら仕事に取りかかるのです。
最近咲き始めた道ばたのラベンダー
おなじくラベンダー
この間刈ったばかりの道端の草 朝日のマジックに色づいています
上の記事とゆるく関連しているほかの記事:

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。