Homeに戻る > 「袋田の滝」脱力観光ツアーその4 プラス 十王ダム

「袋田の滝」脱力観光ツアーその4 プラス 十王ダム

今日は「袋田の滝」脱力観光ツアーその3の続き、その4です。

土産物

温泉地というわけでもないこぢんまりとした観光地ですが、木刀とかプラスチックのオモチャなど・・・よくわからないものが売られています。そういうセンスはなかなか楽しいです。

形は銀杏の殻のように見えます。なぜが「ウヨウヨウヨ」と、風もないのにてんでバラバラに蠢いている不思議なおもちゃ。ドラえもんがモチーフと思われる青いヤツ。なかなかいい味出してます。

形は銀杏の殻のように見えます。なぜが「ウヨウヨウヨ」と、風もないのにてんでバラバラに蠢いている不思議なおもちゃ。ドラえもんがモチーフと思われる青いヤツ。なかなかいい味出してます。

考えてみたら、全国の観光地や駄菓子屋さん以外ではなかなか買えないものばかりです。仕入れルートが違うのかしら?

大子町はこんにゃく芋を作っています。全国的には群馬県が有名ですが、大子町は茨城県的にこんにゃくで有名です。

大子町はこんにゃく芋を作っています。全国的には群馬県が有名ですが、大子町は茨城県的にこんにゃくで有名です。

目薬の木??

目薬の木????

目薬の木????

めぐすりの木とは、世界中で日本の深山の一部だけ自生している非常に数少ない薬用植物です。
古くから地方の人々の間で肝機能や目に大変役に立つとされています。

お召し上がり方 1リットルの水に10グラムくらい入れて15分煎じてください。(繰り返し3〜4回煎じてお召し上がり下さい)
時間が長いほど成分が出て茶褐色になります。
飲みやすい程度に薄めて毎日のお茶代わりにご利用下さい。

こんなこと書いてありますねえ・・・ウィキペディアでも調べてみると・・・

これがメグスリノキだそうです。山で見かけたとしても気がつかないだろうなあ・・・

これがメグスリノキだそうです。山で見かけたとしても気がつかないだろうなあ・・・

メグスリノキ(目薬の木、目薬木、学名:Acer maximowiczianum)とはカエデ科カエデ属の落葉高木である。「長者の木」や「千里眼の木」、「ミツバナ」、「ミツバハナ」とも呼ばれる。

日本国内のみに自生する。主に、標高700メートル付近に多く見られる。大きいものでは、樹高10mに達する。雌雄異株。葉は長さ5~13cm程度で、三枚の小葉からなる複葉。
和名は、戦国時代頃から樹皮を煎じた汁を目薬として使用すると眼病などに効用があるとする民間療法があったことに由来する。

ちょっと飲んでみたいです。

怪しい・・・怪しいぞ

怪しい・・・怪しいぞ

タバコとクボタ。クボタがタバコ屋さんに配った看板なのでしょうか?

タバコとクボタ。クボタがタバコ屋さんに配った看板なのでしょうか?

「キッコーショウ」醤油は亀甲なんですね。使ったことはないですけど。

「キッコーショウ」醤油は亀甲なんですね。使ったことはないですけど。

何のことだかまったく分からず・・・帝国発明協会有功賞牌受領です。 品質本位 軽快堅牢 埼玉の深谷 新島製作所製 「ライト式雄飛号」

何のことだかまったく分からず・・・帝国発明協会有功賞牌受領です。 品質本位 軽快堅牢 埼玉の深谷 新島製作所製 「ライト式雄飛号」

「ライト式雄飛号」調べてみました

飛行機かなにかと思ったら、まったく違いました。

足踏み式の脱穀機に付いていた、商品プレートみたいです。ずいぶんでっかいですね!

ヤフオクでカタログを売ってました。定価金18円 おもしろいですねえ・・・いつの時代のものだろう。

ヤフオクでカタログを売ってました。定価金18円 おもしろいですねえ・・・いつの時代のものだろう。

東に移動

峠を2つばかり越えて海へ出てみました。途中の山は大変なことになってます。

先日の雪のせいだと思いますが、やたら木が倒れています。それもこのように根っこから(それにしても、こんなに高いのに根っこはこれっぽっちしかないんですね)ひっくり返ったものもありますが

先日の雪のせいだと思いますが、やたら木が倒れています。それもこのように根っこから(それにしても、こんなに高いのに根っこはこれっぽっちしかないんですね)ひっくり返ったものもありますが

どういうわけだかこのようにササラに木の途中で折れているものが大部分。電線にもずいぶん倒れていました。日立方面で停電が続いていたのはこのせいだと思います。湿った雪に耐えられず折れてしまったのかも。

どういうわけだかこのようにササラに木の途中で折れているものが大部分。電線にもずいぶん倒れていました。日立方面で停電が続いていたのはこのせいだと思います。湿った雪に耐えられず折れてしまったのかも。

十王ダム

峠を抜けるといきなり視界が開けてダムが見えてきます。十王ダムです。

峠を抜けるといきなり視界が開けてダムが見えてきます。十王ダムです。


大きな地図で見る

十王ダム

このオレンジですごく目立つこのウキ、おもしろいです。

対岸の丘の上は十王パノラマ公園というらしいです。行ってみます。

十王パノラマ公園

ヘンテコリンな展望台があります。でも、眺めはよさそう。

十王パノラマ公園

UFOをモチーフにしているのだそうです。

十王パノラマ公園

UFO

十王パノラマ公園

閑散としていましたが、お金はかかっている感じです。

混んでいては人を見に行ったようになってしまいますし、閑散としていてはこういった施設も有効活用されない・・・僕としては閑散としていたほうがゆっくりできますが、難しいところですね。

十王パノラマ公園

UFOのてっぺんは青空。

十王パノラマ公園

東は福島から茨城の海・・・ずいぶん長く見えます。見晴らしいいです。

十王パノラマ公園

振り返るとさきほどの十王ダム。小さく見えます。

噴水・・・へえ!

十王ダム噴水

帰りがけにダム湖の噴水が吹き出し始めました。おお!

十王ダム噴水

なるほど・・・ライトアップなどもされるのか・・・夜はデートスポットだったりするんだろうな。

十王ダム噴水

ダムの噴水はどんどん高く上がっていきます。高性能!

十王ダム噴水

やるじゃん!

十王ダム噴水

レースのカーテンが傾きかけた西日を遮ります。

脱力観光はこれでおしまいです。

上の記事とゆるく関連しているほかの記事:

コメント

コメントをお寄せください。

コメントの投稿

* コメントフィード

トラックバックURL: http://oba-shima.mito-city.com/2014/03/04/fukuroda4/trackback/