模型実験と実機の違い 「お米たべてー!」TEAM Rice Ball

PVアクセスランキング にほんブログ村

Red Bull Flight Day2024の「お米たべてー!」TEAMの機体。1/10模型実験と実機との違いです。実機初速約10km/h、模型スケールスピードでの初速約17km/h、重さ実機総重量140kg、模型総重量90gと、実機飛行距離4.7m、模型スケール飛行距離約11mと、全く違うのでなんとも言えません。ただ、模型と実機の落ちるスピードがかなり違うのが興味深いです。

時間のかかった動画

連日のおにぎりネタですみません。15秒の動画をつなぐのに2日もかかってしまいました。本当はもっとやりたいことがあったのですが、この辺りで妥協しました。

落下姿勢以外は色々と違いがあり、何がどうなっているのかはわからないところはあります。よくよく考えて今後に生かしたいと思います。(何に生きてくるかは不明)

ネットニュースにもちょっと触れられていました

◆人間飛行機イベントが開幕!
ピットを後にし、ヒップホップミュージックが流れる会場を歩き回っていると、すぐさまオープニングが開始。清々しい快晴のなか、各審査員が紹介され、トップバッターである「お米食べてー!」チームのパフォーマンスが始まりました。

「お米たべてー」チームは、「最近ダイエットが流行っているが、しっかりお米を食べて僕らのようなスリムになってほしい」とし、4人で音楽のリズムに乗りながらダンスを披露。

そして、パフォーマンスが終わりいよいよフライトへ。おにぎりから羽が生えたユニークな機体を4人が手で押し、神戸の空におにぎりが飛び立つ…!

と、思ったのも束の間、全く推力が足らずそのまま落下していきます。

機体はあまり破損することなく、結果は飛行距離が4.7メートル、審査員からは合計36点が付けられました。特に小林陵侑選手は、9点という高得点。「ダンスも良かったし機体の丈夫さに9点をつけました。」と語ります。

https://news.yahoo.co.jp/articles/4102e7f5cffedeb03f0ffaa46d1a9de6abcb5c58

そう!機体が丈夫なんです!!しかし、その後すぐに捨てられてしまうのだからもう少し軽く弱くても良かったですね・・・

今朝はバタバタと動画をつなぐだけで終わってしまいました。そんなわけで今日はここまで。また明日!

上の記事とゆるく関連しているほかの記事:

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。