作業中の安全

農林水産省→資源保全県北協議会事務局→活動体会長さんと降りてきたお達しを持ってきてくれました。おもわず想像して痛くなってしまうような事故の事例集です。
農林水産省→資源保全県北協議会事務局→活動体会長さんと降りてきたお達しを持ってきてくれました。おもわず想像して痛くなってしまうような事故の事例集です。

それにしても、こういう活動をしていると日本は、お上から下々の者へ意思というか意向が伝わっていくシステムがいつだってちゃんと構築されているのだと実感できます。最近はWEBが発達しているので、「詳しくはWEBで・・・検索→・・・カチリ」と、誘導もしてくれます。

農水省 農作業安全で検索するそうなので見にいってみました。農林水産省/農作業安全対策というサイトです。

出てくるのは早かったのですが、いかにもな感じの素っ気ないサイト。必要なことは自分で探しにいかなくちゃならないです。注意を喚起するのはいいけど、自分が注意を喚起されるものを探しにいかなくちゃならないってどうなのよ・・・って思います。

でも、所々にチラシなどのリンクは貼ってあって、トラクターの転倒注意喚起などのpdfまで行けば少しは「事故が減って欲しい」という気持が感じられました。

農作業安全情報センターなどと言うのもありました。こっちはサイトが遅くイライラしました。

いろんなサイトを見ているうちに時間がなくなっちゃったので、簡単にお達しの内容を・・・

水路の法面で足場が悪く転倒してしまう・・・という事故が多いのが何となく納得できます。斜めの足場で長い刈り払い機をふるって作業するのですから不安定なのは当然です。僕だけでなく、他の人も危険な思いをしているのだと知って、すこし安心? ちょっと言葉が違うか・・・作業の不安に共感した・・・かな?

不安だけでなく、実際に怪我をされた方もいるようです。

それからチェーンソーを使うことは僕たちの会ではないのですが、モノがモノだけに一旦事故が起こると重大事故に繋がるようです。

横になった木は特に危ないと聞いたことがあります。
横になった木は特に危ないと聞いたことがあります。
応力が一気に開放されて、切断した木が飛び跳ねるのだそうです。こんなアッパーを喰らったら当然ノックアウトです。
応力が一気に開放されて、切断した木が飛び跳ねるのだそうです。こんなアッパーを喰らったら当然ノックアウトです。

これ以外にも細い木だと安心したのかもしれませんが、作業反対側への切り込みをしないで一気に伐ろうとして自分に木が倒れてきて怪我をしたりする方もいるのだそうです。

草刈機の事故ではこういうことがあったそうです。作業中は音が大きいので近くまで行き、大きな声で呼びかけてやっと気がついてもらえる程度です。
草刈機の事故ではこういうことがあったそうです。作業中は音が大きいので近くまで行き、大きな声で呼びかけてやっと気がついてもらえる程度です。
その際に体ごと振り返ってしまい、相手の人にケガをさせる事例もあったようです。
その際に体ごと振り返ってしまい、相手の人にケガをさせる事例もあったようです。

本当は色々事例を調べて書きたかったのですが、もう時間がなくなってしまいました。仕事します!

上の記事とゆるく関連しているほかの記事:

“作業中の安全” への4件の返信

  1. noraさん、 作業時の安全ってとても大事だと思います。私の住んでる十勝でも毎年500〜550人が傷害を負ってる統計です。戸数が6000戸を切ってるので、相当な確率です。自分も出来ることから注意や、機器の改良をしたりしてますが、農業って危険な仕事が多いと思います。現場から出来ることがあれば教えて下さい。

    1. ぶんさん コメントありがとうございます

      小さいもの大きなものも含めてなのでしょうが、ケガをされたかたが毎年500人以上いらっしゃるのですか・・・
      農業は色々な機械をいろいろな状況で使うので本当に危険だと思います
      (僕は草刈りなど、そのほんの一端しか見ていませんが)

      注意や機器の改良、どのようにやっていらっしゃいますか?
      機械を使うことに関して僕は「恐い」としかいえないので(恐い気持を持つのは悪いことじゃないと思っています)
      具体的なことがありましたら是非教えてください
      よろしくお願いいたします

  2. 山の斜面で、自分が置いた鉈の上に転んで、ヒザをザックリ切ってしまったことがあります。

    ノコギリで竹を伐っていたら、腰の高さで切った竹が垂直にストンと落ちてきて、足の先が潰されちゃったこともあります。

    草刈り機やチェーンソーなどは特に危険ですが、鉈やノコギリ、鎌なんかでも普通にアブナイですから、どんな作業でも安全に気をつけないとダメですね(笑)

    ちなみに、草刈機で作業中のヒトに呼びかける際は、刃先の届かない距離を保ちつつ、作業者の正面に回り込んで手を振ってください。

    その際、左側から回り込む方が早く作業者に気づいてもらえますが、左側は刈刃が跳ねた石や空き缶が飛んでくるので、右側から回り込む方が安全です。

    1. 愛読者さん こんにちは

      こういう痛い話は聞くのが辛いです
      確かに危険は手工具だって同じですよね

      草刈機の場合はちょっと話し合ったほうがいいかもしれません
      農道の草刈など、狭かったり、作業中の者を後から追い越すなどの場合が出てきて
      なかなかお互いに距離をとりにくい場合がありますので・・・

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。