1 2 3 4 5 6 16

ほんのちょっとの差が大きい(人に変化があると自然も変わる)

今日はなんとなく近所に生える植物の話です。

 

 

水路に水草が浮いているのを見つけました。

水路に水草が浮いているのを見つけました。

 

葉っぱの数が多いようなキモしますが、シャジクモの仲間でしょうか・・・ Wikipediaによると シャジクモ(車軸藻、学名:Chara braunii)は、車軸藻綱に分類される藻類。湖やため池などに生育する。 となっています。

葉っぱの数が多いような気もしますが、シャジクモの仲間でしょうか・・・
Wikipediaによると

シャジクモ(車軸藻、学名:Chara braunii)は、車軸藻綱に分類される藻類。湖やため池などに生育する。

となっています。

 

エビモ

そういえば2013年にはエビモと思われる水草も生えていました。これ、今どうしているんだろう・・・

 

エビモ

こんな感じの水草です。エビモはウィキペディアによると

エビモ
(Potamogeton crispus) は、ヒルムシロ科ヒルムシロ属の水草。縮れた葉を持つ。
分布
南米以外の世界各地に分布する。北米では五大湖などに侵入し、侵略的外来種として扱われている。湖沼やため池、河川などに生育。水質汚濁には強い。

とありました。花も咲くそうです。

 

さらに記憶を辿るとホテイアオイがビッチリ・・・なんて時もありました。これは2010年の写真です。

さらに記憶を辿ると、水路にホテイアオイがビッチリ・・・なんて時もありました。これは2010年の写真です。

 

ホテイアオイの花、結構きれいでしたね。今は水路で見かけることはありません。

ホテイアオイの花、結構きれいでしたね。今は水路で見かけることはありません。

 

今年はヒシもこのくらいの広がり・・・例年に比べればかわいいもん?です

そういえばヒシも見かけませんねえ・・・これは2012年の写真です。

 

ヒシの葉でいっぱい!

用水路のあちこちに、このようなヒシの群生が見られたものですけど、除去したのでしょうね・・・

 

↑ヒシの用水路にカメラ突っ込んで、下がどうなっているのか見ましたっけ・・・

 

さらに思い出してみると、スライドモアを使わず、手刈りしていた時はノカンゾウもこんな感じで咲いていました。2011年の写真です。

さらに思い出してみると、スライドモアを使わず、手刈りしていた時はノカンゾウもこんな感じで咲いていました。2011年の写真です。

 

ここまでくると中間地点。機械の刈り残し部分がこんなに伸びてしまっています。この中にノカンゾウがあるのがわかるでしょうか?

2019年。機械の刈り残し部分の中にノカンゾウがあるのがわかるでしょうか?

 

機械で刈るようになってからノカンゾウは畦部分から次第に稲のほうに押しやられてしまっています。稲穂と一緒に揺れるオレンジの花。

機械で刈るようになってからノカンゾウは畦部分から次第に稲のほうに押しやられてしまっています。稲穂と一緒に揺れるオレンジの花。

 

調べてみると「ナツズイセン」という植物に間違いなさそうです。

それから、今すごくアクセスが多いナツズイセンも2016年以来確認していません。(タイミングが悪いのかもしれませんけど)

 

水辺の際、スライドモアが届かないあたりに生えています。あ!でも、ここはたの活動体が刈るところだっけかな?

水辺の際、スライドモアが届かないあたりに生えています。ナツズイセンはウィキペディアで調べてみると

ナツズイセン(夏水仙、学名: Lycoris squamigera)は、ヒガンバナ科ヒガンバナ属の多年草である。
和名は、葉がスイセンに似ていて、花が夏に咲くことから。また、花期に葉がないことから、俗に「裸百合」とも呼ばれる。
地下に鱗茎を持つ。
秋から翌年の春にかけてスイセンに似た葉を出す。
8月中旬から下旬に鱗茎ひとつに対して1本、60cmほどの花茎を伸ばし、ピンク色の花を咲かせる。花茎が伸びる頃には葉は残っておらず、花茎と花だけの姿となる。

 

訂正です! 写真を確認したら、去年(2018年)水路脇でナツズイセンを確認していました。

訂正です!
写真を確認したら、去年(2018年)水路脇でナツズイセンを確認していました。

 

今年は島地区の絶滅危惧種、野生のハッカのバックアップとして庭の隅に植えている日本ハッカに勢いがあります。

これまでの話を受けて大場町島地区の絶滅危惧種、日本ハッカに続きます。野生のハッカのバックアップとして庭の隅に植えている日本ハッカなのですが、これは2017年の写真です。

 

ところが今年はこの勢い。種から芽を出す頃の草刈りのタイミングが良かったのかもしれません。

毎年最初の草を刈った後このようにたくさん出てきていました。

 

刈った草が黄色くなるかならないかのタイミングで日本ハッカの芽が一斉に出てきます。「今刈ればどっとハッカの芽が出る」というのが(経験則から出たものですがの)確信になりつつあります。

2018年の去年だってかなり生えていたんです。

 

ところが2019年の今年、シーズン初めの草刈りを仕事が忙しかったので少し遅らせたせいかもしれません。ほんの数株しか出ませんでした。

ところが2019年の今年、シーズン初めの草刈りを仕事が忙しかったので少し遅らせたせいかもしれません。ほんの数株しか出ませんでした。

 

たったこれだけです。

たったこれだけです。

 

草刈りのタイミングが少しズレたり、水路を塞ぐので撤去したり、草刈りをする機械が変わったり・・・ほんのちょっとの人間の変化に、植物がすごく反応しているのに驚かされます。

 

今どんなに茂っていても、ヒトを含めた環境がちょっと変わっただけで次の年はわからない・・・そんな気がします。

 

今僕が目にしている光景は「それしかない!」というバランスの上に成り立っていて、次の年はまた別のバランスの上にある。そういうことなのでしょう。

 

今日はこんなところです。また明日!

レッドブルボックスカートレースで走ります!「お米たべてー!」TEAMに1票お願いします!

 

前回、「都会の人にはクラフト紙の米袋がピンとこなかった」という反省点を元に、誰もがひと目でわかる「おにぎり」「rice ball」で訴えてみようと思いました。北陸で地震がありましたけど、物資の輸送が止まっても保存の効く米は有効です。やっぱり、みんながお米を食べなくなって、田んぼがなくなってしまったら、非常時だって困ります。

前回、「都会の人にはクラフト紙の米袋がピンとこなかった」という反省点を元に、誰もがひと目でわかる「おにぎり」「rice ball」で訴えます。今回「お米たべてー!」TEAMのカート名は『おむすびころりん』。地震で物資の輸送が止まっても保存の効く米は有効です。みんながお米を食べなくなって、田んぼがなくなってしまったら、非常時だって困ります。一人一人が一日おにぎりを一つ食べるだけだってかなり違うはず。というわけで、現在受付中の人気投票で「お米たべてー!」TEAMに投票をお願いします!

 

今年も日本ハッカ、芽を出しました。何となく草刈り時わかってきた!

今日は大場町島地区の絶滅危惧種、日本ハッカの話題でも・・・

 

町内で唯一日本ハッカが生えているところから取ってきて家の隅に植えてます。最近なんとなくハッカの好みがわかってきたような気がしています。

 

冬枯れの後春になり、まずはヒメオドリコソウオオイヌノフグリ、ホトケノザなどが出てきて、そののちイネ科の植物やカラスノエンドウなどが「わあっ」と元気よく出てきます。

 

 

てっぺんが赤く、ボーッと立っている姿はピグモン。

てっぺんが赤く、ボーッと立っている姿はピグモン。

 

ピグモンは大きくなってガラモンに?どんどん増えたヒメオドリコソウ・・・ちょっと気持悪いです。

ピグモンは大きくなってガラモンに?どんどん増えたヒメオドリコソウ・・・ちょっと気持悪いです。

 

 

オオイヌノフグリのタネ

オオイヌノフグリのフグリ

 

 

「これ以上伸びるとカラスノエンドウの種が落ちてマズい」というタイミングで草刈りをして、そのあとに雨でも降れば一発!

 

刈った草が黄色くなるかならないかのタイミングで日本ハッカの芽が一斉に出てきます。「今刈ればどっとハッカの芽が出る」というのが(経験則から出たものですがの)確信になりつつあります。

刈った草が黄色くなるかならないかのタイミングで日本ハッカの芽が一斉に出てきます。「今刈ればどっとハッカの芽が出る」というのが(経験則から出たものですがの)確信になりつつあります。

 

そして、見ていると毎年毎年少しずつ移動しているように思えます。(どちらかといえば日陰寄りに)

 

植物に足はありませんが群生地の中心というか重心は、その植物が生きやすい環境に移って行くようです。

 

ちょいと草刈りのタイミングを調節することでそのお手伝いをできる・・・というのがおもしろいです。

1 2 3 4 5 6 16

サイト内の検索

お気に入りリンク

最近の記事

最新のコメント

  • 島営農生産組合の総会を見てきました。へのコメント (noraより[01/24]) 塚本さん こんにちは
  • 島営農生産組合の総会を見てきました。へのコメント (塚本浩一郎より[01/24]) 書記さんおはようござ
  • 島営農生産組合の総会を見てきました。へのコメント (noraより[01/24]) 塚本さん おはようご
  • ユーティリティビークルにはグレード存在するのか?O特派員と行くバーチャルツアーその13@ダイナミックフェア2019へのコメント (noraより[01/24]) 匿名さん おはようご
  • FORD3000とフェイスガード色々とその考察へのコメント (noraより[01/24]) ビリーさん おはよう
  • 島営農生産組合の総会を見てきました。へのコメント (塚本浩一郎より[01/23]) 私、竜ヶ崎で営農組合
  • ユーティリティビークルにはグレード存在するのか?O特派員と行くバーチャルツアーその13@ダイナミックフェア2019へのコメント (匿名より[01/23]) 屋根ですね
  • FORD3000とフェイスガード色々とその考察へのコメント (ビリーより[01/21]) こんにちは、個人的に
  • もう稲わらの顔を見なくていい毎日へのコメント (hyoukou240mより[01/13]) はようございます
  • 管理人よりへのコメント (noraより[01/04]) 六郎田一馬さん 明け
  • 管理人よりへのコメント (六郎田一馬より[01/04]) こんにちは。明けまし
  • 「ラク」「カンタン」はこの頃から・・・クボタサンシャイン「昔のカタログ」へのコメント (作業所ひなの農作業用トラクター! | 作業所ひなのブログより[01/01]) […]
  • 佐藤造機デビッドブラウンDB770/880/990/1200・・・昔のトラクターカタログへのコメント (hokkaidoujinより[12/28]) noraさんando
  • 1965〜1967年(多分)FORD4000メジャー「撮りトラ」へのコメント (象印より[12/19]) 実家に帰った時に写真
  • 佐藤造機デビッドブラウンDB770/880/990/1200・・・昔のトラクターカタログへのコメント (hokkaidoujinより[12/19]) 「フランスとドイツで
  • 佐藤造機デビッドブラウンDB770/880/990/1200・・・昔のトラクターカタログへのコメント (hokkaidoujinより[12/19]) noraさんando
  • 佐藤造機デビッドブラウンDB770/880/990/1200・・・昔のトラクターカタログへのコメント (I・ANDOより[12/18]) noraさんhoka
  • 佐藤造機デビッドブラウンDB770/880/990/1200・・・昔のトラクターカタログへのコメント (hokkaidoujinより[12/18]) FOWERD CON
  • 佐藤造機デビッドブラウンDB770/880/990/1200・・・昔のトラクターカタログへのコメント (hokkaidoujinより[12/18]) noraさん おはよ
  • 管理人よりへのコメント (noraより[12/17]) 六郎田一馬さん こん
  • タグクラウド

    クボタトラクター テーマからかなりはずれてるかも トラクターの話題や写真 撮り虎(撮りトラ) 水戸市大場町での米作り(コシヒカリ/飼料稲) 環境保全会活動の紹介や、予定など 農業機械