Homeに戻る > 土地の記憶は地名と地形と植物に残る

土地の記憶は地名と地形と植物に残る

作物は土の記憶を映す鏡。成長してきた稲の色がほんのわずかに違う!!

作物は土の記憶を映す鏡。成長してきた稲の色がほんのわずかに違う!!

以前土地の記憶は植物に投影される・・・(昔道だったところだけ稲の色がわずかに違っていたのです)みたいな記事を書いたことがありますが、昨日のコメントでそれに地名と地形、それから人名も加えなくちゃならないなあ・・・なんて思いました。

確かにここらへんには、「あしかわ、よしかわ、おぎや、おぎぬま」さんがいます。きっとこれはそういう植物が(しかも有用な)生えていて利用していた名残なのでしょう。そしてもしかしたら今は何もなくても放っておけばそういう植物がそのうち生えてくるということを意味しているかもしれません。

また、この間の台風15号で、水が出たときなぜかウチの前の道路だけ(わずか10数メートルだけ)水が浸りました。前にMさんに「僕の家あたりは低いので水が来るぞ」と言われたことを思い出しました。水ですから、本当に素直に1ミリでも低いところにやってきます。

普段クルマで走っていて、まったくの平らだと思っていても、土地の記憶として数ミリでも低ければ確実に水はそこへやってくる・・・というわけです。これはその土地の記憶は地形にわずかでも残されているということではないでしょうか?

それに加えて土地の名前・・・少年向けの冒険小説などには、無人島に流れ着くと主人公は色々な場所に名前を付けます。たとえばぐるっと回ってそこが小さな島だと分かった場所に「絶望の岬」とか、食料調達場所に「魚取りの渚」なんて名前をつけたりします。

アイヌの地名などはそういう感じが出てていいなあ(たとえば知床という地名は・・・「地の果て」とか「岬」を表しているそうですよ)・・・なんて昔から思っていたんです。

オギの生えている窪地・・・そうだよなあ 気がつかなかった

オギの生えている窪地・・・そうだよなあ 気がつかなかった

ところが昨日のコメントにあるように「荻窪」という地名・・・オギが茂っている窪地という意味なのでしょう。日本語の地名だって同じだったんです。深く考えていなかったので気がつかなかっただけでした。きっと荻窪は、微妙に低くて僕のウチの前みたいに水が来たらなぜか溜まっちゃうのでしょう・・・平に見えても。

どんなに開発されても、昔の土地の性質と言うか持っているモノは、地名や住んでいる人の名前や植物に表れる・・・アスファルトを敷いてしまえば植物はなくなりますし、人も引っ越してしまえばわからない。でも、わずかな地形と地名にそれが残っている。

市町村合併などや、住所の簡素化の目的などで旧町名をわかりやすく新しくすることがありますが、わかりやすく便利になる反面、土地の記憶が一つ失われてしまうんですね。

上の記事とゆるく関連しているほかの記事:

コメント

畑でも土地改良工事などで川を埋めた跡などは夕立など強い雨降ると水流れます。
家や道路の跡は石が残っていたりして作物の仕上がりも早かったりします。作物が肥料分が多すぎて倒れたりすると「そういえばあそこは○年前に堆肥積み上げておいた場所だったな~」などと思い出したりします。

よく暇つぶしにくる近所の先輩農家さんが冗談まじりに畑に部分的に雑草が発生した場合「草取りサボりましたって、畑に書いてある」って言って笑ってました。

田畑は正直ですね!

2011年12月2日 8:44 AM | OP

OPさん
コメントありがとうございます
畑でもそうなんですね!

畑に部分的に雑草が発生した場合「草取りサボりましたって、畑に書いてある」って言って笑ってました。 田畑は正直ですね!

「畑に書いてある」・・・気に入っちゃいました

本当に 田畑は正直です
それに考えてみれば、普通は製品のみを見せるものですが
農作物を作っているところ、(工業製品なら工場)はいつでもフルオープン
誰でも見ることができるんですもん緊張感ありますよね
何をどうしているのかすぐにわかってしまう・・・

昔近所のおばさんが「職人一人に(それを見ている)馬鹿三人」なんて言ってました
端から見て「あ=でもないこーでもない」といらんことを言う人がいるという
現場での職人のやりにくさを表現した言葉のようでした

見られていると思うと、いろいろやりにくいものです
見られている上に、やったこと、やらなかったことがモロに作物に出てしまう
加えて土地の記憶も出てしまうってことなんですね

ほんとうにお仕事ご苦労様です

2011年12月3日 5:42 AM | nora

コメントの投稿

* コメントフィード

トラックバックURL: http://oba-shima.mito-city.com/2011/12/02/tochinokioku/trackback/