タネツケバナ2(種漬花)

前回よりまともに写真を撮ってきました。

タネツケバナ

タネツケバナ

ちょっと背の低い、白い花の咲くアブラナといった感じです。ちょっと目を離したスキに、道ばたのタネツケバナは背の高いナズナに席巻されて姿がほとんど見えなくなり、田んぼの中のタネツケバナもトラクターに田おこしされてほとんど見えなくなってしまいました。これで来年もまたたくさん咲くのでしょうが、どんな形で来年まで生き残っているのかとても不思議です。

おじさんが教えてくれました。

↑ 動画(19秒)画面クリックでも再生します。iPhoneでは見られません!ごめんなさい。

アブラナみたいなタネができてます。

アブラナみたいなタネができてます。

どんな形でこのタネを来年まで残しているんだろ

どんな形でこのタネを来年まで残しているんだろ

この花の咲く頃、稲のタネを冷やしなさい・・・ってことで、「種漬花」なのかしら?

島地区の植物の記事へ
島地区の植物の記事へ

上の記事とゆるく関連しているほかの記事:

コメント

コメントをお寄せください。

コメントの投稿

* コメントフィード

トラックバックURL: http://oba-shima.mito-city.com/2011/04/18/tanetsukebana2/trackback/