Homeに戻る > 鳥プールにぎわってます! カルガモ

鳥プールにぎわってます! カルガモ

カルガモとの相互理解は多分不能。

カルガモとの相互理解は多分不能。目が相変わらず上に付いてるし、言葉が通じたとしても、理解しあえそうにない目をしています。

道ばたの草影からのぞくカルガモ。

道ばたの草影からのぞくカルガモ。

カルガモのこのアイラインと、その上にちょこんと乗ってるつぶらな目の位置にいつも違和感を覚えちゃいます。もちろん視界の確保(きっと前も、かなりの後方、そしてかなりの上方も見ることもできると、僕は考えています)のためでしょうが、この位置じゃかわいくないですよねえ(余計なお世話なんですが)。

きっと、下は見えないでしょう。嘴がジャマして・・・下を見る時は超音速旅客機「コンコルド」みたいに、ちょっと下を向くに違いありません。

鼻がジャマして前が見えないので下を向く原理。写真はウィキペディアより

鼻がジャマして前が見えないので下を向く原理。写真はウィキペディアより

鳥プール

少し脱線してしまいました。稲の背丈がずいぶん高くなり、つい最近田植え(飼料稲だと思います)したところとの差がずいぶん大きくて、一角だけぽっかりと水面が覗いている場所があります。そんなところは、まわりに目隠しのついた、エサもとれるし遊べる、鳥たちのプールになっています。サギや、カルガモがやってきています。

鳥のプール 食事もできるよ!

鳥のプール 食事もできるよ!

サギはたくさん水面にいるのですが、カルガモたちは大体プールサイドで・・・日焼けのイヤなお母さんたちが、子供の水遊びを見ている感じです。この時期のカルガモは子供連れのようです。

カルガモの親子

プールサイドのカルガモの親子。子供は8羽ほど確認できます。

プールで遊ぶサギを見物するカルガモ親子

プールで遊ぶサギを見物するカルガモ親子 サギの白が飛んじゃってます。ごめんなさい。

鳥プール・・・にぎわってます。

カモの記事をまとめてご覧になるにはこちら

島地区の生き物の記事へ
島地区の生き物の記事へ

上の記事とゆるく関連しているほかの記事:

コメント

鳥の目にまつわる、深かーぃ考察。恐れ入りました。面白い。カルガモ遠くから見ると解らないけど、かなりブッキラボーな性格なのか。それもまたカワイイ。
「きょうも、おじさんとは、話をしたくないのかな」といじりたくなる。

2011年7月18日 3:16 PM | 野良通信

野良通信さん
おはようございます
完全な想像なので、カルガモ、ブッキラボーな性格かどうかわかりませんけど
やっぱり恐竜の末裔ですから、かわいい顔して突然切れたりしないか心配な感じです
まばたきもせずにずっと見開いている目って
話が通じなさそうですよ つぶらでかわいらしくても・・・

2011年7月19日 8:10 AM | nora

コメントの投稿

* コメントフィード

トラックバックURL: http://oba-shima.mito-city.com/2011/07/17/pool_kamo/trackback/