1 2 3 4 5 6 7 8 175

「8」マンの謎、解けました。クボタFIAT550/650/850昔のカタログ

今日はトラクター狂さんに送っていただいた昔のカタログシリーズ。1978年(昭和52年)あたり、クボタが扱っていたフィアットトラクターFIAT550/650/850のカタログです。

 

農研機構の登録ではFIAT850の登録が1976年にされています。また、tractordata.comによれば、FIAT550はFIAT3.1L4気筒ディーゼル55馬力、2400rpmとなっていました。

カタログタイトルは550-8/550-12となっています。また、『どうして?450も550も640も8(エイト)マン。FIAT450/550「撮りトラ」』の記事の時に疑問に思ったボディサイドの「8」はこの表紙写真でも確認できます。

農研機構の登録ではFIAT850の登録が1976年にされています。また、tractordata.comによれば、FIAT550はFIAT3.1L4気筒ディーゼル55馬力、2400rpmとなっていました。

 

tractordata.comによるとFIAT450は、1968年〜1981年。FIAT2.3リッター3気筒エンジンで、45馬力2400rpmとなっています。いかにも働きそうな四角い顔と正反対にも思える繊細で細かいグリル。今回気になっているのは大きさや機種を表す450と書かれた文字の下の「8」

tractordata.comによるとFIAT450は、1968年〜1981年。FIAT2.3リッター3気筒エンジンで、45馬力2400rpmとなっています。いかにも働きそうな四角い顔と正反対にも思える繊細で細かいグリル。今回気になっているのは大きさや機種を表す450と書かれた文字の下の「8」これはいったい何??と思ったのでした。

 

うっすらと見える「550」の数字に下にはやっぱり「8」

うっすらと見える「550」FIAT550の数字に下にはやっぱり「8」

 

この写真を拡大してみると、手前も奥も「8」なのがわかります。640も550も450も「8」。みんなみんな8マン。これはいったい何を表しているのだろうか・・・

FIAT640も550も450も「8」。みんなみんな8マン。

 

クボタで扱っていたFIAT550-8/550-12のスペックは・・・ エンジン4サイクル水冷ディーゼル シリンダ数 4 内径×工程mm 95×110 総行程容積cc 3119 出力ps 55 回転速度rpm 2400 圧縮比 17.0:1 燃焼形式 直接噴射式 使用燃料 クボタディーゼル重油またはディーゼル軽油 潤滑方式 強制圧送潤滑 冷却方式 水冷(サーモスタット付き) 始動方式 セルスタート とあります。さらに見てみるとこのFIAT550-8/550-12の違いは変速段数にあるようで、ボディサイドに書かれた「8」は8速を表していたのです(Facebookのほうでも教えてもらっていました)。ということは、まだ見たことはないですがボディサイドに「12」と書かれた機体も存在するということになりますよね!

クボタで扱っていたFIAT550-8/550-12のスペックは・・・

エンジン 4サイクル水冷ディーゼル
シリンダ数 4
内径×工程mm 95×110
総行程容積cc 3119
出力ps 55
回転速度rpm 2400
圧縮比 17.0:1
燃焼形式 直接噴射式
使用燃料 クボタディーゼル重油またはディーゼル軽油
潤滑方式 強制圧送潤滑
冷却方式 水冷(サーモスタット付き)
始動方式 セルスタート

とあります。さらに見てみるとこのFIAT550-8/550-12の違いは変速段数にあるようで、ボディサイドに書かれた「8」「8速」を表していたのです(Facebookのほうでも教えてもらっていました)。ということは、まだ見たことはないですがボディサイドに「12」と書かれた機体も存在するということになりますよね!

 

そして気になったのはもう一つ・・・カタログの隅に「フィアットトラクターはローデシアで開催された43年度ワールドプラウコンテストで、見事に優勝」と書かれた文字。そんなのあるんですねえ・・・

そして気になったのはもう一つ・・・カタログの隅に「フィアットトラクターはローデシアで開催された43年度ワールドプラウコンテストで、見事に優勝」と書かれた文字。そんなのあるんですねえ・・・

 

調べてみるとWorld Ploughing Organisation(世界耕作機関?)という1952年創立の組織があって、1953年から耕作技術の進歩のために競技を開催しているみたいなのです。

調べてみるとWorld Ploughing Organisation(世界耕作機関?)という1952年創立の組織があって、1953年から耕作技術の進歩のために競技を開催しているみたいなのです。

 

競技の様子も公開されていました。

競技の様子も公開されていました。

 

ひや〜〜〜〜キレイですねえ・・・チョコレートのようです。

ひや〜〜〜〜キレイですねえ・・・チョコレートのようです。

 

審判員がこのようにできばえや鋤のチェックをするのでしょう。歴代の優勝者を見たりしたのですが、この競技はトラクターの性能というよりも、トラクターと鋤を使った競技者の「腕」を競うもののようで、優勝したから即トラクターが素晴らしい・・・となるような性格のものではなさそうです。

審判員がこのようにできばえや鋤のチェックをするのでしょう。歴代の優勝者を見たりしたのですが、この競技はトラクターの性能というよりも、トラクターと鋤を使った競技者の「腕」を競うもののようで、優勝したから即トラクターが素晴らしい・・・となるような性格のものではなさそうです。興味のある方はルールブックが公開されているのでそちらをどうぞ!

 

ローデシアで開催され、このFIATが優勝した1968年、大会を記念して切手が発行されたようです。大変なものですね!

ローデシアで開催され、このFIATが優勝した1968年、大会を記念して切手が発行されたようです。大変なものですね!

 

FIAT650カタログの表紙です。これにはボディサイドの数字がありません。

FIAT650カタログの表紙です。これにはボディサイドの数字がありません。

 

クボタで扱っていたFIAT650のスペックは・・・ エンジン4サイクル水冷ディーゼル シリンダ数 3 内径×工程mm 110×130 総行程容積cc 3701 出力ps 65 回転速度rpm 2200 圧縮比 17.4:1 燃焼形式 直接噴射式 使用燃料 ディーゼル軽油 潤滑方式 強制圧送潤滑 冷却方式 水冷(サーモスタット付き) 始動方式 セルスタート とあります。変速段数は前進7段後進1段きりで、650に限っては1種類しかないので「7」とは書かなかったのだ・・・と想像します。

クボタで扱っていたFIAT650のスペックは・・・

エンジン 4サイクル水冷ディーゼル
シリンダ数 3
内径×工程mm 110×130
総行程容積cc 3701
出力ps 65
回転速度rpm 2200
圧縮比 17.4:1
燃焼形式 直接噴射式
使用燃料 ディーゼル軽油
潤滑方式 強制圧送潤滑
冷却方式 水冷(サーモスタット付き)
始動方式 セルスタート

とあります。変速段数は前進7段後進1段きりで、650に限っては1種類しかないので「7」とは書かなかったのだ・・・と想像します。

 

そして最後はFIAT850・・・これにもサイドの数字はありません。そのかわり、850と850Lの2種あるようです。どう違うのでしょうか?

そして最後はFIAT850・・・これにもサイドの数字はありません。そのかわり、850と850Lの2種あるようです。どう違うのでしょうか?

 

細かい文字が読めなくて残念ですが、850Lの「L」はlow speedの「L」のようです。クリープか何かが付いていたのかもしれません。エンジンは内径×工程110×130の気筒が6つ。89馬力だったそうです。

細かい文字が読めなくて残念ですが、850Lの「L」はlow speedの「L」のようです。クリープか何かが付いていたのかもしれません。エンジンは内径×工程110×130の気筒が6つ。89馬力だったそうです。

 

時間がなくなってしまいました。今日はここまで。また明日!

 

 

クボタKT27「撮りトラ@ダイナミックフェア2018」

今日はMさんに連れて行ってもらったダイナミックフェア2018(JAグループ茨城の第44回農機・生産資材大展示会+同時開催の中古農機展示即売会)で見た、中古のクボタトラクターKT27「撮りトラ」です。

 

クボタKT27です。横から見るととってもスマート。

クボタKT27です。横から見るととってもスマート。

 

でもこうやってグレーの部分に色を付けてみると、それほどスマートではないことがわかります。「痩せて見える着こなし!」みたいな感じなのでしょうね。

でもこうやってグレーの部分に色を付けてみると、それほどスマートではないことがわかります。「痩せて見える着こなし!」みたいな感じなのでしょうね。

 

変なことに時間を使ってしまいました・・・クボタKT27は農研機構の登録では 2002年 主な仕様 4輪駆動 機関 19.9kW{27PS}/2600rpm 1.499 L 希望小売価格 希望小売価格:2229 (千円) 鑑定の対象に含めたアタッチメント等 装着キャブ・フレーム(合格番号) クボタ TSF30 (202005) クボタ TSF24 (202004) クボタ TSQ30 (202003) となっています。新しそうに見えて、もう10年以上前のものになってしまっています。

変なことに時間を使ってしまいました・・・クボタKT27は農研機構の登録

2002年
主な仕様
4輪駆動 機関 19.9kW{27PS}/2600rpm 1.499 L
希望小売価格
希望小売価格:2229 (千円)
鑑定の対象に含めたアタッチメント等
装着キャブ・フレーム(合格番号) クボタ TSF30 (202005) クボタ TSF24 (202004) クボタ TSQ30 (202003)

となっていて、新しそうに見えても、もう10年以上前のものになってしまっています。

 

愛称はKINGEYEという名が与えられています。

愛称はKINGEYEという名が与えられています。

 

より切れ長に、シャープに、モデルチェンジされた3ケタKTシリーズも同じ愛称でKINGEYEです。高級感や力強さ、農業を想起させるような愛称が多い中、「目」というのは変わっています。

より切れ長に、シャープに、モデルチェンジされた3ケタKTシリーズも同じ愛称でKINGEYEです。高級感や力強さ、農業を想起させるような愛称が多い中、「目」というのは変わっています。

 

クボタトラクタKT285 2009年と言えば初めてトラクターを意識したあたりかなあ・・・

2014年に中古で売られていたクボタトラクタKT285。値札で隠れてしまっていますが、切れ長の目尻が見えています。

 

やっぱりこの大きく繋がった「目」が愛称の源なのでしょうか?

KINGEYE やっぱりこの大きく繋がった「目」が愛称の源なのでしょうか?クボタKT27 中古価格 ¥1,350,000 使用時間692時間

 

クボタのサイトで見た取説によれば、KT27はクボタD1503-M-KT-1 1499cc 水冷4サイクル3気筒ディーゼル、27馬力/2600rpmとなっていました。

クボタのサイトで見た取説によれば、KT27はクボタD1503-M-KT-1 1499cc 水冷4サイクル3気筒ディーゼル、27馬力/2600rpmとなっていました。

 

2014年にこの場所で同じようにKT27見てるんですよね。残念ながら値段を写していなかったので比べられませんが・・・

2014年にこの場所で同じようにKT27見てるんですよね。残念ながら値段を写していなかったので比べられませんが・・・

 

クボタトラクタKT27 購入年月日はわかりませんが、とてもきれいです。KT27が初めて世に出たのは平成14年、2002年のことだそうです。

204年のクボタトラクタKT27 同じものとは限りませんが、ロータリーのサイドカバーに傷が全くないところにまだ新しさを感じます。

 

横から見るとシュッとしてるのに、正面からだとギャグっぽい・・・前からと横から・・・見た目の違いがすごく大きなトラクターです。

横から見るとシュッとしてるのに、正面からだとギャグっぽい・・・前からと横から・・・見た目の違いがすごく大きなトラクターです。

 

今日はここまでです。また明日!

サイト内の検索

お気に入りリンク

最近の記事

最新のコメント

  • こんなに大きくなって・・・フィンランド生まれのヴァルトラ、N134D「撮りトラ@第34回国際農業機械展in帯広」へのコメント (かんとれより[10/16]) この青のラインは、フ
  • こんなに大きくなって・・・フィンランド生まれのヴァルトラ、N134D「撮りトラ@第34回国際農業機械展in帯広」へのコメント (かんとれより[10/16]) この青のラインは、フ
  • 80年代の虹。クボタ RAINBOW S1-600SD「田植機考古学」へのコメント (noraより[10/15]) トラクター狂さん こ
  • 80年代の虹。クボタ RAINBOW S1-600SD「田植機考古学」へのコメント (トラクター狂より[10/15]) こんばんは。
  • RED BULL BOX CART RACE 「お米たべてー!」号モデルができるまでへのコメント (noraより[10/15]) ゴンザリオさん 凄い
  • RED BULL BOX CART RACE 「お米たべてー!」号モデルができるまでへのコメント (ゴンザリオより[10/14]) 二回目の書き込みをさ
  • 馬力によってはそんなに変わらないが、年代によってずいぶん変わる。それはヘッドランプ!へのコメント (CRAFTS DESIGNより[10/14]) ミニマリストランプ
  • フィンランド生まれのヴァルトラ、N134Dスマートタッチ続き「撮りトラ@第34回国際農業機械展in帯広」へのコメント (noraより[10/11]) hyoukou240
  • ISHIKAWAの謎、ついに解明かっ!クボタL240「撮りトラ」へのコメント (noraより[10/11]) おじまさん こんにち
  • こんなに大きくなって・・・フィンランド生まれのヴァルトラ、N134D「撮りトラ@第34回国際農業機械展in帯広」へのコメント (noraより[10/11]) H2さん こんにちは
  • FORD6600「撮りトラ」へのコメント (noraより[10/11]) 浜田さんでしょうか、
  • 今度はクボタの希望。レクシアNew Shining Hope HOPE97 「撮りトラ@第34回国際農業機械展in帯広」へのコメント (noraより[10/11]) H2さん こんにちは
  • フィンランド生まれのヴァルトラ、N134Dスマートタッチ続き「撮りトラ@第34回国際農業機械展in帯広」へのコメント (hyoukou240mより[10/11]) おはようございます。
  • ISHIKAWAの謎、ついに解明かっ!クボタL240「撮りトラ」へのコメント (おじまより[10/10]) おめでとうございます
  • こんなに大きくなって・・・フィンランド生まれのヴァルトラ、N134D「撮りトラ@第34回国際農業機械展in帯広」へのコメント (H2より[10/09]) N134のあとにDが
  • FORD6600「撮りトラ」へのコメント (Koun kongより[10/09]) こんにちは
  • 今度はクボタの希望。レクシアNew Shining Hope HOPE97 「撮りトラ@第34回国際農業機械展in帯広」へのコメント (H2より[10/06]) JAグループの予約取
  • 佐藤造機デビッドブラウンDB770/880/990/1200・・・昔のトラクターカタログへのコメント (hokkaidoujinより[10/03]) noraさんando
  • 古いけど生き生きしてる。FIAT640とその計器「撮りトラ」へのコメント (noraより[10/02]) furuさん こんば
  • 佐藤造機デビッドブラウンDB770/880/990/1200・・・昔のトラクターカタログへのコメント (noraより[10/02]) hokaidouji
  • タグクラウド

    クボタトラクター トラクターの話題や写真 撮り虎(撮りトラ) 水戸市大場町での米作り(コシヒカリ/飼料稲) 環境保全会活動の紹介や、予定など 米作り(コシヒカリ/飼料稲)動画記事 農業機械