ツリガネズイセンとハナニラかなぁ

一面に生えたスギナの中で精一杯背伸びをして咲いています。

外に出かけた帰り、田んぼからちょっと上がったところで紫と白い花を見かけました。

以前も見たことがありますが、ハナニラかなぁ・・・
以前も見たことがありますが、ハナニラかなぁ・・・
フキの日傘で直射日光を避けています。
フキの日傘で直射日光を避けています。
4月 ハナニラの花
以前見たハナニラと判断した花はこのようにシャープな感じでしたが、今回見たものは花びらが膨らんだ感じで、腰がなくクタクタです。

ただ、調べてもハナニラ以上に見た目の近い花がなく、とりあえず「生活態度が悪く、だらしのないハナニラ」ということにしておきます。

ハナニラはウィキペディアによると

ハナニラ(花韮、学名:Ipheion uniflorum (Lindl.) Raf.)は、APG植物分類体系第3版でヒガンバナ科(APG植物分類体系第2版ではネギ科、古い分類のクロンキスト体系ではユリ科)に属するハナニラ属の多年草。イフェイオン、ベツレヘムの星とも呼ばれる。原産地はアルゼンチン。

特徴
日本では、明治時代に園芸植物(観賞用)に導入され、逸出し帰化している。
葉にはニラやネギのような匂いがあり、このことからハナニラの名がある。野菜のニラ(学名Allium tuberosum)とは同じ科の植物であるが、属が違うのであまり近縁とは言えない。
球根植物であるが、繁殖が旺盛で植えたままでも広がる。鱗茎から10-25cmのニラに似た葉を数枚出し、さらに数本の花茎を出す。開花期は春で、花径約3cmの白から淡紫色の6弁の花を花茎の頂上に1つ付ける。地上部が見られるのは開花期を含め春だけである。

とあります。

背が高くこちらのほうが先に目に飛び込んできたのでした。調べてみるとツリガネズイセンとか球根ツリガネソウなどと呼ばれている花じゃないかと思います。
話は変わって紫の花。背が高く、こちらのほうが先に目に飛び込んできたのでした。調べてみるとツリガネズイセンとか球根ツリガネソウなどと呼ばれている花じゃないかと思います。
一面に生えたスギナの中で精一杯背伸びをして咲いています。
一面に生えたスギナの中で精一杯背伸びをして咲いています。

きっと夏だって秋だって花は咲いているでしょう。でも、色の少ない冬に目が慣れているせいか、春先に花を見つけるとちょっとワクっとします。

今日も早めに上がります。それではまた明日!

 

やっと見つけた安住の地・・・ビロードモウズイカ

クルマで出かけた帰り道、必ず目にする、縁石と道路のわずか数ミリのスキマに生えるビロードモウズイカ(去年名前が判明した)。気がついて二年目なのですが、去年のものが黒い棒状に立ち枯れたまま、さらに今年のものがさらに大きく棒状に立ち枯れています。

先代と並んで立ち枯れるビロードモウズイカ

ビロードモウズイカ
2014年式のものは少し小さく、2015年式のものは安心したのか、去年のものより大きい・・・
ビロードモウズイカ
これなんかわかりやすいですね!

今年6月の状態はこうでした

左が去年のビロードモウズイカ。それより大きな今年のビロードモウズイカがそびえ立っています。
左が去年のビロードモウズイカ。それより大きな今年のビロードモウズイカがそびえ立っています。

ビロードモウズイカfrom Wiki

ビロードモウズイカ(学名:Verbascum thapsus)はヨーロッパおよび北アフリカとアジアに原産するゴマノハグサ科モウズイカ属の植物である。アメリカとオーストラリア、日本にも帰化している。
ビロードモウズイカは、大きな葉のロゼットから伸長した長い花穂に黄色い小花を密集し、高さ2メートル以上にもなる毛深い二年生植物である。

とあります。前に見たときより、内容が豊富になっているような気がする・・・

ビロードモウズイカの全貌・・・ウィキペディアより
ビロードモウズイカの全貌・・・ウィキペディアより
ビロードモウズイカの花・・・ウィキペディアより
ビロードモウズイカの花・・・ウィキペディアより

中央分離帯をコンクリで固めたせいだな

国や水戸市、予算がないのでしょう・・・家の前の路側帯の草刈りなんか、冬前に一回だけ・・・今年はスライドモアでずいぶん回った後だったので、業者はラクできたのではないでしょうか・・・

手間のかかる中央分離帯の植木や芝などの手入れができないらしく、どんどんコンクリートで固める方向に行っています。中央分離帯が植物だとゴミ問題もありますしね・・・

“やっと見つけた安住の地・・・ビロードモウズイカ” の続きを読む