Homeに戻る > 1000Mからの急降下。ダカール10日目

1000Mからの急降下。ダカール10日目

ダカールラリー2014は、休息日を含めて10日目、見ている人は飽きてきたでしょう。僕も飽きてきました。

でも、ラリーは続きます

でも、今日もラリーは続き、カルマ→イキケは400キロほどのスペシャルステージをこなします。

でも、今日もラリーは続き、カルマ→イキケは400キロほどのスペシャルステージをこなします。

しかも・・・

しかも、400キロ走って高度は3400mから0mへ・・・海です。

しかも、400キロ走って高度は3400mから0mへ・・・海です。

山岳地帯からアタカマ砂漠を横切り、海へ・・・特にキャンプ付近では平均斜度30%になろうかという、まったくお勧めしない1000Mからの急降下です。プロフィール図でも最後は崖になっていますね。

と、いうわけで、多分エントラントも飽きているであろうこのラリー、実はアタカマ砂漠に入って本番はこれからだったんです。しかし、四輪も二輪ももう半分くらいしか残っていません。

背後にそびえる砂山。少なくともその向こうから降りてきたんですね・・・比較するものがないから、どれくらい高いか、どれくらい遠いかすらもわかりません。

背後にそびえる砂山。少なくともその向こうから降りてきたんですね・・・比較するものがないから、どれくらい高いか、どれくらい遠いかすらもわかりません。

空の青と砂。単純な景色です。そんな殺伐とした世界を抜けて海を見ると、やっぱり感動するんだろうなあ。

空の青と砂。単純な景色です。そんな殺伐とした世界を抜けて海を見ると、やっぱり感動するんだろうなあ。

ウェブサイトのトップ画像。風下側からのアプローチ。砂が水みたいに飛んでいます。

ウェブサイトのトップ画像。風下側からのアプローチ。砂が水みたいに飛んでいます。

そしてイキケのキャンプは・・・

同じくウェブサイトのトップ画像ですが・・・

イキケのキャンプ地だと思います。ヘリコプターをたくさん使っていますからこんな絵が撮れるんですね。それにしても、海はありますけど、ちっとも湿った感じがしません。相変わらず陸は色のない乾いた世界です。

イキケのキャンプ地だと思います。ヘリコプターをたくさん使っていますからこんな絵が撮れるんですね。それにしても、海はありますけど、ちっとも湿った感じがしません。相変わらず陸は色のない乾いた世界です。

グーフルで探してみる

早速グーグルで探してみました。


大きな地図で見る

ああ!ここに違いありません。ディエゴ・アラセナ国際空港の北10マイルほど、何の施設でしょうか? 不思議なクローバー型?の地面の模様でそれとわかります。荒涼としてるなあ・・・

今日は浪の音を遠くに聞きながら休むんですね。アタカマ砂漠はゴールまで続きます。

上の記事とゆるく関連しているほかの記事:

コメント

コメントをお寄せください。

コメントの投稿

* コメントフィード

トラックバックURL: http://oba-shima.mito-city.com/2014/01/15/dakar2014-10/trackback/