中古車の中では一番光ってた。イセキランドリーダーTA210F「撮りトラ@ダイナミックフェア2017」

今日は先日Mさんに連れて行ってもらったダイナミックフェア2017で見た、中古のヰセキトラクター ランドリーダー210、TA210F「撮りトラ」です。

今日は出かけなくちゃならないので手早く行きます。

例年、実は一番楽しみにしているのが、カッコイイトラクターに出会えることの多い中古車販売のブース。
時間軸が前後しちゃいました。今年のダイナミックフェアのエントランスはこれ。そして例年、実は一番楽しみにしているのが、カッコイイトラクターに出会えることの多い中古車販売のブース。
イセキTA210F。でも、今年は収穫が少なくて、「いいな」と思ったのはこの一台だけ。
でも、今年は収穫が少なくて、「いいな」と思ったのはこの一台だけ。イセキTA210Fです。

例によって型式年式を調べるのに苦労したイセキTA210Fは、安全鑑定の登録が1985年、E3AGI-D01K水冷4サイクル3気筒ディーゼル1429cc、21馬力/2500rpmとなっています。

イセキのWEBページにはカタログや取説がありました。だいたい1985年からは在庫してるのかな?
イセキのWEBページにはカタログや取説がありました。だいたい1985年からは在庫してるのかな?

1985年といえばもう30年以上前です。でも、この型からは古さがあまり感じられません。(機能に関してはよくわかりませんが・・・)

そしてカタログで気になったのは、大胆にカットしたスラントノーズという部分。こういった記述、クボタなどでも見られました。(クボタではダイヤ・カッティングボンネットでしたか・・・)

クボタトラクターサンシャインJr.(ジュニア)B1600DTは、農研機構の登録によれば1978年。クボタの角目としてはパイオニアなのではないでしょうか。ちょっと読みにくいのですが、水冷3気筒4サイクルディーゼル927cc、16馬力/2500,rpmとカタログのスペックに書いてあるように読めます。
「ダイヤ・カッティングボンネット」を見たのはクボタ サンシャインJr.B1600DTのカタログでした。

●前方視界がグンと広くなった「ダイヤ・カッティングボンネット」と書いてあります!

クボタトラクターサンシャインJr.(ジュニア)B1600DTは、農研機構の登録によれば1978年ですから、70年代後半から「使いやすさ」を気にするようになって、このようにボンネットをカットして視界を確保したりするようになったわけですね!

例によって型式年式を調べるのに苦労したイセキTA210Fは、安全鑑定の登録が1985年、E3AGI-D01K水冷4サイクル3気筒ディーゼル1429cc、21馬力/2500rpmとなっています。
そして、シビレルのはこれ。贅沢な透視図。すばらしい絵です。
恋女房ものりたがる!さながら乗用車感覚のサルーンシステムで一日が始まる。・・・・とあります。
恋女房ものりたがる!さながら乗用車感覚のサルーンシステムで一日が始まる。・・・・とあります。

「恋女房」って当時は一般的だったんですかねぇ・・・

気になるのはオシリ部分、給油キャップのすぐ後ろに見える「星三つ」。これは何を表しているのかなあ・・・・

ゴメンナサイ。時間がなくなっちゃいました。続きはまた明日!

レッドブル・ボックスカートレース TOKYO 2017に参戦します!

突然ですが、レッドブル・ボックスカートレース TOKYO 2017に参戦します!
10月22日(日)場所は東京赤坂サカス!

レッドブル・ボックスカートレース東京2017に参戦します!
何をやるのもギリギリのギリ男。7/7の締め切りに合わせ速達で出したエントリー用紙。その結果を首を長くして待っていたのですが、先日佐川が結構重めの荷物を運んできてくれました。
レッドブル・ボックスカートレース東京2017に参戦します!
中にはレッドブル4本と、大勢の応募の中から65チームの参戦権を得ましたとの紙がっ!

実際は僕は出先で中を見ることができず、家族のものに開けてもらったんですけどね。箱の中に「残念ですが・・・」というお手紙が入っているパターンもあるらしいのでドキドキ!

図面書いて審査申し込みしたら、もうすっかり出るつもりになっちゃって(これは申し込んだ人みんなそうだと思います)、もし出られなかったら秋の楽しみ、モチベーションが全くなくなってしまうところでした。

レットブルの特設サイトに各参加チームが紹介されています。

レッドブル・ボックスカートレース東京2017に参戦します!

僕らのチーム名は「お米たべてー!TEAM」(「お米たべてー!ちぃぃぃ〜〜〜む」と読んでください。)

レッドブル・ボックスカートレース東京2017に参戦します!

レッドブル・ボックスカートレース東京2017に参戦します!

こんな風に紹介されています。

なぜ「お米たべてー!TEAM」なのか?

「お米たべてー!」と叫ぶ僕は農家でもありませんし、お米屋さんでもありませんが、自分の家のまわりの田んぼのほとんどが「牛のごはん」ということにビックリしています。炭水化物抜きダイエットですっかり不人気になってしまったお米、やっぱり全国どこでも作れて手に入りやすい食料と言ったら(それにおいしいし)基本お米です。何かあって「やっぱりお米だよね」となった時、ほとんどが牛さんの陣地になっていたらマズいよってことなんです。
「お米たべてー!」と叫ぶ僕は農家でもありませんし、お米屋さんでもありませんが、自分の家のまわりの田んぼのほとんどが「牛さんのごはん」ということにビックリしています。炭水化物抜きダイエットですっかり不人気になってしまったお米、でもやっぱり全国どこでも作れて手に入りやすい食料と言ったら(それにおいしいし)基本お米です。何かあって「やっぱりお米だよね」となった時、ほとんどが牛さんの陣地になっていたらマズいよってことなんです。

ニンゲンに都合の良いときだけ牛さんのごはんを取りあげるなんてことはできません。蛇口から水が出るみたいにお米は出てこなくて、誰かが作っているんです。(例えに使っていますが、水だってもちろん蛇口の先には配管があって、浄水場があって、その先に川やダムなどがつながって、さらには空や雲につながっています)

というわけで全く農地のない赤坂で「お米たべてー!」って言うの、意味があることだと思いませんか?

書き切れはしませんが、その概要をA4一枚にギュウギュウに押し込んでアピールしてみました。クリックすると拡大するので、細かい字も読めると思います。
書き切れはしませんが、その概要をA4一枚にギュウギュウに押し込んでアピールしてみました。クリックすると拡大するので、細かい字も読めると思います。

先日Mさんに連れて行ってもらったダイナミックフェア2017で見た、このタイヤ、買っておけば良かったなあ・・・すごく迷ったんだけど、参加できるかどうかわからなかったので買わなかったんです。

レッドブル・ボックスカートレース東京2017に参戦します!
左が¥500右が¥400・・・くそー安かったのに・・・後悔してます。もちろん遊び。つまりは自腹なんでなるべく安くあげたい。

順番が前後しました。レッドブルボックスカートレースとは。起源、映像その他

ボックスカートレース・・・調べてみるとウィキペディアに記述がありました。

“レッドブル・ボックスカートレース TOKYO 2017に参戦します!” の続きを読む