Homeに戻る > 鴨の目の位置(想像図)

鴨の目の位置(想像図)

鴨の写真 少し近づいて撮れました クリックで拡大します

鴨の写真 少し近づいて撮れました クリックで拡大します

こちらも同じ鴨の写真 少しトリミングしています クリックで拡大します

こちらも同じ鴨の写真 少しトリミングしています クリックで拡大します

鴨の写真です。距離は20M程でしょうか、この間より、近づいて写真が撮れました。この鳥は近づくと「バサバサッ」と、飛び立ってしまうような鳥ではありませんが、トコトコと歩いて離れていってしまうので、なかなか大きく撮れません。車で走っているときなどは、農道を何羽かでのんびり歩いているのを見かけますので、もっと至近距離で観察してみたいです。
 この鳥、よく見てみると、目がずいぶんと上についていたんです。(図1)しかも、どちらかというと、顔の側面に目がついています。人間で言えば、耳の上あたりに目がある感じです。こんな付きかたをしているということは、視野もすごく広いに違いありません。右と左別々に見ているような感じではないでしょうか。死角が少なくて、便利と言えば便利です。
写真は横向きだけなので、前や上から見た様子を想像してみました。全くかわいくない宇宙人みたいです。(図2)自分に置き換えてみると頭が痛くなりそうですが、敵から身を守るためには見張りが大切だし、それには広い視野、とりわけ上方、左右の視野をめいっぱい確保すると、こんな位置に目を持ってくると思います。そして視野は、このぐらいの広さではないでしょうか(図3、図4)着陸する時に少々やりにくそうですが、敵に襲われるよりはましでしょう。全くのデタラメな想像ですが、零戦のエースパイロットだった、酒井三郎さんの「大空のサムライ」を読んで、そう思いました。

図1 心のカワイイイメージと現実とのギャップの図 クリックで拡大します

図1 心のカワイイイメージと現実とのギャップの図 クリックで拡大します

図2 鴨の目の位置を前から、上から想像してみました クリックで拡大します

図2 鴨の目の位置を前から、上から想像してみました クリックで拡大します

図3 視野はこのぐらい広いと思います 鴨に聞いてみないとわかりませんが

図3 視野はこのぐらい広いと思います 鴨に聞いてみないとわかりませんが

図4 上から見ると視野はこんな感じ 鴨に聞いてみないとわかりませんが クリックで拡大します

図4 上から見ると視野はこんな感じ 鴨に聞いてみないとわかりませんが クリックで拡大します

上の記事とゆるく関連しているほかの記事:

コメント

コメントをお寄せください。

コメントの投稿

* コメントフィード

トラックバックURL: http://oba-shima.mito-city.com/2010/05/31/kamomeno-ichi/trackback/