いろいろ6・・・山本低温貯蔵庫その他(ダイナミックフェア2011)

名前を見ても、カタチをぱっと見てもシロウトには全くわからない機械があります。そして大変失礼とは思いますが、メーカーの名前も見たことがない(もちろん農家の方には有名なのですが)・・・夏に行われた「ダイナミックフェァ2011」(JAグループ茨城の 農機・生産資材展示会)でみた、そのものの持つ実績と性能で使う人たちに知られてきた・・・そんな機械たちの続きです。

そして、7月から紹介しているダイナミックフェアシリーズは年も押し詰まって12月、写真ものべ300枚くらいあるんじゃないでしょうか?半年かけてついに完結です。

山本製作所 玄米専用低温貯蔵庫 AGR-15SE 価格¥210,000 7.5俵入り 15袋入りとありますので、この型番の15とは30キロ入りの米袋15袋を表しているのでしょう。

山本製作所 玄米専用低温貯蔵庫 AGR-15SE 価格¥210,000 7.5俵入り 15袋入りとありますので、この型番の15とは30キロ入りの米袋15袋を表しているのでしょう。

山本製作所 低温貯蔵庫 AGR-21SE 価格¥294,000 型番の数字に21とありますので、30キロ入り玄米袋21袋が入ることと思われます。

山本製作所 低温貯蔵庫 AGR-21SE 価格¥294,000 型番の数字に21とありますので、30キロ入り玄米袋21袋が入ることと思われます。

山本製作所 Newアグリストッカー仕舞い上手 AGR-30LS 多分型番にLSとあるのがスライドドアの「Newアグリストッカー仕舞い上手」という商品だと思います。30キロ入り玄米袋30袋が入って、ドアが右に、左にスライド開閉する「ダブルスライドドア」式の玄米低温貯蔵庫。スライドドアのため、扉の開閉スペースを考えずに、狭い場所でも設置が可能。という商品だと思います。 価格¥378,000

山本製作所 Newアグリストッカー仕舞い上手 AGR-30LS 多分型番にLSとあるのがスライドドアの「Newアグリストッカー仕舞い上手」という商品だと思います。30キロ入り玄米袋30袋が入って、ドアが右に、左にスライド開閉する「ダブルスライドドア」式の玄米低温貯蔵庫。スライドドアのため、扉の開閉スペースを考えずに、狭い場所でも設置が可能。という商品だと思います。 価格¥378,000

同じく、ドアが右に、左にスライド開閉する「ダブルスライドドア」式の玄米低温貯蔵庫 山本製作所 「Newアグリストッカー仕舞い上手」 AGR-36LS 30キロ入り玄米袋36袋入って 価格¥399,000

同じく、ドアが右に、左にスライド開閉する「ダブルスライドドア」式の玄米低温貯蔵庫 山本製作所 「Newアグリストッカー仕舞い上手」 AGR-36LS 30キロ入り玄米袋36袋入って 価格¥399,000

KSトーミ 手動式 特価3台限り 価格¥29,800とあります。 また、モーター式 価格¥44,700ともあります。

KSトーミ 手動式 特価3台限り 価格¥29,800とあります。 また、モーター式 価格¥44,700ともあります。

小型脱穀機 「とれるーの」 ペダル式(人力) 価格¥44,700 モーター式 価格¥91,000

小型脱穀機 「とれるーの」 ペダル式(人力) 価格¥44,700 モーター式 価格¥91,000

もみがらマック MAC-200SC 定価¥341,250 特価記載ありません。去年の展示では「故障なし、メンテ必要なし、使いっぱなし」と、自信あるPOPが貼ってありました。

もみがらマック MAC-200SC 定価¥341,250 特価記載ありません。去年の展示では「故障なし、メンテ必要なし、使いっぱなし」と、自信あるPOPが貼ってありました。

会場にいらした方のお目当ては、結構これだったりするみたいです。KIORITZ共立 刈り払い機のチップソー 特価で並んでいます。左から、下草刈り兼用 230×36P 9インチ 2枚¥4,000 1枚¥2,500 下草刈り兼用 255×40P 10インチ 1枚¥3,000のところを特価1枚2,500 2枚で¥4,000 その他価格応談とあります。その他・・・というのが興味津々交渉次第ということでしょうか? そのとなりの赤い箱 畦草刈チップソー 230×36P 9インチ 2枚で¥3,000 チップソー2枚買うと1回抽選・・・とあります。何が当たるのかな?ホームランバーみたいにもう一枚当たったりして・・・ その隣の赤い箱 畦草刈りチップソー 255×40P 10インチ 1枚¥2,500のところ、2枚で特価¥3,000 その隣は2サイクルオイル 50対1の混合比 0.4L ¥500

会場にいらした方のお目当ては、結構これだったりするみたいです。KIORITZ共立 刈り払い機のチップソー 特価で並んでいます。左から、下草刈り兼用 230×36P 9インチ 2枚¥4,000 1枚¥2,500 下草刈り兼用 255×40P 10インチ 1枚¥3,000のところを特価1枚2,500 2枚で¥4,000 その他価格応談とあります。その他・・・というのが興味津々交渉次第ということでしょうか? そのとなりの赤い箱 畦草刈チップソー 230×36P 9インチ 2枚で¥3,000 チップソー2枚買うと1回抽選・・・とあります。何が当たるのかな?ホームランバーみたいにもう一枚当たったりして・・・ その隣の赤い箱 畦草刈りチップソー 255×40P 10インチ 1枚¥2,500のところ、2枚で特価¥3,000 その隣は2サイクルオイル 50対1の混合比 0.4L ¥500

ダイナミックフェア2011の記事をまとめてご覧になるにはこちら

管理人が見たさまざまな農業機械の記事へ
農業機械の紹介記事

上の記事とゆるく関連しているほかの記事:

コメント

こんばんはnoraさん

米1俵はよく時代劇に出てくる、荷車に乗っているあれなんですが、今は60㎏としています。
米袋は30㎏ですから2袋で1俵です。コメ価格1俵いくらと言うのは2袋でいくらと言う事です。

ついでに1升ますは水1.8リットルが入り、これに酒を入れビンに入れ替えたのが1升ビン、10杯入れた缶が1斗缶です。
コメ文化の日本には、単位も沢山あり面白いです。

我が家の低温貯蔵庫は、ヒタチのシールが貼ってあり
修理のとき近くで良いかと購入しましたが、納入電話のお姉さんのイントネーションが変、よくよく聞いたら九州から送られて来ました。九州は面白い農機具が沢山作られていますネ。

低温貯蔵庫良いですね、夏大量に発生したコクゾウムシがピタリといなくなり、13℃設定ですからビールもスイカも冷やせますし、熱い時は頭もつっこんでいます。今は自動停止、休眠中です。

2011年12月27日 1:54 AM | kobbasan

kobbasan
お待ちしていました
俵と言う単位もそうですが、反、町、石と
姿や形を変えるたびに単位も変わりますよね
みなさんはこれを頭というよりは感覚で覚えているように思います

一般の人間にとって、どんどん単位が変わったり、形が変わったりするのは
イメージを作りにくいので難しいのですが

実際に作業されている方々はそっちのほうがイメージしやすいんですよね

一粒の種籾は4ヶ月後何粒の玄米になる?の記事でも少し調べましたが
作業ごとにモノサシはごく小さな範囲のものでよく
全国統一基準とか、標準作業とか、全体を通しての単位とかあまり関係ないように感じました

それよりはここで昭和何年より穫れたとか穫れないとか

どれだけ種籾をまいてどれだけ穫れたかのか・・・というよりは
何年にどれだけ穫れた・・・というのが参考になるのでしょう

絶対というよりは相対というか
図面を渡してそれを作ってもらうわけではなく
自分で作業して自分で獲って自分で売るから
自分でわかりやすい単位を選んでいる感じです
おもしろいですよねえ

低温貯蔵庫、あったら便利でしょうけど電気代が心配です・・・

2011年12月28日 7:31 AM | nora

コメントの投稿

* コメントフィード

トラックバックURL: http://oba-shima.mito-city.com/2011/12/26/iroiro6/trackback/