コシヒカリの生長その2 田植えから一ヶ月後

今年の「一粒の種籾は4ヶ月後何粒になる?」シリーズは一つのコシヒカリの苗をずっと観察してみることにしました。

で、田植えから一ヶ月後の姿です。一週間ごと、開いても2週間おきに見ていたイメージだったんですけど、どういうわけか一ヶ月も開いちゃった。この間僕は何をやっていたんでしょう?

コシヒカリ、田植えから一ヶ月後、27日後(6月2日)の動画

頼りなげな2本のコシヒカリの芽はかなりしっかりしてきました。

コシヒカリ 6月2日、葉っぱも太く、逞しくなってきました。二本の芽もいくつかに別れて元が2本だったなんてわからなくなりました。

コシヒカリ 6月2日、葉っぱも太く、逞しくなってきました。二本の芽もいくつかに別れて元が2本だったなんてわからなくなりました。

コシヒカリ 6月2日 色については、なんかうまくホワイトバランスが取れなくて正確ではないと思います。なんだかデジカメでイネを撮るのって難しいですね・・・いつもバランスがバラバラ。

コシヒカリ 6月2日 色については、なんかうまくホワイトバランスが取れなくて正確ではないと思います。なんだかデジカメでイネを撮るのって難しいですね・・・いつもバランスがバラバラ。

こういうの「ぶんけつ」っていうんですよね?

詳しくは「ぶんけつ」について書いた過去の記事を読んでもらうとして、ぶんけつ」は「分けつ」ではなく、「分蘖」で、「蘖」は「ひこばえ」をあらわすんでした。

つまり、「ひこばえ」を出して少ししっかりしてきたのが田植え後一ヶ月と言ったところでしょうか? 2本の茎も5〜6本になっている感じです。

上の記事とゆるく関連しているほかの記事:

コメント

コメントをお寄せください。

コメントの投稿

* コメントフィード

トラックバックURL: http://oba-shima.mito-city.com/2013/09/13/koshihikari-2/trackback/