チュウサギ(たぶん)

目があんなに横についていて、正面がちゃんと見えるのか、不安になるようなサギの顔の作りですが、自分の正面も、がんばれば見ることができるのがわかります。眉毛のある、宇宙人みたいです。

目があんなに横についていて、正面がちゃんと見えるのか、不安になるようなサギの顔の作りですが、クチバシを心持ち下げて、睨みつけるようにすれば、自分の正面もなんとか見ることができるのがわかります。眉毛のある、宇宙人みたいです。

稲刈が終わってしまうといなくなるサギの仲間にチュウサギがいます。田んぼに水が入って色々な生き物が動き出す頃、けっこうな集団でどこからともなくサギが集まってきます。

田んぼに水が入ってしばらくすると、サギが集まり始めます。チュウサギの集団と思われます。

田んぼに水が入ってしばらくすると、サギが集まり始めます。チュウサギの集団と思われます。

チュウサギ(たぶん)

繁殖期なのか胸と背中に飾り羽根がはえています。

チュウサギ(たぶん)

夕日の中の逆光なので飾り羽根が透けて見えています。

クチバシが夕日に光っています。

クチバシが夕日に光っています。

チュウサギ(たぶん)

島地区の野鳥の記事をまとめてご覧になるにはこちら

島地区の生き物の記事へ
島地区の生き物の記事へ

上の記事とゆるく関連しているほかの記事:

コメント

コメントをお寄せください。

コメントの投稿

* コメントフィード

トラックバックURL: http://oba-shima.mito-city.com/2011/06/13/cyuusagi/trackback/