トラクターシートはグラマー。David Brown 995「撮りトラ」

今日はhokkaidoujinさんのところで見たデヴィッドブラウンの995「撮りトラ」です。995は紹介するのも複数台になっています。

 

デヴィッド・ブラウン995はtractordata.comによると1971年〜1980年とロングセラー。イギリスはヨークシャー州メルサムミルズ村の工場で作られ、当時のお値段は$10,500 (1976)だったそうです。エンジンは David Brown4気筒3.6リッターディーゼル。64馬力/2200rpmだったそうです。

デヴィッド・ブラウン995はtractordata.comによると1971年〜1980年とロングセラー。イギリスはヨークシャー州メルサムミルズ村の工場で作られ、当時のお値段は$10,500 (1976)だったそうです。エンジンは David Brown4気筒3.6リッターディーゼル。64馬力/2200rpmだったそうです。

 

DB995/990のカタログを送ってもらいました。今日は「昔のトラクターカタログ」シリーズです。

以前この995のカタログを紹介しましたね! ←当時のカタログを見たい人はこのリンクからどうぞ! それまでシャシが黒だったDBがこのあたりから朱色になったんでした。セレクタマチックのDBがさらに実力アップ! シンクロメッシュで変速は自由自在! デビッドブラウンDB-995 63馬力 990 56馬力

 

この型のDBは片目になってしまっている確率かなり高し。また、フロントグリルが失われていないものを見つけるのは難しいです。

この型のDBは片目になってしまっている確率かなり高し。また、フロントグリルが失われていないものを見つけるのは難しいです。

 

カタログの写真では存在しないロールバーがついています。これ、よく見るとボルトオンなのですが、その取付け部分のガッチリしてること・・・(安全フレームですから当然なんですけど)

カタログの写真では存在しないロールバーがついています。これ、よく見るとボルトオンなのですが、その取付け部分のガッチリしてること・・・(安全フレームですから当然なんですけど)

 

この白いトラクターの中で唯一光っているメッキ部品ではないでしょうか?ラジエター点検リッド(たぶん)の開閉ノブ。

この白いトラクターの中で唯一光っているメッキ部品ではないでしょうか?ラジエター点検リッド(たぶん)の開閉ノブ。

 

あとから付けたらしいウインカーはスタンレーですが、下の赤いランプ(もしかしてウインカー?)はMADE IN ENGLAND BUTLERS(バトラーズ)

あとから付けたらしいウインカーはスタンレーですが、下の赤いランプ(もしかしてウインカー?)はMADE IN ENGLAND BUTLERS(バトラーズ)

 

メインのメーターはAC(アルバート・チャンピオン)イギリス製のスミスを採用していることもあったのに、アメリカ製の部品を使うというのは、どういう心境の変化だったのでしょうか?

メインのメーターはAC(アルバート・チャンピオン)サミュエル・スミス(1827年生まれ)さんが、ロンドンのコーズウェイに創立した時計屋さんが元になったという、イギリス製のスミスを採用していることもあったのにフランス生まれのアメリカ育ち部品を使うというのは、どういう心境の変化だったのでしょうか?

 

トラクターシートの背の部分、Grammerの文字が見えます。1954年にドイツのアンバーグに設立だれた会社で、前身は馬の鞍などを扱っていた会社だったようです。(不確か)僕は昔のドイツのトラクターに多く採用されているのを「土の館」で確認しています。

トラクターシートの背の部分、Grammerの文字が見えます。1954年にドイツのアンバーグに設立された会社で、前身は馬の鞍などを扱っていた会社だったようです。(不確か)いまも存在している会社で、電車の座席などにも手を出しているようです。新しいトラクターにもグラマーのシートは採用されていて、日本のトラクターでも見かけるので一級品なのでしょう。

 

ロゴ部分を拡大してみます。調整ノブみたいなものが見えていますし、当時快適だったのでしょうね。ガタイのいい外国の方々でも、やっぱり鉄の椀タイプシートには結構ガマンして座っていた・・・ということがわかります。

ロゴ部分を拡大してみます。調整ノブみたいなものが見えていますし、当時快適だったのでしょうね。ガタイのいい外国の方々でも、やっぱり鉄の椀に板バネタイプシートには結構ガマンして座っていた・・・ということがわかります。

 

 

Grandom(グランダム) ワールド M108Wにも付いていた

 

(さらに…)

サイト内の検索

お気に入りリンク

最近の記事

最新のコメント

  • 佐藤造機デビッドブラウンDB770/880/990/1200・・・昔のトラクターカタログへのコメント (I・ANDOより[10/17]) 追伸 今年時間
  • 佐藤造機デビッドブラウンDB770/880/990/1200・・・昔のトラクターカタログへのコメント (I・ANDOより[10/17]) noraさんhoka
  • こんなに大きくなって・・・フィンランド生まれのヴァルトラ、N134D「撮りトラ@第34回国際農業機械展in帯広」へのコメント (かんとれより[10/16]) この青のラインは、フ
  • こんなに大きくなって・・・フィンランド生まれのヴァルトラ、N134D「撮りトラ@第34回国際農業機械展in帯広」へのコメント (かんとれより[10/16]) この青のラインは、フ
  • 80年代の虹。クボタ RAINBOW S1-600SD「田植機考古学」へのコメント (noraより[10/15]) トラクター狂さん こ
  • 80年代の虹。クボタ RAINBOW S1-600SD「田植機考古学」へのコメント (トラクター狂より[10/15]) こんばんは。
  • RED BULL BOX CART RACE 「お米たべてー!」号モデルができるまでへのコメント (noraより[10/15]) ゴンザリオさん 凄い
  • RED BULL BOX CART RACE 「お米たべてー!」号モデルができるまでへのコメント (ゴンザリオより[10/14]) 二回目の書き込みをさ
  • 馬力によってはそんなに変わらないが、年代によってずいぶん変わる。それはヘッドランプ!へのコメント (CRAFTS DESIGNより[10/14]) ミニマリストランプ
  • フィンランド生まれのヴァルトラ、N134Dスマートタッチ続き「撮りトラ@第34回国際農業機械展in帯広」へのコメント (noraより[10/11]) hyoukou240
  • ISHIKAWAの謎、ついに解明かっ!クボタL240「撮りトラ」へのコメント (noraより[10/11]) おじまさん こんにち
  • こんなに大きくなって・・・フィンランド生まれのヴァルトラ、N134D「撮りトラ@第34回国際農業機械展in帯広」へのコメント (noraより[10/11]) H2さん こんにちは
  • FORD6600「撮りトラ」へのコメント (noraより[10/11]) 浜田さんでしょうか、
  • 今度はクボタの希望。レクシアNew Shining Hope HOPE97 「撮りトラ@第34回国際農業機械展in帯広」へのコメント (noraより[10/11]) H2さん こんにちは
  • フィンランド生まれのヴァルトラ、N134Dスマートタッチ続き「撮りトラ@第34回国際農業機械展in帯広」へのコメント (hyoukou240mより[10/11]) おはようございます。
  • ISHIKAWAの謎、ついに解明かっ!クボタL240「撮りトラ」へのコメント (おじまより[10/10]) おめでとうございます
  • こんなに大きくなって・・・フィンランド生まれのヴァルトラ、N134D「撮りトラ@第34回国際農業機械展in帯広」へのコメント (H2より[10/09]) N134のあとにDが
  • FORD6600「撮りトラ」へのコメント (Koun kongより[10/09]) こんにちは
  • 今度はクボタの希望。レクシアNew Shining Hope HOPE97 「撮りトラ@第34回国際農業機械展in帯広」へのコメント (H2より[10/06]) JAグループの予約取
  • 佐藤造機デビッドブラウンDB770/880/990/1200・・・昔のトラクターカタログへのコメント (hokkaidoujinより[10/03]) noraさんando
  • タグクラウド

    クボタトラクター トラクターの話題や写真 撮り虎(撮りトラ) 水戸市大場町での米作り(コシヒカリ/飼料稲) 環境保全会活動の紹介や、予定など 米作り(コシヒカリ/飼料稲)動画記事 農業機械