1 2 3 4 5 6 7 8 185

1961年、タッチの差で国産初トラクターの影に隠れ・・・『やっぱ2番じゃダメか〜!』クボタT18「撮りトラ」

以前国産初のトラクターとしてT15というのを紹介したと思いますが、今日は某所で見たクボタの極初期のトラクター、T18「撮りトラ」です。

 

色々なものに埋もれてしまっています。全体が何となくわかる写真はこれだけしかありません。これがなぜT18だとわかったか・・・

色々なものに埋もれてしまっています。全体が何となくわかる写真はこれだけしかありません。これがなぜT18だとわかったかというと・・・

 

何となくエンジン付近の写真を撮っていたのです。出力1●あと読めず。UH-●←これも読めず。

何となくエンジン付近の写真を撮っていたのです。出力1●あと読めず。UH-●←これも読めず。

 

悔しいので冒頭の写真を拡大してみます。 何となく全部読めそうです。 クボタオートディーゼル 出力18PS UH-Ⅱ形

悔しいので冒頭の写真を拡大してみます。
何となく全部読めそうです。
クボタオートディーゼル
出力18PS
UH-Ⅱ形

UH-Ⅱ形というエンジンだということがわかります。「UH」何となく覚えがあります。

 

 

クボタグローバルインデックス(http://giweb.kubota.co.jp/backnumber/back_number/tractor/tractor_01/index_05.html)によれば、国産初の畑作用乗用トラクタだそうです。

クボタグローバルインデックス(http://giweb.kubota.co.jp/backnumber/back_number/tractor/tractor_01/index_05.html)によれば、国産初の畑作用乗用トラクタだそうです。

 

国産初の畑作用乗用トラクタ クボタ「T15」

そのT15のエンジンがUH形でした。

 

国産初の畑作用乗用トラクタ「T15」

エンジン・・・銘板が付いています。

 

国産初の畑作用乗用トラクタ「T15」

「UH」クボタ オートディーゼル 出力:15馬力 回転速度:1500rpm 最大出力:18馬力 とあります。

 

産業技術史資料情報センター、産業技術史資料データベースによれば、1959年発売で、昭和35年に発売された国産初の乗用トラクタ「T-15」に搭載された、立形2気筒水冷4サイクル直接噴射式ディーゼルエンジン;当時の耕うん機等に搭載された農業用ディーゼルエンジンは横形が主流であったが、乗用トラクタ用として開発され、後の立形ディーゼル全盛の先駆けとなった。・・・とあります。

産業技術史資料情報センター、産業技術史資料データベースによるとUHとは、1959年発売で、昭和35年に発売された国産初の乗用トラクタ「T-15」に搭載された、立形2気筒水冷4サイクル直接噴射式ディーゼルエンジン;当時の耕うん機等に搭載された農業用ディーゼルエンジンは横形が主流であったが、乗用トラクタ用として開発され、後の立形ディーゼル全盛の先駆けとなった。・・・とあります。

 

しかし、僕の見たのは同じクボタオートディーゼルですが、UH-Ⅱ形で馬力も18馬力と少しだけ大きいです。Ⅱ形というからにはT15のエンジン、UH形の進化形のはずです。

 

クボタの社史「久保田鉄工80年の歩み」の年表を見ると、1960年にUH型、1961年にUH-2型発売との記載があります。また、1960年にトラクターT15型(畑作用)1961年にトラクターT18型(畑作用)発売との記載も見られます。

 

というわけで僕の見た赤いトラクターは、国産初の乗用トラクターT15が発売された翌年に生まれた、T18ではないか?と思ったわけです。

 

まあ、これには続きがありまして・・・あ!このUH-Ⅱ形クボタオートディーゼルは1191ccなんですね。マフラーのちょっと下当りにでっかく書いてあります。なんだかマフラーはずいぶん頑丈そうです。 それと、燃料タンクの下に工具箱が見えますね。 で、その後ろ、ステップの上あたり・・・

まあ、これには続きがありまして・・・あ!その前に・・・このUH-Ⅱ形クボタオートディーゼルは1191ccなんですね。マフラーのちょっと下当りにでっかく書いてあります。なんだかマフラーはずいぶん頑丈そうです。
それと、燃料タンクの下に工具箱が見えますね。
で、その後ろ、ステップの上あたり・・・

 

もう一つ銘板がありました。

もう一つ銘板がありました。

 

拡大してシャープネスをきつめにかけてやると・・・ クボタトラクター 型式 T18 車台番号 30271 久保田鉄工株式会社製造 とあります。間違いなくT18だと思います。国産初のT15ばかり脚光を浴びていて、T18という存在そのものをあまり聞いたことがなかったです。

拡大してシャープネスをきつめにかけてやると・・・

クボタトラクター
型式 T18 車台番号 30271
久保田鉄工株式会社製造

とあります。間違いなくT18だと思います。あちこち写真を見かけたり、国産初のT15ばかり脚光を浴びていて、僕はT18という存在そのものを知りませんでした。(もちろん専門家でもありませんから、知らないことのほうが多いわけですが・・・)たった1年の違いで2番になってしまいましたが、それでもすごいマシンなんです・・・こういう場合は2番じゃダメなんですねぇ・・・

 

今日はこんなところです。また明日!

 

 

顔がボコッと外れるんだ!FIAT540「撮りトラ」

今日はhokkaidoujinさんの案内で行った中古屋さんで見た見た、フィアットトラクターFIAT540「撮りトラ」です。

 

tractordata.comによれば、1973年〜1978年。3気筒2.6リッターディーゼル54馬力/2600rpmとなっています。また、農研機構の安全鑑定はFIAT540DTが1976年の登録ですが、僕の見た機体は四輪駆動ではないので、これより前のものと思われます。社史、『久保田鉄工最近10年の歩み』ではFIAT640が1971年発売とありますので、この640と同時に1971年に発売された可能性もあります。

tractordata.comによれば、1973年〜1978年。3気筒2.6リッターディーゼル54馬力/2600rpmとなっています。また、農研機構の安全鑑定はFIAT540DTが1976年の登録ですが、僕の見た機体は四輪駆動ではないので、これより前のものと思われます。社史、『久保田鉄工最近10年の歩み』ではFIAT640が1971年発売とありますので、この640と同時に1971年に発売された可能性もあります。

それにしても、このFIAT、顔がボコッと外れちゃうんですね。なんだかおもしろいです。

 

わかりにくいですが、顔が外れる・・・のと同じくらい気に入ったのがココ。ウエィトがコンクリートの側溝のフタです。気休めにマイカ線で縛ってあるのもGOOD!

わかりにくいですが、顔が外れる・・・のと同じくらい気に入ったのがココ。ウエィトがコンクリートの側溝のフタです。気休めにマイカ線で縛ってあるのもGOOD!

 

このFIAT540は前進8段後進2段・・・そう、「8」マンでした。以前、なぜFIATの側面には「8」と書いてあるのか不思議に思っていたら皆さんにその理由を教えてもらったのでした。

このFIAT540は前進8段後進2段・・・そう、「8」マンでした。以前、なぜFIATの側面には「8」と書いてあるのか不思議に思い、皆さんにその理由を教えていただいたのでした。変速段数のことでしたね!

 

この機体は運転席左側の屋根に工具箱が独自にセットされています。実際に工具が入っていたのか、それともお菓子やお弁当を入れていたのかはわかりませんが・・・

この機体は運転席左側の屋根に工具箱が独自にセットされています。実際に工具が入っていたのか、それともお菓子やお弁当を入れていたのかはわかりませんが・・・

 

リヤタイヤの前には作物避けのヒゲが付いています。そういえばフロントタイヤの前にも何か付いています。管理作業に使われていたのでしょうね。

リヤタイヤの前には作物避けのヒゲが付いています。そういえばフロントタイヤの前にも何か付いています。管理作業に使われていたのでしょうね。

 

インパネのメーターは・・・

インパネのメーターは・・・

 

このメーカー(ブランド)Veglia Borlettiは、一番最初に『合併合併合併!スペリーニュー・ホランド クレイソンコンバイン8050』のアワーメーターで見かけました。

Veglia Borlettiです。このメーカーは一番最初に『合併合併合併!スペリーニュー・ホランド クレイソンコンバイン8050』のアワーメーターで見かけました。他にはFIAT450/550にも付いていました。

 

めちゃめちゃいい! ピストンの絵(白)の目盛が回転数、赤の軸の絵(PTO?)が軸の回転数を表しているんですね!! わかりやすいです。

FIAT640のメータで見てみましょう。 ピストンの絵(白)の目盛が回転数、赤の軸の絵(PTO?)が軸の回転数を表しているんですね!! わかりやすいです。

 

調べてみるとVeglia Borlettiはイタリアの自動車部品メーカーで、計器などは1930年代から50年代にかけて主にレースシーンで活躍していたみたいです。現在は先ほど紹介したSIEM同様、エルコレ・マニェーティとフィアットが共同出資した電装会社、マニエッティ・マレリ傘下にあるそうです。

 

計器類のJaeger(前述のクレイソンコンバイン8050やMF240など、ちょくちょく見かけます)もこのマニエッティ・マレリ仲間です。

 

Veglia Borlettiは同じFIATのクルマにもたくさん使われているみたいです。これはランチアのメーター(Wikipediaより)

Veglia Borlettiは同じFIATのクルマにもたくさん使われているみたいです。これはランチアのメーター(Wikipediaより)

 

Veglia Borlettiは元々Vegliaという名前で設立され、 Borlettiによる買収によりVeglia Borlettiと改名されました。その後、Magneti Marelliに買収されたのですね。

 

Veglia Borlettiのファンページなのでしょうか?Facebookページもあります。メーターの写真ばかりが並んでいてなかなかcool!

Veglia Borlettiのファンページなのでしょうか?Facebookページもあります。メーターの写真ばかりが並んでいてなかなかcool!

 

写真が少なくてごめんなさい。正月気分から早く抜け出さなくては・・・今日はこんなところです。また明日!

サイト内の検索

お気に入りリンク

最近の記事

最新のコメント

  • 佐藤造機デビッドブラウンDB770/880/990/1200・・・昔のトラクターカタログへのコメント (hokkaidoujinより[02/18]) それとやはり、安くて
  • 佐藤造機デビッドブラウンDB770/880/990/1200・・・昔のトラクターカタログへのコメント (hokkaidoujinより[02/18]) I・ANDOさん 真
  • 佐藤造機デビッドブラウンDB770/880/990/1200・・・昔のトラクターカタログへのコメント (I・ANDOより[02/17]) noraさんhoka
  • 『角ダルマ顔』のSU1540「撮りトラ」へのコメント (鈴木聖流より[02/14]) 明日もコメント書くの
  • 『角ダルマ顔』のSU1540「撮りトラ」へのコメント (noraより[02/14]) 今週末ですよね?予定
  • 『角ダルマ顔』のSU1540「撮りトラ」へのコメント (鈴木聖流より[02/14]) あ、そういえば玉造の
  • 『角ダルマ顔』のSU1540「撮りトラ」へのコメント (noraより[02/14]) 大丈夫です。行くつも
  • 『角ダルマ顔』のSU1540「撮りトラ」へのコメント (鈴木聖流より[02/14]) 石岡に住んでいるんで
  • 『角ダルマ顔』のSU1540「撮りトラ」へのコメント (noraより[02/14]) お母様が正しいです
  • 『角ダルマ顔』のSU1540「撮りトラ」へのコメント (匿名より[02/14]) メールはお母さんがダ
  • 『角ダルマ顔』のSU1540「撮りトラ」へのコメント (トラクター好き錆びたより[02/14]) このトラクターは茨城
  • 『角ダルマ顔』のSU1540「撮りトラ」へのコメント (noraより[02/14]) 鈴木さん こんばんは
  • 『角ダルマ顔』のSU1540「撮りトラ」へのコメント (鈴木聖流より[02/14]) その写真を撮ったのは
  • 現時点で僕の見た3番目に小さな認定番号。三菱耕耘機CT83「撮りトラ」へのコメント (Naruより[02/12]) 新しい機械もいいけれ
  • 1964年、三菱耕耘機CT531「撮りトラ」へのコメント (Domantasより[02/10]) Hello folk
  • 7月発売の新しいワールド、M1010W-SE(スペシャルエディション)は稲作用!「撮りトラ@ダイナミックフェア2018」へのコメント (トラより[02/07]) モンローや倍速ターン
  • 佐藤造機デビッドブラウンDB770/880/990/1200・・・昔のトラクターカタログへのコメント (hokkaidoujinより[02/07]) noraさんando
  • 三陽機器、草刈機その他@第34回国際農業機械展in帯広へのコメント (H2より[02/04]) もう一点ですけど、こ
  • 三陽機器、草刈機その他@第34回国際農業機械展in帯広へのコメント (みみずくより[02/02]) ルンバ式モアーの紹介
  • 三陽機器、草刈機その他@第34回国際農業機械展in帯広へのコメント (noraより[02/02]) H2さん こんにちは
  • タグクラウド

    クボタトラクター トラクターの話題や写真 撮り虎(撮りトラ) 水戸市大場町での米作り(コシヒカリ/飼料稲) 環境保全会活動の紹介や、予定など 米作り(コシヒカリ/飼料稲)動画記事 農業機械