トラクターのシートに注目!結城ローダー付きイセキTS2210「撮りトラ」その2

今日は今年農道の砂利の補充をした時に見つけた、フロントローダ付きイセキのTS2210「撮りトラ」その2です。

前回、この機体に付いている「YŪKIローダー」は茨城県結城市の結城製作所製・・・ということで、結城市には2つのローダーメーカーがあった! ということがわかったのでした。

イセキTS2210は実機で確認はしていないんですけど、tractordata.comによればディーゼル2気筒22馬力/2600rpm。  農研機構の登録で見てみると、TS2210の記載はなく、近いものとしてTS2510やTS2810が1976年の登録です。ですからこのあたりの年代のものではないでしょうか?
イセキTS2210は実機で確認はしていないんですけど、tractordata.comによればディーゼル2気筒22馬力/2600rpm。 農研機構の登録で見てみると、TS2210の記載はなく、近いものとしてTS2510やTS2810が1976年の登録です。ですからこのあたりの年代のものではないでしょうか?

このTSでちょっと気になったのはシート。トラクターはボディがヤレヤレのものは当然シートもボロボロなものです。でも、ちょっと前のTS2510でも思ったのですが、このTSもシートが見た目パリッとしている感じです。

なぜかライトが割れちゃってます。他のところは何ともないのに(特にシートなどはピッカピカ)ライトが割れているだけで「ヤサグレ感」満点です。
そのTS2510。ライトが割れ、塗装がサビサビで「ヤサグレ感」満点なのに、シートは破れなどがなく、まだコシやハリが残っていそうです。

というわけで今日は主にイセキTS2210のシートに注目してみたいと思います。

イセキTS2210は実機で確認はしていないんですけど、tractordata.comによればディーゼル2気筒22馬力/2600rpm。  農研機構の登録で見てみると、TS2210の記載はなく、近いものとしてTS2510やTS2810が1976年の登録です。ですからこのあたりの年代のものではないでしょうか?
逆光の光が飛び込んでエラいことになってます。もちろんきれいなものじゃないです。でも、穴があいて中のスポンジが見えている・・・という状態じゃないですよね? しっかりしているように見えます。
イセキTS2210は実機で確認はしていないんですけど、tractordata.comによればディーゼル2気筒22馬力/2600rpm。  農研機構の登録で見てみると、TS2210の記載はなく、近いものとしてTS2510やTS2810が1976年の登録です。ですからこのあたりの年代のものではないでしょうか?
フェンダーなど、塗装が負けてサビサビなのに・・・今気がついたのですが、背もたれが付いてます!
イセキTS2210は実機で確認はしていないんですけど、tractordata.comによればディーゼル2気筒22馬力/2600rpm。  農研機構の登録で見てみると、TS2210の記載はなく、近いものとしてTS2510やTS2810が1976年の登録です。ですからこのあたりの年代のものではないでしょうか?
しっかりしたシートの表皮の一方、シートのクッションというかサスペンションは、この10円玉くらいのゴム2つ・・・

突然ランツオールドックA1806と比べてみると・・・

アームの軸にはグリスニップルが付いていて動きもスムーズそうです。シンプルな板バネのみのシートが多い中、1959年時点でこんなシートを作っていたドイツ製品はすごいです。
アームの軸にはグリスニップルが付いていて動きもスムーズそうです。シンプルな板バネのみのシートが多い中、1959年時点でこんなシートを作っていたドイツ製品はすごいです。
シートの形もメチャメチャ美しい!
シートの形もメチャメチャ美しい!
こんな感じでしょうか・・・
こんな感じでしょうか・・・

1959年製のランツオールドックA1806に対して1976年製(と考えられる)〜なのにこの仕様・・・年代などではなく、値段なのかも。

値段だと家を買うような買い物で、例えればメルセデス? ヰセキは軽トラまでは行かないけど普通車といったところなのを考えると仕方がないのかもしれません。

それでもどちらも「トラクター」という名前が付いていて、同じような仕事ができるわけです。でも、それぞれの印象はすごく違うのでしょうね。

やっぱり払ったお金に比例して印象もよくなるんだろうなあ・・・

“トラクターのシートに注目!結城ローダー付きイセキTS2210「撮りトラ」その2” の続きを読む