役に立たないだと?余計なお世話だ イヌゴマ

イヌゴマとゴマ 僕は僕なんだ・・・という声が聞こえてきそうです。そして、「イヌ」は「犬」じゃないらしいのですが、コイツもとばっちりです。

イヌゴマとゴマ 僕は僕なんだ・・・という声が聞こえてきそうです。そして、「イヌ」は「犬」じゃないらしいのですが、コイツもとばっちりです。

目を凝らしていると、春もそうでしたが、夏になってもシソの仲間(本当に多いなあ)は健在です。今度はイヌゴマです。

どうでもよいことかもしれませんが、この「イヌ」が付く植物って本当に多くて、イヌタデ、イヌホウズキ、イヌビエ、イヌハッカ、イヌムギ、イヌガラシ、イヌヒユ、イヌホタルイ・・・なんだか枚挙にいとまがないです。

「イヌ」が付く意味として、役に立たないだの、「否(いな・・・思ってたのと違ーう)」だのさんざんな意味合いとして、正規品名にプラスして名前がついているみたいですが、こういう名前も含めて、「アスナロ(明日はヒノキだガンバロウ!)」とか、「マテバシイ(待ってりゃいいこともあるぜ!シイの木だ!)」などと、本人やイヌが聞いたら怒るような名前がたくさんあります。

他の誰でもない「イヌゴマ」だったりするわけですが、人間が名前をつけると、どうしても優等生(言うことを良く聞き、要求したことをそつなくこなす有用な人)と対比して名前をつけてしまうようです。言ってみれば光に対する影、明に対する暗・・・余計なお世話なんですけどね。

これが欧米だと白と黒で「ブラックゴマ」なんてなっちゃうのでしょうか?それじゃ黒ゴマか・・・あ!天使と悪魔で「デビルセサミ」かな?

実際ゴマ抜きでで見ると、元気でまっすぐな葉っぱと、茎の周りを取り巻いて、ピンクの(良く見ると)複雑な形状の花のついたきれいな植物です。

イヌゴマ(写真はクリックで拡大します)

イヌゴマ

イヌゴマ シソの仲間はピンクの花色が多いですねえ

イヌゴマ

イヌゴマの花

花を拡大してみます

イヌゴマの花 アップ

イヌゴマの花 アップ

イヌゴマの花 アップ

イヌゴマの花 アップ 黒いブラブラしたものはこの下に蜜がありますよ・・・というサインなのだ・・・と、どこかのサイトに書いてありました。

サインはいいけど、ちょっとおっかない(罠?)

形状がどうも楽しげではありません。罠か危険な匂いがします。どちらかと言えばジェット機のエアインテークみたい・・・入ったらバラバラ?な感じです。虫にとってはこれがいいのかもしれませんが

形状がどうも楽しげではありません。罠か危険な匂いがします。どちらかと言えばジェット機のエアインテークみたい・・・入ったらバラバラ?な感じです。虫にとってはこれがいいのかもしれませんが

ま、きれいだからいいか

イヌゴマの花

イヌゴマの花と葉っぱを通して夕日が差し込みます。

さっそく虫がやってきました

イヌゴマの花

イヌゴマの花とイチモンジセセリ

イヌゴマの花とイチモンジセセリ 見ていると、一文字の紋付を着た、イチモンジセセリがやってきました。ためらいもなく、ジェットインテークの給油口に口吻(こうふん)を突っ込んで給油しています。へえ〜

追加:イヌゴマは8月のほうが多いみたいです

イヌゴマ

あとからあとからどんどんと増えてます

イヌゴマ

7月24日のイヌゴマ

8月9日のイヌゴマ

8月9日のイヌゴマ

8月9日のイヌゴマ

8月9日のイヌゴマ

シソの仲間の記事をまとめてご覧になるにはこちら

島地区の植物の記事へ
島地区の植物の記事へ

上の記事とゆるく関連しているほかの記事:

コメント

コメントをお寄せください。

コメントの投稿

* コメントフィード

トラックバックURL: http://oba-shima.mito-city.com/2011/07/16/inugoma/trackback/