いただいたヒガンバナ、法面の補修に使わせていただきました。

3月に市民の方からいただいたヒガンバナ、イメージしていた使い方と少しズレましたが、クルマが突っ込んで壊れた法面の補修に使わせていただきました。

 

Aさんはヒガンバナをプランターで育てていて、増えすぎたヒガンバナを捨てるところだったそうです。とても立派な球根を100球ほどいただいてきて、とりあえず庭に穴を掘っていけておきました。それにしてもニラと見まがうようなヒガンバナです。田んぼの法面に植えたものは、どんなに条件が良いところもこんなに大きくなっていません。
2019年度の総会前、市民の方から「増えすぎてしまったので有効活用してくだし」と、いただいたヒガンバナの球根。総会前の活動で植えようと思っていたのですが・・・

 

毎年おなじみのこの写真。暖かい年は左端の木に花がついているのですが、まだつぼみですね。こんなに寒そうな写真は初めてかもしれません。
当日はかなりの雨。ちょっとMUSTの活動に追加してヒガンバナの球根を植えるのはちょっと・・・という状態でパスしていました。

 

ところがうまい具合?に、このヒガンバナの法面にクルマが落ちて法面が崩れ、埋めるついでにヒガンバナを補植することになりました。

 

それから、彼岸花を植えた法面にトラックが突っ込んだというので見てきました。トラックのタイヤがこのように通過したみたいです。
こんなふうにクルマが落ちて法面が崩れたんです。

 

どうも道の向こう側からやってきて電柱をかすってこちらにまっすぐ飛び込んだみたいです。
落ちたほうはたいしたことないのですが・・・

 

このようすなら大したケガもしなかったでしょう。ヒガンバナは丈夫だしまた植えればいいですけど、もしケガでもしたら当人も大変です。
そのあとクルマを引き揚げる時点でだいぶやっつけてしまいました。

 

削れた部分に土を盛ったので球根の出番です。この時期、ヒガンバナの球根を売っているところはありません。ある意味ラッキーです。
削れた部分に土を盛ったので球根の出番です。この時期、ヒガンバナの球根を売っているところはありません。ある意味ラッキーです。

 

本当は新しい場所に植えたかったのですが、有効に使うことができました。球根を提供してくださったAさん、ありがとうございました。
本当は新しい場所に植えたかったのですが、有効に使うことができました。球根を提供してくださったAさん、ありがとうございました。

 

今日はこんなところです。また明日!

上の記事とゆるく関連しているほかの記事:

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。