野生のハッカが芽を出した!(大場町島地区絶滅危惧種)

野生のハッカが芽を出した!(左下の丸い葉っぱの植物)

野生のハッカが芽を出した!(左下の丸い葉っぱの植物)

「野生のハッカが芽を出したど」と、Mさんから電話をもらったので見てきました。前回見たのが2月(この時は枯れていましたが)、12月まで緑だったので、枯れていたのは5ヶ月ほど・・・意外と息の長い植物みたいです。

ほんとうに刺激の少ない、上品な香りのハッカです。

田んぼの周りは、田に雑草のタネが落ちて茂ってしまったりしやすいのでこまめに除草されます。ですから、多くの植物が生き残っていくには難しいところだと思いますが、このあたりで、野生のハッカを確認したのはまだここだけです。何とかがんばってほしいものです。

芽を出した日本ハッカ

↑ 動画(47秒)画面クリックでも再生します。iPhoneでは見られません!ごめんなさい。

2011/5/16追記:Aさんによると、ここにハッカが残っているのは、昔、家屋があって人が住んでいたので耕地整理をしていない部分だから・・・というのもあるのではないか?ということでした。

野生のハッカの記事をまとめてご覧になるにはこちら

シソの仲間の記事をまとめてご覧になるにはこちら

島地区の植物の記事へ
島地区の植物の記事へ

上の記事とゆるく関連しているほかの記事:

コメント

コメントをお寄せください。

コメントの投稿

* コメントフィード

トラックバックURL: http://oba-shima.mito-city.com/2011/05/15/hakka_mewodasu/trackback/