このカタログの表紙最高!KIMCO574HS/465/455「昔のカタログ」

今日はFBのTさんに提供いただいたコマツインターナショナルトラクター、574HS/465/455「昔のカタログシリーズ」です。Tさん、ありがとうございます!!

 

たくさんのモデルが詰まっている総合カタログだと思います。その表紙ですが、これがなんとイラスト、絵画です!! 唯一無二、オリジナリティに超溢れた表紙。こんなの見たことがありません。かわいらしくデフォルメしていますが、やりすぎていず、インターナショナルトラクターの特長をとても良く表していますよね!これはいいなあ・・・この絵が欲しいです。

前回から引き続き登場、たくさんのモデルが詰まっている総合カタログ表紙です。広い草原にぽつんとインター君。商品はもちろん、空間をも感じさせるステキな絵です。
唯一無二、オリジナリティに超溢れた表紙。こんなの見たことがありません。かわいらしくデフォルメしていますが、やりすぎていず、インターナショナルトラクターの特長をとても良く表していますよね!これはいいなあ・・・

 

変速操作がレバー1本でOK。トラクタの運転を信じられないほど楽に、やさしくしました。面倒なクラッチ操作はもちろん、ギヤーチェンジの必要もありません。すべてがレバーを操作するだけで、トラクタを思うがままに動かせます。さすがインターナショナルだと唸らせた、この働く高級車。画期的な運転機構が認められて、日本でも根強い人気を呼んでいます。 とあります。自社のマニュアルトラクターとの兼ね合いが難しくなるのにもかかわらず、クラッチ操作やギアチェンジをあっさり「面倒」と切り捨てているところがなかなか興味深いです。 前々から「HSってなんだろう」と思っていたのですが、これを見てわかりました。ハイドロスタティックの略だったんですね!

574HSのスペックは、立形水冷4サイクル4気筒ディーゼル、3911cc 75.6馬力/2400rpmとなっています。

変速操作がレバー1本でOK。トラクタの運転を信じられないほど楽に、やさしくしました。面倒なクラッチ操作はもちろん、ギヤーチェンジの必要もありません。すべてがレバーを操作するだけで、トラクタを思うがままに動かせます。さすがインターナショナルだと唸らせた、この働く高級車。画期的な運転機構が認められて、日本でも根強い人気を呼んでいます。

とあります。自社のマニュアルトラクターとの兼ね合いが難しくなるのにもかかわらず、クラッチ操作やギアチェンジをあっさり「面倒」と切り捨てているところがなかなか興味深いです。
前々から「HSってなんだろう」と思っていたのですが、これを見てわかりました。ハイドロスタティックの略だったんですね!

 

ここまでわかったのでさらに突っ込んで調べてみます。ハイドロスタティックはhydrostaticということでしょう。でも、google先生は静水としか答えてくれません。

 

hydrostaticsだと流体静力学になって、Wikipediaによれば

 

流体静力学(りゅうたいせいりきがく、fluid statics, hydrostatics)は静止流体についての科学であり、流体力学の一分野である。流体静力学という用語は通常、対象物の力学的取り扱いを指し、流体が安定した平衡下の状態についての研究を含んでいる。仕事をする流体の活用は水理学と呼ばれ、動的な流体についての科学は流体動力学と呼ばれる。

 

ということでした。油圧であれば一般的にhydraulicとなるのにどうしてでしょう・・・と謎はさらに深まるのでした。

 

コマツインター465は、465スタンダード、465CS、465GSの3グレードで、すべて立形水冷4サイクル4気筒ディーゼル2701cc(←読みにくいため、この数字はちょっとアヤシイです) 54馬力/2400rpmとなっています。

コマツインター465は、465スタンダード、465CS、465GSの3グレードで、すべて立形水冷4サイクル4気筒ディーゼル2701cc(←読みにくいため、この数字はちょっとアヤシイです) 54馬力/2400rpmとなっています。

 

コマツインター455は、455スタンダード、455CS、455GSの3グレードで、すべて立形水冷4サイクル4気筒ディーゼル2524cc(←読みにくいため、この数字はちょっとアヤシイです) 54馬力/2400rpmとなっています。

コマツインター455は、455スタンダード、455CS、455GSの3グレードで、すべて立形水冷4サイクル4気筒ディーゼル2524cc(←読みにくいため、この数字はちょっとアヤシイです) 54馬力/2400rpmとなっています。

 

性能、経済性ともに抜群!

1975年のものではないか?と推定される、以前紹介したコマツインター末尾4シリーズのカタログです。エンジンは末尾5シリーズと同じものを使っているような気がします。どちらが古いカタログなのでしょうか・・・

 

車両以外にも興味深いものを見つけました

 

(さらに…)

サイト内の検索

お気に入りリンク

最近の記事

最新のコメント

  • 注意書きマニア!クボタL1501スペシャルその4「撮りトラ」へのコメント (noraより[08/21]) ぐんそうさん おはよ
  • 自脱式自走コンバインの前に自脱式自走ハーベスタがあった!コンマハーベスタ「昔のカタログ」へのコメント (noraより[08/21]) 伊藤産業機械(株)さ
  • コンマ田植機MPR5H 他社製田植機を自社ブランドで販売するメリットって・・・へのコメント (noraより[08/21]) トラクター狂さん い
  • 注意書きマニア!クボタL1501スペシャルその4「撮りトラ」へのコメント (ぐんそうより[08/19]) 数年前の記事のようで
  • 自脱式自走コンバインの前に自脱式自走ハーベスタがあった!コンマハーベスタ「昔のカタログ」へのコメント (伊藤産業機械(株)より[08/14]) 服部さん、バインダー
  • 佐藤造機デビッドブラウンDB770/880/990/1200・・・昔のトラクターカタログへのコメント (hokkaidoujinより[08/14]) 私も松浦征四郎伝は見
  • 佐藤造機デビッドブラウンDB770/880/990/1200・・・昔のトラクターカタログへのコメント (hokkaidoujinより[08/14]) noraさんando
  • 佐藤造機デビッドブラウンDB770/880/990/1200・・・昔のトラクターカタログへのコメント (I・ANDOより[08/13]) ご無沙汰してすいませ
  • コンマ田植機MPR5H 他社製田植機を自社ブランドで販売するメリットって・・・へのコメント (トラクター狂より[08/10]) 自走自脱(ハーベスタ
  • コンマ田植機MPR5H 他社製田植機を自社ブランドで販売するメリットって・・・へのコメント (noraより[08/09]) トラクター狂さん お
  • 名前のわからない古いクボタ耕耘機。曲線が素晴らしい!「撮りトラ」へのコメント (noraより[08/09]) binbouguyさ
  • 新型レクシアMR800も大台の¥10,045,080!@クボタサマーフェア2019へのコメント (noraより[08/09]) 畠中農園さん おはよ
  • コンマ田植機MPR5H 他社製田植機を自社ブランドで販売するメリットって・・・へのコメント (トラクター狂より[08/08]) こんばんは。
  • 名前のわからない古いクボタ耕耘機。曲線が素晴らしい!「撮りトラ」へのコメント (binbouguyより[08/04]) 昭和35年頃に大阪堺
  • 新型レクシアMR800も大台の¥10,045,080!@クボタサマーフェア2019へのコメント (畠中農園より[08/01]) つい先日クボタのM8
  • 化学工業と樽や壷その2。モノを変える技術「日本を変えた千の技術博@国立科学博物館」へのコメント (noraより[07/28]) みみずくさん おはよ
  • 顔の裏側!!クボタSL450「撮りトラ」その2@クボタサマーフェア2019へのコメント (noraより[07/28]) 農機さん おはようご
  • 化学工業と樽や壷。モノを変える技術「日本を変えた千の技術博@国立科学博物館」へのコメント (noraより[07/28]) Dさん おはようござ
  • スライドモアの草刈りは今シーズン3度目。出動回数では7回目へのコメント (noraより[07/28]) H2さん おはようご
  • スライドモアの草刈りは今シーズン3度目。出動回数では7回目へのコメント (noraより[07/28]) みみずくさん おはよ
  • タグクラウド

    クボタトラクター トラクターの話題や写真 撮り虎(撮りトラ) 水戸市大場町での米作り(コシヒカリ/飼料稲) 環境保全会活動の紹介や、予定など 米作り(コシヒカリ/飼料稲)動画記事 農業機械