運輸省型式認定番号が判明!1972〜1975年のあいだ生まれ、ブルトラB7000「おうちで撮りトラ」

早々に晒してしまいます。 小形特殊自動車 運輸省型式認定番号 農871号 クボタB7000型

今日はクボタ教のNさんからの情報で、運輸省型式認定番号が判明したクボタブルトラB7000「おうちで撮りトラ」です。

Nさんが見かけたと言う、ブルトラB7000今日は運輸省型式認定番号が判明したというだけなので短いです。
Nさんが見かけたと言う、ブルトラB7000
今日は運輸省型式認定番号が判明したというだけなので短いです。
早々に晒してしまいます。 小形特殊自動車 運輸省型式認定番号 農871号 クボタB7000型
早々に晒してしまいます。 小形特殊自動車 運輸省型式認定番号 農871号 クボタB7000型
早速表に落とし込んでみるとシバウラS2ケタの下、三菱D3000やTS1910の上に来ます。このことから概ね1972年から1975年の間に生まれたことがわかります。社史などにはエポックメイキングな事柄しか書かれていないことが多く、(ブルトラの場合は初めに作られたB6000やその次のシリーズにあたる01シリーズなど)中間のモデルがいつ生まれたか?・・・ということはよくよく調べないとわからないのです。こうやって並べて初めて大体のレンジがわかり、他の資料が出てきた時点で完全に特定できる・・・そんな感じなんです。データが少ない時はとても苦労しましたが、だんだんラクになってきました。
早速表に落とし込んでみるとシバウラS2ケタの下、三菱D3000やTS1910の上に来ます。

このことから概ね1972年から1975年の間に生まれたことがわかります。
社史などにはエポックメイキングな事柄しか書かれていないことが多く、(ブルトラの場合であれば初めに作られたB6000や、その次のシリーズにあたる01シリーズなど)中間のモデルがいつ生まれたか?・・・ということはよくよく調べないとわからないのです。こうやって並べて初めて大体のレンジがわかり、他の資料が出てきた時点で完全に特定できる・・・そんな感じなんです。

データが少ない時はとても苦労しましたが、資料が増えるにつれ、だんだんラクになってきました。
もう満足してしまったので、あとの写真は時間もないので流しちゃいます。
もう満足してしまったので、あとの写真は時間もないので流しちゃいます。
あっ!これは・・・レーキじゃなくてフロートじゃなくて・・・時間がないのにまた脳みそをつついてしまいます。そうだ!ストレークだ!
あっ!これは・・・レーキじゃなくてフロートじゃなくて・・・時間がないのにまた脳みそをつついてしまいます。そうだ!ストレークだ!
ここに載っている反転ストレークとは少し形が違いますね・・・ストレークじゃないのかな・・・

今まで見たタイヤにつけるアタッチメント(カゴ車輪を除く)はこれだけ。

やばいっ!もうこんな時間!きょうはここまでです。また明日!

なぜ農機ブランド名は積み上がってしまうのかその2「先祖と新しい家族と自分の名を名乗るから」

こちらがnewサンシャイン・ブルトラ・B-10カタログの表紙。背景が暗く落ちた硬質な写真で大きく顔をアップ。今までありそうでなかった印象深いカタログです。 そして何より、今まで「ブルトラ」とカタカナ表記しかしていなかったはずの「ブルトラ」が、BULL-TRAとアルファベット表記になっています。ブル-トラと間にハイフンが入っていたんですね!! 何となくそうだろうなぁ・・・と思っていたブルトラの意味、はっきりしました。 BULL(スッゲー)-TRA(トラクター)、スッゲートラクターだったんです。

今日はクボタトラクターnewサンシャイン・ブルトラ・B-10「昔のカタログシリーズ」の続きになりました。

以前やった農機ブランドの名前がどうして積み上がってしまったか考えた・・・の続きです。
カタログの表紙にはnewサンシャイン・ブルトラ・B-10と書かれているのですが、単独ではこのようにBULL-TRA B-10と表記されています。
カタログの表紙にはnewサンシャイン・ブルトラ・B-10と書かれているのですが、単独ではこのようにBULL-TRA B-10と表記されています。

サンシャインやnewはどこへやら。大きくブルトラです。

しばらくサンシャインや、newサンシャインの傘の下で「隠れブルトラ」として生き残っていたブルトラが一気にここで表に再浮上してきた感じ・・・
(詳しくは前の記事でご確認ください)

長い名前は、先祖や新しい家族を含めたファミリーネームと、自分の名前を加えていたためだったと考えればスッキリします。

そして、個々の紹介では自分の名前だけ、直系の先祖「ブルトラ」と自分の名である「B-10」を名乗っているということなのでしょう。

巻末には昭和62年10月作成とあります。1987年ですね。
巻末には昭和62年10月作成とあります。昭和で言われても、もう距離感がわからない・・・1987年ですね。
そしてもう一つ。サンシャインファミリーに加入していないブルトラの名が・・・ブルエースXB-1です。
そしてもう一つ。サンシャインファミリーに加入していないブルトラの名が・・・ブルエースXB-1です。

ややこしいなぁ・・・

トラクターの種類はあきらかに増えてます

管理機とトラクタの車体を見事にミックスと書かれているように、少し変則な出自のために完全にブルトラになれずブルエースなどという名前になったのでしょうか?

このような機体を見ると、明らかにトラクターは種類が増えてます。

そして、「ブルトラから派生したのだけど、本来のブルトラとはちょっと性格が違う」ものにそれぞれに愛称なり名前なりをつけようとすると、「ブルエース」だの「ブルキング」だの「リトルブル」(←架空の名前です)になってしまいます。

そして、それを大きなファミリー「サンシャイン」の中に入れると長い名前のできあがり。

サンシャインシリーズがモデルチェンジされると頭に「NEW」が付いてさらに長くなる・・・

そういうことですね。

管理機作業もそうですが、それまであまり重視されていなかった「カンタン」「ラク」という装備が加えられています。そういう部分も他と違うということで新たに「X」を冠せられたり、管理機機能もあってトラクターと言い切れない・・・ということでブル・トラではなくブル・エースにしたのでしょうね。

型式の頭にXの文字が冠せられていますが、大きく扱われているのは「エース」の「A」

もしかしたらブルトラから分家して管理機っぽいものは「A」の名前がつくようになったのかもしれませんね。

もしかしたらAの文字はアステに引き継がれ・・・

エースのAがさらにこのアステに引き継がれたかもしれず・・・

その先はさらに細分化され、「パル」が付いてアステ・パルに・・・

ブルにエースが付いて「ブルエース」になったように、エースの子孫のアステにパルが付いて「アステパル」。子孫がどんどん増えているんです。もう収拾がつきません。

もしかしたらブルトラの子孫XB-1「ブルエース」のもう一方の子孫かも

あまりにブルトラとかけ離れ、XBの「B」が抜け落ちてしまったと考えれば合点の行くX-20やX-24もブルトラの子孫と考えられませんかね?

タネから芽が出て、葉が出て、やがてそれが木となり枝を伸ばして1本の樹になる・・・その樹がサンシャインのような包括ブランド名と考えればいいのでしょうね。

そしてその樹はタネを落とし、またそこから芽が出て・・・・

まだ若芽のうちはサンシャインの名を引き継いでいても、やがて大きな樹になる頃には独自のブランド名を名乗るようになっていく・・・そんな感じなのかな。

今日はこんなところです。また明日!