1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 19

第34回国際農業機械展in帯広

軽トラサイズ。ダンプでディーゼル、ロータリー耕耘可能!これ欲しい!!FENDT F231GT「撮りトラ@第34回国際農業機械展in帯広」

今日はhokkaidoujinさんにお招きいただき行ってきた、第34回国際農業機械展in帯広で行なわれていたオールドトラクター保存会による「クラシックトラクター展」で見た、フェントFENDT GT-231「撮りトラ」です。

 

第34回国際農業機械展in帯広では国内外農業機械メーカーの新品展示が行なわれていたわけですが、このようにオールドトラクターも展示されていたのでした。

第34回国際農業機械展in帯広では国内外農業機械メーカーの新品展示が行なわれていたわけですが、このようにオールドトラクターも展示されていたのでした。

 

Fendt F231GTです。どちらが前かよくわからないユニークなスタイル。現役っぽい仕上のレストアでとても自然で凄く気に入りました。ここに展示してあったトラクターの中では一番です。(そもそも現役なのかもしれませんが)大きさは軽トラくらい。Fendt F231GTはtractordata.comによれば、MWM製 2.2L 3気筒ディーゼル、35馬力/2050rpmとなっています。

Fendt F231GTです。どちらが前かよくわからないユニークなスタイル。ツールキャリアというカテゴリーに入るのでしょうか・・・現役っぽい仕上のレストアでとても自然で凄く気に入りました。ここに展示してあったトラクターの中では一番です。(そもそも現役なのかもしれませんが)大きさは軽トラくらい。Fendt F231GTはtractordata.comによれば、MWM製 2.2L 3気筒ディーゼル、35馬力/2050rpmとなっています。また、製造年が1967年〜1991(!)年とあり、もしこれが本当ならとんでもないベストセラーということになります。

 

Wikipediaではこのように幌付きの写真が載っています。余計謎の形ですね。そこでの記載によれば製造期間は1967年〜1993年とあり、超ロングセラーだったのは間違いなさそうです。F231 GTのバリエーションはGTSとGTWがあり、(僕の見た機体は銘板からGTSということがわかっています)エンジンのバリエーションは、シリアル 00001-14999 1967年〜1978年にかけてMWM D 308-3 2233 cc; 32馬力、(僕の見た機体は同じく銘板からMWM D 308-3ということがわかっています。キャプションには35馬力とありますが、32馬力のようですね)シリアル15000-16773 1978年〜1981年にかけてMWM D 325-3 2552cc ; 35馬力、シリアル 16774〜 1981年〜1993年にかけて MWM D 327-3 2827cc ; 35馬力・・・と年を追うごとに改良されている感じです。

Wikipediaではこのように幌付きの写真が載っています。余計謎の形ですね。そこでの記載によれば製造期間は1967年〜1993年とあり、超ロングセラーだったのは間違いなさそうです。F231 GTのバリエーションはGTSとGTWがあり、(僕の見た機体は銘板からGTSということがわかっています)エンジンのバリエーションは、シリアル 00001-14999 1967年〜1978年にかけてMWM D 308-3 2233 cc; 32馬力、(僕の見た機体は同じく銘板からMWM D 308-3ということがわかっています。キャプションには35馬力とありますが、32馬力のようですね)シリアル15000-16773 1978年〜1981年にかけてMWM D 325-3 2552cc ; 35馬力、シリアル 16774〜 1981年〜1993年にかけて MWM D 327-3 2827cc ; 35馬力・・・と年を追うごとに改良されている感じです。

 

MMWエンジン?

 

ドイツの古いトラクターはイメージ、エンジンで繋がっている感じがしています。MMW・・・どこかで聞いた事があると、昔の記事をひっくり返すと、このF231-GTと同じようなユニークな形のランツオールドックA1806に行き当たりました。

 

その記事『今度は前が後ろで前向き、ランツオールドックA1806・・・「撮りトラ@土の館」』によると・・・

 

機種名:ランツオールドックトラクタ 形式・仕様:A1806型 18馬力 製造国・国:ランツ社 ドイツ 導入年度:1959年(昭和34)年 使用経過:最初の購入者は、当時の名簿と機体NOで真狩村の藤塚重一と判明した。昭和63年伊藤入手、喜茂別町の三野農機で整備している。 当時は万能トラクタとしていろいろな作業に使われていた。  前方に箱形ダンプ式の荷台があった。作業機も前方のフレームに取りつく方式。

ランツオールドックトラクタA1806 これもどこを見てよいかピントの抜けてしまう変わった形です。真ん中にはパネルが置いてあるし・・・キャプションには・・・

機種名:ランツオールドックトラクタ
形式・仕様:A1806型 18馬力
製造国・国:ランツ社 ドイツ
導入年度:1959年(昭和34)年
使用経過:最初の購入者は、当時の名簿と機体NOで真狩村の藤塚重一と判明した。昭和63年伊藤入手、喜茂別町の三野農機で整備している。
当時は万能トラクタとしていろいろな作業に使われていた。
前方に箱形ダンプ式の荷台があった。作業機も前方のフレームに取りつく方式。

とあります。調べてみると、エンジンはMWM製水冷2気筒1.3Lディーゼル 16馬力/2000rpm。同じMWM製エンジンが採用されています。

 

朝の調べ学習はMWM

朝の調べ学習はMWM

 

MWMは何回か散発的に調べていて、DEUTZと関係があるとわかっていたのですが、初めの初めは1922年にあのベンツさんの作ったBenz & Cie.という会社の作る据え置き型のエンジン生産外部委託先としてMotoren-Werke Mannheim (略してMWM。マンハイムエンジン工場とでも訳すのでしょうか?)として設立されたそうです。

MWMは1924年にはトラクターも作リはじめ、そのエンジンはルノー、フェント、ランツ、バウツ、ホルダーなどに採用されていたそうです。

MWMは1985年にDEUTZに買収され、2007年にはDPS(ドイツパワーシステムズ)になり、2010年にキャタピラーに買収されて、現在ではキャタピラーエネルギーソリューションと名乗っているそうですが、伝統的な名前MWMはブランドとして残されているようです。

マンハイムはベンツのお膝元だった

トラクター、特にドイツ製のトラクターを調べていると、ドイツ、バーデン、マンハイムという地名に行き当たります。LANZ、ジョンディアという名前からそうなるのですが、ベンツもマンハイムの自転車屋さんから始まったんですね!

なんてすごい町なんでしょう、マンハイム!

 

これは斜め前から見ているという図になります。

これは斜め前から見ているという図になります。FENDT自体はWikipediaによると、現在はAGCOグループ傘下のブランドで、Xaver Fendtによって1937年に設立され、1997年にAGCOに買収されたトラクターメーカーとあります。

 

ステキな看板が付いています。tractordata.comによると製造年が1967年〜1991年、Wikipediaによると製造期間が1967年〜1993年ということですから、若干の食い違いが見られますが、そこはそれです。

ステキな看板が付いています。tractordata.comによると製造年が1967年〜1991年、Wikipediaによると製造期間が1967年〜1993年ということですから、若干の食い違いが見られますが、そこはそれです。

 

Fタイヤの内側に油圧シリンダーが見えます。

Fタイヤの内側に油圧シリンダーが見えます。

 

おお!ダンプなのか?

おお!ダンプなのか?

 

ダンプの事を探していたら、ちょうどF231GTのFacebookページがありました。プロフィール写真はまさにダンプ!軽トラサイズでディーゼル、おまけに油圧ダンプ!これ欲しい!

ダンプの事を探していたら、ちょうどF231GTのFacebookページがありました。プロフィール写真はまさにダンプ!軽トラサイズでディーゼル、おまけに油圧ダンプ!これ欲しい!

 

 

↑YouTubeの映像も見つけました。凄く力が入っています。ダンプしているところも見られます。F231GT、いいですねえ・・・

 

ちょうど荷台とのつなぎ目あたりに銘板が見えます。

ちょうど荷台とのつなぎ目あたりに銘板が見えます。

 

拡大してみます。F231GTSだということがわかります。また、エンジンはMWM D 308-3ということも書かれています。

拡大してみます。F231GTSだということがわかります。また、エンジンはMWM D 308-3ということも書かれています。

 

後ろからの写真。ただのダンプではなく、ちゃんとPTOが付いている事がわかります。中央下のピンは前出のYoutubeの映像で握るとロックが外れるワンタッチタイプのピンでしたね! 同じく映像ではサスペンション付きのグラマーのシートだとありましたけど、残念ながら写真がありません。

後ろからの写真。ただのダンプではなく、ちゃんとPTOが付いている事がわかります。中央下のピンは前出のYoutubeの映像で握るとロックが外れるワンタッチタイプのピンでしたね! 同じく映像ではサスペンション付きのグラマーのシートだとありましたけど、残念ながら写真がありません。灯火類のソケットと、油圧取出し口のようなものも見えます。

 

この牽引フック部分には別に銘板が付いています。

この牽引フック部分には別に銘板が付いています。

 

特別な感じです。そういえばちょっとヒッチボールに、握りの部分の形が似ていましたね。

特別な感じです。そういえばちょっとヒッチボールに、握りの部分の形が似ていましたね。

 

右上のアンテナのようなものは油圧の操作レバーのようです。手前に引くと下げ、向こうに押し出すと上げ。左のレバーが前、右のレバーが後ろとあるのですが、もしかして右左の油圧を別々に操作できる・・・ということなのかもしれません。三転ダンプのような使い方ができたのかも。

右上のアンテナのようなものは油圧の操作レバーのようです。手前に引くと下げ、向こうに押し出すと上げ。左のレバーが前、右のレバーが後ろとあるのですが、もしかして右左の油圧を別々に操作できる・・・ということなのかもしれません。三転ダンプのような使い方ができたのかも。

 

僕はお子様的にスイッチやメーターが並んでいるのが好みなので、F231GTのインパネはストライクです。メーターは緑のトラクターではおなじみのVODです。

僕はお子様的にスイッチやメーターが並んでいるのが好みなので、F231GTのインパネはストライクです。メーターは緑のトラクターではおなじみのVODです。

 

ウインカーはHELLA

ウインカーはHELLA

(さらに…)

JD6130R、MF5713SL、三菱GR110F、クボタM7-171、イセキBIG-T7716、ニューホT6.175、「撮りトラ」&燃料タンク/工具箱/アドブルー/ステップ比較

今日はhokkaidoujinさんにお招きいただき行ってきた、第34回国際農業機械展in帯広で整列していたジョンディアJD6130R、マッセイ・ファーガソンMF5713SL、三菱トラクターGR110F、クボタトラクターM7-171、イセキトラクターBIG-T7716、ニューホランドT6.175達の「撮りトラ」、そして燃料タンク/工具箱/アドブルー/ステップ比較です。

 

まずは全部の機体を紹介します。ジョンディアJD6130R

 

ジョンディア6130Rです。過去にも何回かここで取りあげていますよね。

ジョンディア6130Rです。過去にも何回かここで取りあげていますよね。
農研機構の登録によればJD6130Rは

年度 2016
安全鑑定番号 41046
型式名 ジョンディア T0096
販売名 JD-6130R,EA
依頼者 ヤンマー株式会社
主な仕様
4輪駆動 機関96kW{130PS}/2100rpm 4.525L
希望小売価格:17800 (千円)
鑑定の対象に含めたアタッチメント等
装着キャブ・フレーム (合格番号) ジョンディア CG608(216017)

となっています。

 

マッセイ・ファーガソンMF5713SL

 

農研機構の登録によればMF5713SLは 年度 2016 安全鑑定番号41030 型式名 MF5713-4 販売名 MF5713SL 依頼者 AGCO Limited 主な仕様 4輪駆動 機関93.5kW{127PS}/2200rpm 4.397L 希望小売価格 希望小売価格:13600 (千円) 鑑定の対象に含めたアタッチメント等 装着キャブ・フレーム (合格番号) AGCO A7.2(216008) となっています。

以前MF5455MF5610は紹介しましたが、このMF5713SLは初めてですね・・・農研機構の登録によればMF5713SLは

年度 2016
安全鑑定番号 41030
型式名 MF5713-4
販売名 MF5713SL
依頼者 AGCO Limited
主な仕様
4輪駆動 機関93.5kW{127PS}/2200rpm 4.397L
希望小売価格:13600 (千円)
鑑定の対象に含めたアタッチメント等
装着キャブ・フレーム (合格番号) AGCO A7.2(216008)

となっています。

 

三菱トラクターGR110F

 

農研機構の登録によればGR110Fは 年度2017 安全鑑定番号 42048 型式名 クボタ M110GE 販売名 M110GE GR110F 依頼者 株式会社クボタ 主な仕様 4輪駆動 81kW{110PS}/2600rpm 3.769L  希望小売価格:10749-11941 (千円) 鑑定の対象に含めたアタッチメント等 装着キャブ・フレーム (合格番号) クボタ IC110GE (217014) 水準以上の安全装備 片ブレーキ防止装置 となっています。

GR110Fは以前紹介しましたね。農研機構の登録によればGR110Fは

年度 2017
安全鑑定番号 42048
型式名 クボタ M110GE
販売名 M110GE GR110F
依頼者 株式会社クボタ
主な仕様
4輪駆動 81kW{110PS}/2600rpm 3.769L 
希望小売価格:10749-11941 (千円)
鑑定の対象に含めたアタッチメント等
装着キャブ・フレーム (合格番号) クボタ IC110GE (217014)
水準以上の安全装備 片ブレーキ防止装置

となっています。

 

クボタトラクターM7-171

 

まずはM7171 もう2年くらいになりますか・・・最近は見ても「ああM7001シリーズか」と、あまり感動もせず、風景の一部として見るようになってしまいました。

まずはおなじみM7001シリーズのクボタM7-171です。今まではボディサイドのロゴがM7171と書いてあったのに、今年からM7-171になっています。この写真は右側からの写真が無かったので、ダイナミックフェアで撮ったものです。
農研機構の登録によればM7-171は

年度 2016
安全鑑定番号 41129
型式名 クボタ M7-171P
販売名 M7-171
依頼者 株式会社クボタ
主な仕様
4輪駆動 機関125kW{170PS}/2200rpm 6.124L 
希望小売価格:20000-23200 (千円)
鑑定の対象に含めたアタッチメント等
装着キャブ・フレーム (合格番号) クボタ IC-M7171S (216027)
水準以上の安全装備
片ブレーキ防止装置 シートスイッチ

となっています。

 

イセキトラクターBIG-T7716

 

イセキBIG-T T7716は以前紹介しましたね! 農研機構の登録によればT7716は 年度2017 安全鑑定番号 42035 型式名 MF7716-4D 販売名 MF7716 T7716 依頼者 AGCO Limited 主な仕様 4輪駆動 133kW{180PS}/2100rpm 6.595L 希望小売価格:17240 (千円) 鑑定の対象に含めたアタッチメント等 装着キャブ・フレーム (合格番号) AGCO A4.2 (217009) となっています。

イセキBIG-T T7716は以前紹介しましたね!農研機構の登録によればT7716は

年度 2017
安全鑑定番号 42035
型式名 MF7716-4D
販売名 MF7716 T7716
依頼者 AGCO Limited
主な仕様
4輪駆動 133kW{180PS}/2100rpm 6.595L
希望小売価格:17240 (千円)
鑑定の対象に含めたアタッチメント等
装着キャブ・フレーム (合格番号) AGCO A4.2 (217009)

となっています。

 

ニューホランドT6.175

 

ニューホランドT6.160は以前紹介しました。農研機構の登録によればT6.175は 年度2014 安全鑑定番号 39007 型式名 ニューホランド T6.175D 依頼者 日本ニューホランド株式会社 主な仕様 4輪駆動 機関103kW{140PS}/2200rpm 6.727L 希望小売価格:10300 (千円) 鑑定の対象に含めたアタッチメント等 装着キャブ・フレーム (合格番号) ニューホランド SLTV23(214007) 水準以上の安全装備 シートスイッチ となっています。

ニューホランドT6.160は以前紹介しました農研機構の登録によればT6.175

年度 2014
安全鑑定番号 39007
型式名 ニューホランド T6.175D
依頼者 日本ニューホランド株式会社
主な仕様
4輪駆動 機関103kW{140PS}/2200rpm 6.727L
希望小売価格:10300 (千円)
鑑定の対象に含めたアタッチメント等
装着キャブ・フレーム (合格番号) ニューホランド SLTV23(214007)
水準以上の安全装備
シートスイッチ

となっています。

 

そして今の順番で燃料タンク/工具箱/アドブルー/ステップ周りを見て行きます。

 

この6台ですよ〜

この6台ですよ〜

 

ジョンディア6130Rです。 他のトラクターと違い、唯一ステップがボディと共色に塗られています。燃料タンクはFタイヤの逃げが付いてR状にえぐられています。そのタンクを貫通し、アドブルーのキャップだけ顔をのぞかせています。

ジョンディア6130Rです。
他のトラクターと違い、唯一ステップがボディと共色に塗られています。燃料タンクはFタイヤの逃げが付いてR状にえぐられています。そのタンクを貫通し、アドブルーのキャップだけ顔をのぞかせています。工具箱はタンクの上に載っていますね。

 

(さらに…)

サイト内の検索

お気に入りリンク

最近の記事

最新のコメント

  • おっと!これもLODIちゃん!CLAAS ARION 650「撮りトラ@第34回国際農業機械展in帯広」へのコメント (象印より[12/12]) クラースのトラクター
  • 28年前のディーゼル田植機。クボタ RAINBOW S1-650RUDM「田植機考古学」へのコメント (トラクター狂より[12/09]) 今更ながらのコメント
  • フェントFENDT 828 Vario「撮りトラ@第34回国際農業機械展in帯広」へのコメント (山葵より[12/07]) あっ!もうフロントガ
  • タイヤ、色、売り方までも独特。フィンランド生まれ、2160万円!VALTRA T234D「撮りトラ@第34回国際農業機械展in帯広」へのコメント (H2より[12/06]) Valtraは北海道
  • タイヤ、色、売り方までも独特。フィンランド生まれ、2160万円!VALTRA T234D「撮りトラ@第34回国際農業機械展in帯広」へのコメント (noraより[12/05]) 山葵さん こんにちは
  • 世界初!耕深自動制御のクボタL1501DT-AC「撮りトラ」へのコメント (noraより[12/05]) ゆーさん こんにちは
  • 世界初!耕深自動制御のクボタL1501DT-AC「撮りトラ」へのコメント (noraより[12/05]) 木田さん おはようご
  • タイヤ、色、売り方までも独特。フィンランド生まれ、2160万円!VALTRA T234D「撮りトラ@第34回国際農業機械展in帯広」へのコメント (山葵より[12/04]) もう四半世紀前の話で
  • 世界初!耕深自動制御のクボタL1501DT-AC「撮りトラ」へのコメント (ゆー@夢追人より[12/04]) こんにちは、最近ジャ
  • 世界初!耕深自動制御のクボタL1501DT-AC「撮りトラ」へのコメント (木田ヤスオより[12/03]) ハンドルの脇のスイッ
  • 世界初!耕深自動制御のクボタL1501DT-AC「撮りトラ」へのコメント (noraより[12/02]) shiroemodo
  • システムとマチックのせめぎ合い。60年代のイセキ(ZETOR)TZ5511/TZ4511/TZ3511「昔のカタログ」へのコメント (noraより[12/02]) 山葵さん こんにちは
  • 世界初!耕深自動制御のクボタL1501DT-AC「撮りトラ」へのコメント (shiroemodonより[12/01]) この時代の耕深制御だ
  • システムとマチックのせめぎ合い。60年代のイセキ(ZETOR)TZ5511/TZ4511/TZ3511「昔のカタログ」へのコメント (山葵より[11/30]) 輸入車のジャッキって
  • システムとマチックのせめぎ合い。60年代のイセキ(ZETOR)TZ5511/TZ4511/TZ3511「昔のカタログ」へのコメント (noraより[11/25]) 山葵さん こんにちは
  • システムとマチックのせめぎ合い。60年代のイセキ(ZETOR)TZ5511/TZ4511/TZ3511「昔のカタログ」へのコメント (山葵より[11/24]) あっ!これです!この
  • トラクターらしからぬ色が似合うわ〜。フィンランド生まれ、2160万円!VALTRA T234D「撮りトラ@第34回国際農業機械展in帯広」へのコメント (noraより[11/23]) H2さん こんにちは
  • トラクターらしからぬ色が似合うわ〜。フィンランド生まれ、2160万円!VALTRA T234D「撮りトラ@第34回国際農業機械展in帯広」へのコメント (noraより[11/23]) 山葵さん こんにちは
  • クボタトラクターM8030「撮りトラ」ついでにM30/M50/M70シリーズ比較へのコメント (noraより[11/23]) 坂本さん こんにちは
  • New Holland TM190とTM140見た目比較「撮りトラ@スガノ農機」へのコメント (noraより[11/23]) 象印さん こんにちは
  • タグクラウド

    クボタトラクター トラクターの話題や写真 撮り虎(撮りトラ) 水戸市大場町での米作り(コシヒカリ/飼料稲) 環境保全会活動の紹介や、予定など 米作り(コシヒカリ/飼料稲)動画記事 農業機械