なんだか『こなしてる』感じ。クボタL1801/1801DT「昔のカタログ」

一方こちらはL1801DTの表紙です。代かきをするL1801DT・・・両者を比べてみると、畑作用は二駆のL1801。稲作用は四駆のL1801DTと分けていたことが伺えて興味深いです。表紙の写真、いい写真ですね〜。キャッチフレーズは「Double Traction」とだけ、ニューダイナミックシリーズではないようです。ここも興味深い・・・

今日は「撮りトラに今までL1801は出てこなかったのでは?」と、トラクター狂さんが送ってくれた、クボタL1801/1801DT「昔のカタログシリーズ」です。トラクター狂さん、ありがとうございます!!

 

カタログはL1801とL1801DT別々なのですが、内容的にはほぼ同じ・・・両者を比べながら見ていきたいと思います。まずはL1801のカタログ表紙から。 ニューダイナミックシリーズと銘打っていますね。
カタログはL1801とL1801DT別々なのですが、内容的にはほぼ同じ・・・両者を比べながら見ていきたいと思います。まずはL1801のカタログ表紙から。畑を耕すL1801が表紙です。ニュー・ダイナミックシリーズと銘打っていますね。

 

初代ダイナミックシリーズは、緒形拳さんのL13RGを初めとするL型トラクター群に使われていましたね!
初代ダイナミックシリーズは、緒形拳さんの登場する、L13RGを初めとするL型トラクター群のカタログに使われていましたね!

 

クボタL1801の安全鑑定は1977年、しかし、小型特殊自動車の型式認定番号は、クボタL1801DT=農978、クボタL1801=農979・・・と、連番でどちらも1976年ということになっていますから、まあ、ほぼ同時に発売されたのでしょう。
クボタL1801の安全鑑定は1977年、しかし、小型特殊自動車の型式認定番号は、クボタL1801DT=農978、クボタL1801=農979・・・と連番で、どちらも1976年ということになっていますから、まあ、ほぼ同時に発売されたのでしょう。

 

一方こちらはL1801DTの表紙です。代かきをするL1801DT・・・両者を比べてみると、畑作用は二駆のL1801。稲作用は四駆のL1801DTと分けていたことが伺えて興味深いです。表紙の写真、いい写真ですね〜。キャッチフレーズは「Double Traction」とだけ、ニューダイナミックシリーズではないようです。ここも興味深い・・・
一方こちらはL1801DTの表紙です。代かきをするL1801DT・・・両者を比べてみると、畑作用は二駆のL1801。稲作用は四駆のL1801DTと分けていたことが伺えて興味深いです。表紙の写真、いい写真ですね〜。キャッチフレーズは「Double Traction」とだけ、ニューダイナミックシリーズではないようです。ここも興味深い・・・

 

kubota attachment catalog for "BULLTRA" B-series.
↑表紙のL1801DTは『クボタブルトラ用アタッチメントカタログ・・・「昔のカタログ」』で見た、代かき整地板を使っていますね!

 

安全鑑定の登録は、鑑定が始まった1976年一期生。多分、62番目です。
L1801DTの安全鑑定の登録は、鑑定が始まった1976年の一期生。多分、62番目です。

 

L1801カタログです。実は内容的にはなんら引っ掛るところがありません。どちらかといえば淡々と「こなしている」感なんです。
L1801カタログです。実は内容的にはなんら引っ掛るところがありません。どちらかといえば淡々と「こなしている」感じなんです。

 

こちらはL1801DT。ダブルトラクション・・・すなわち四駆を売りにしてはいますが、末尾00シリーズでもう四駆は完成していましたし、極めて落ち着いたトーンという感じです。強いていえばクリープが付いた・・・というのが目新しい部分でしょうか・・・
こちらはL1801DT。ダブルトラクション・・・すなわち四駆を売りにしてはいますが、末尾00シリーズでもう四駆は完成していましたし、極めて落ち着いたトーンという感じです。強いていえばクリープが付いた・・・というのが目新しい部分でしょうか・・・

 

“なんだか『こなしてる』感じ。クボタL1801/1801DT「昔のカタログ」” の続きを読む

世界初!耕深自動制御のクボタL1501DT-AC「撮りトラ」

実は写真はこの2枚しかありません。この写真も「見慣れないステッカーが貼ってあるな」くらいのキモチで撮ったもので、他に詳しい写真も撮りませんでした。ステッカーチューンなのか、それとも何かの装備の写真なのか、あとで調べてみよう・・・という程度のものです。

どこを切ってもキンタローなクボタトラクターのL4ケタ。調べるうちに違いが見え、さらに誕生年もわかって、面白くなってきました。

そんな中、偶然派生形を見つけました。というわけで、今日はL1501DT-AC「撮りトラ」です。

 

この場所はやたらL形が並んでいたので、目がチカチカします。というわけで感覚が麻痺しているし、「どうせ同じものだろう」という意識があるので違いを見分けられません。何気なく撮った写真に発見があっても、後続の写真がなく今回は悔しい思いをしました。
この場所はやたらL形が並んでいたので、目がチカチカします。というわけで感覚が麻痺しているし、「どうせ同じものだろう」という意識があるので違いを見分けられません。何気なく撮った写真に発見があっても、後続の写真がなく今回は悔しい思いをしました。この写真、三台並んでいる一番左が主人公です。

 

実は写真はこの2枚しかありません。この写真も「見慣れないステッカーが貼ってあるな」くらいのキモチで撮ったもので、他に詳しい写真も撮りませんでした。ステッカーチューンなのか、それとも何かの装備の写真なのか、あとで調べてみよう・・・という程度のものです。
実は写真はこの2枚しかありません。この写真も「見慣れないステッカーが貼ってあるな」くらいのキモチで撮ったもので、他に詳しい写真も撮りませんでした。ステッカーチューンなのか、それとも何かの装備の写真なのか、あとで調べてみよう・・・という程度のものです。

 

拡大してみます。考えてみれば、大きな2文字だけのステッカーというのは、今まで結構特別仕様というパターンが多かったです。
拡大してみます。考えてみれば、大きな2文字だけのステッカーというのは、今まで結構特別仕様というパターンが多かったです。

 

過去にはこんなものも・・・

 

拡大してみると赤字に白文字で「RS」うっすらと小麦みたいなイラストも入っていて、これこそオリジナルじゃないかな。グレード名かなにかの・・・
以前見たFORD3000に貼ってあった「RS」のステッカー。

 

オリジナルは項だったのであろう・・・というカタログの写真をいただきました。ベースは赤字に白フチ。実は文字は黒文字に白フチ、背景の稲穂は黄色だったみたいです。黄色、黒、赤の3色刷り、豪華なステッカーだったんですね!!! このRS仕様、FORD2000にも設定があったみたいです。
これは「ライススペシャル」稲作農家?をターゲットとした特別仕様車でした。

 

ステッカーは良くできているけれども微妙にダサくて、売ってる確率40%自分で作った確率60%の割合なんですが、僕としてはこういうシャレっぽいもの売っていて欲しいという気持100%です。
こちらはFORD3910に貼ってあったMUSTANGステッカー。これも初めはステッカーチューンだと思いましたが、後に特別仕様車だと判明しました。

 

「昔のカタログ」をSさんに提供していただきました。Sさん、ありがとうございます! ちょっと待ってください! ムスタングを考えてみましたか? ご好評にお応えしてフォードムスタング再登場!! とあります。
特別仕様車はFORDに多いのかもしれませんが「昔のカタログ」をSさんに提供していただきこれも解決しました。機能をおさえ、比較的低価格で販売したもののようです。

 

拡大してみます。GSと書いてあるのがわかるでしょうか?
これもFORD。FORD6600のサイドに発見したステッカーです。GSと書いてあるのがわかるでしょうか? 解決とまでは行きませんでしたが、「ゴルフスペシャル」という仕様があったという情報を寄せていただきました。

 

SUPER CXとかろうじて読めます。なんだろう・・・
結局FORDばかりですが、SUPER CXと書いてあるステッカーにいかにもグレード名っぽい響きを感じて調べてみると・・・

 

↑CM 日本電池 GS SUPER CX 1984年 バッテリーのステッカーだったり・・・

 

とまあ、前置きが長くなってしまいました。

 

このようにステッカー探査は、年表に載っていないような特別、もしくは限定仕様発見の糸口になる反面、「個人が何となく貼ったもの」という、時間をかけた割には幸薄い結果になる可能性を秘めたギャンブルだったりします。

 

拡大してみます。考えてみれば、大きな2文字だけのステッカーというのは、今まで結構特別仕様というパターンが多かったです。
で、「AC」に戻ります。

 

調べてみると農研機構の登録が1977年にあることがわかりました。元オーナーが個人的に貼ったステッカーではなかったのです。
調べてみると農研機構の登録が1977年にあることがわかりました。元オーナーが個人的に貼ったステッカーではなかったのです。

 

上の登録は二輪駆動タイプですが、もちろん僕の見た四輪駆動タイプ、L1501DTにもL1501DT-ACのACバージョンがあるということがわかります。L1501は先日の記事で昭和50年(1975年)に誕生したことがわかっていますから、ACバージョンはあとから追加されたものだとわかります。
ひとつ上の登録は二輪駆動タイプですが、もちろん僕の見た四輪駆動タイプ、L1501DTにもL1501DT-ACのACバージョンがあります。L1501は先日の記事で昭和50年(1975年)に誕生したことがわかっていますから、ACバージョンはあとから追加されたものだとわかります。

 

書籍にも記載がありました!

 

「久保田鉄工最近10年の歩み(創業90周年)」という書籍に書かれていました。少し長くなりますが、引用します。

 

52年(1977年)に発売したL1511形は1本のレバーですべての変速操作が走りながらできる完全無段階変速装置付きのもので、本格的な油圧ミッションを採用することにより当社が業界に先駆けて実現したものであった。同年にはさらに、耕深を自動制御するオートマチック・コントロールを世界で当社が初めて開発し、これを装着したL1501AC形を発売した。このほか、作物の種類に合わせてスピードの最適範囲を選べるセレクター、トラクタ走行停止時でも作業機の駆動ができるライブPTO、湿田に強いハイラグ大径タイヤ装着等の開発により業界に先鞭をつけた。

 

とあります。ACとはオートマチック・コントロールの略だったのです。見た目は従来のL型ですが、最新の自動機構を搭載して再登場したという形だったのだと思います。

ネットを探してみたらありました!

 

ちゃんと見ておけば良かったな・・・と思っても後の祭り。どんな機体だったのか、ネットを探してみたらありました!
くっそ〜〜〜!ちゃんと見ておけば良かったな・・・と思っても後の祭り。どんな機体だったのか、ネットを探してみたらありました!

 

“世界初!耕深自動制御のクボタL1501DT-AC「撮りトラ」” の続きを読む